障害者には生活保護者が多いという現実

猫

 

生活が困窮している、貧乏ブロガー&YouTuberのだいちゃん(∀)です!

 

タイトル通りなのですが、障害者には生活保護者がとても多いです。

それは、障害者というだけで仕事をもらうことが出来なかったり、例え就労出来たとしても職場で理解してもらえずに退職に追いやられ、仕事を失う方が多いからです。

生活保護とまでいかなくても、離職を繰り返してなかなか一つの職場に定着出来ない方も非常に多いのです。

やはり、まだまだ日本という国では「障害者」というものが一般的ではない、良くわからない宇宙人のような存在、扱いなのかもしれません。

こういう障害者の生活保護について書くと、

「甘えた考えの方がいるのですね。」

といったバカな無知な無理解なことを言ってくる連中がいるのですが、それは無知が故、自分が障害者の置かれているような状況を経験したことがないから、上から目線でポジショントークをしているにすぎません。

ようは、世間知らずなんですよね。

自分ではインテリぶっていますが、ただの無知、バカ、世間知らず。自分の無知さを棚にあげて、生活保護者を叩くことしか出来ないだなんて、なんだか逆に可哀想になってきます(笑)

障害者だって働きたい

これは何度も書いてきていることですが、生活保護を受けていたら確かに最低限の生活を送ることは出来ます。確かに、働く気が無い障害者がいることも事実です。でも、全ての障害者がそうではありません。

出来ることなら働きたい、と思っている障害者がほとんどです。ですが、企業側が理解を示してくれないが為、仕事にありつけず、仕方がなく生活保護を受けているのです。

私などは貧乏ながらも自営業を出来ているから良いですが、自営業は誰でも簡単に出来るものではありません。(コツさえ掴めば、昔よりはやりやすくなっているとは思っていますが。)だから、一般的には障害者は企業に就職出来て安定した収入を得ることが出来るのが一番なはずです。

ですが、今の世の中にはブラック企業が蔓延っていて、健常者ですら鬱病などを患って精神障害者になるような状況です。障害者が働いたら、もっと鬱病リスクは高くなるでしょうし、身体も持たないでしょう。

障害者に対して一般企業ではパワハラが横行している、という現実もあります。

だから、障害者は仕方がなく自営業を始めるか、それが出来ない方は生活保護に頼るしか方法が無いのです。

それを叩くってバカなことだとは思いませんか? 思わない方は完成に乏しい、人間としての心を失っているのでおとなしく道徳の勉強を小学生と一緒にやってください。

やはり生活保護者に対する世間の目は冷たいし、そうでなくても人間というものは障害者、健常者限らず社会貢献をしている自覚がないと生きている実感が沸かないものなのです。

だから、障害者だって常に働きたいと思っています。働きたくなくて生活保護を受けているわけではないのです。

企業はもっと障害者について勉強しろ!

障害者への理解は知識だけでどうにかなるものではありませんが、知識があるに越したことはありません。

障害者雇用枠を設けている企業には、必ずカウンセラーを置くなど、障害者の為以外にもそういった配慮が必要なはずです。

ですが、多くの企業は障害者の法定雇用率を守る為だけに障害者を雇おうとするので、企業側と障害者側ですれ違いが起き、現場ではパワハラが起き、障害者はその企業で長期就労することが出来ないのです。

すると、

障害者==すぐに辞める人材

というレッテルが貼られるので、ますます障害者は就労しにくくなります。そして、生活保護に頼らなければいけなくなる、といった悪循環が生まれるのです。

この負の連鎖、断ち切らなければダメでしょう。

その為には、まずは企業側がもっと障害者について勉強して、現場にも障害者と接する為の研修などを行うなどの配慮をしてから、障害者雇用の募集をかけるべきです。

ですが、民間企業だけにこれを押し付けるのは酷というもの。だから、国をあげてこういったことに力を入れていかないといけないのです。

なのに、国民総活躍といいながらも、国は障害者に対してまともな政策を行っていないのが現状です。いい加減にしろよ!!

国民総活躍を目指すなら、障害者に対してももっと配慮をしろ!!

障害者には生活保護者が多いという現実 最後に

障害者がもっと社会に出て働くことが出来る世の中になれば、生活保護費に使われている税金を削減することが出来るので国にとっても良いことです。

だからその為に、先行投資として障害者の就労をもっとお金をかけて支援するべきなのです。

障害者の為の職業訓練校なんてものがありますが、ちゃんと機能していませんからね。このような現実を国の上層部(政治家達)は分かっているのでしょうか? 恐らく分かっていませんよね。

もっと障害者がストレスなく世間に出て働けるように、パワハラなどが起こらないように、そんな世の中を作っていってほしいものです。

その為には障害者自身もスキルアップの為に普段から努力する必要はありますがね。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
ツイッターのフォローはこちらから
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム

スポンサードリンク
ブログ運営についてや、私の恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
友達追加
メールマガジンも再開しました!登録者は、メールマガジン限定ブログ「裏だいちゃん.com」を読むことが出来ます!

【解除も簡単!】無料メールマガジンを是非、購読してください! ブログでは書く事が出来ない極秘情報、だいちゃんの具体的な恋愛話、超長文コラムなど、質の良い記事を読むことが出来ます!

※確認メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認下さい。

「裏だいちゃん.com」を購読する方はこちら


YouTubeチャンネルの方も宜しくお願いします!

だいちゃん(∀)の新しいYouTube動画です!

スポンサードリンク











10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク