障害者というだけでは仕事はやってこない

犬

どうも、1級身体障害者ブロガー&YouTuberのだいちゃん(∀)です!

 

今、私は主にブログの広告収入と障害年金で生活をしているのですが、もっと自分の仕事の幅を増やして自分に余裕を持ち、他の障害者に仕事を振るなど、障害者の「仕事」という部分をサポートする社会貢献を行っていきたいと思ってこの「大ちゃん.com」という自分の公式WEBサイトを立ち上げました。

障害者雇用にしても自営業にしてもそうなのですが、やはり障害者というだけで仕事を回してくれるほど世の中は甘くありません。それどころか、世の中の一般的な考え方は、

「障害者に仕事を振るのは不安。」

「障害者雇用を行うのは不安。」

といったものです。

障害者が仕事を得るには

では、障害者が仕事を得るにはどうしたら良いのでしょうか?

私が思うのは、

  • 障害者自身のスキルアップ
  • 世の中の障害者に対する考え方を変える

この2点が主に大切だと思っています。

ですが、障害者の職業訓練校などは、先生方は頑張っているのですが、予算を回して貰えなかったりなかなか運営が厳しいのか、ちゃんとした教育を行えていない状態です。

障害者雇用に関しても、世の中の障害者に対する考え方を変えなければ難しいでしょう。障害者雇用率の最低率を引き上げたところで罰金を払ってでも障害者を雇いたくない、雇わないで罰金を払ったほうがリスクが少なくて済むと思われているので、ここを変えなければいけません。

前者は、民間の訓練施設を使う、といった方法もあるのでまだ改善はしやすいほうだと思います。しかし後者はどうでしょうか? 人の考え方を変えるなどということは簡単なことではありません。

そこで私はやはり、障害者自身がスキルをアップさせてそれをアピールすることで仕事を得るしかない、と考えました。

その「スキル」、一体何を特技とすれば仕事を得て、社会復帰出来るのでしょうか。

障害者がお金を稼ぐにはIT

視覚障害者は鍼灸師(しんきゅうし 針で治療する人)や按摩師(あんまし マッサージをする人)などの仕事に就くのが一般的です。目が使えないと多くの仕事は出来ないからです。その点、鍼灸師や按摩師は自分の手の感覚があれば仕事が出来るのでそういった仕事に就くのが視覚障害者は一般的とされています。

なので一概には障害の特性などがあるのでいえないのですが、多くの障害者が身に付けるべきスキルはやはり「IT」スキルです。

ITならば身体を使うことが無いし自宅で仕事が出来るので障害者にはとても向いています。そして、単純にお金になります。

まだまだWEBデザイナーの需要はありますし、プログラマーも圧倒的に不足しています。

デザイン系ならば知的障害者でも出来る人は出来ます。プログラマーなら身体障害者にはとても向いています。

私のように自分のWEBサイトを運営してそこから広告収入やアフィリエイト収入を得る、という方法もあります。ITは、まだまだ可能性に満ち溢れています。

供給過多と言われている、YouTuberという、動画を使って広告収入を得る仕事だってまだまだ将来性は高いと私は思っています。

Instagramというスマートフォンアプリが大流行りしている今、静止画が流行しました。何でもかんでもスマートフォンで写真をとってインターネット上にアップするということが若者の間で流行っているのです。そして、次は動画をアップすることが流行の兆しをみせています。

ITの未来は明るいのです。

主に女性に多いのですが、こういったInstagramやtwitterといったSNSでフォロワー(自分のことを見てくれる人)を増やすことでそれ自体を仕事にしている人達が多くいます。芸能事務所に所属しない、一種の芸能人のようなものです。

昨今、テレビにブロガーが出演するといった機会も増えています。なので、一概にデザインやプログラミングのようなハードルの高いものばかりが仕事ではありません。ITは、インターネットは自由度が高い分、何をしていいのか最初は分からなかったりもしますが、可能性に満ち溢れているのです!

自分でハンドメイドをしたものをネットショップで売るものよし、お金に余裕がるのであればどこからか物を仕入れてネットショップで売るのもありでしょう。

最近ではネットショップを手軽に開けるサービスも増えていますしね。BASEというサービスなどが有名ですよ。

こういったサービスを使っていって、次第にYahoo!ショッピングなどにショップを出展する、といった方法が賢いやり方です。

自営業に限らず、ITスキルがあれば企業への就職も行いやすくなるので、これから身に付けるべき障害者のスキルはITです!

最後に

2017年、年が変わって新しいことを身につけたいと思っている障害者の方は是非ITスキルを身に付けることを検討してみてください。必ずあなたの役に立つはずです。

障害者は障害者で、「私、障害者です。」という受身の姿勢では仕事を得ることは出来ません。

正直、障害者は仕事をせずに国にサポートをしてもらって生きていく、ということが出来れば一番良いのかもしれませんが、障害者も働かないといけないくらい、日本という国は財政危機にあります。

それに、障害者自身も例え働かなくて良い状況にあっても、社会貢献をする為に働きたい、と考えている人は多いのです。それを健常者の方々には理解していただきたい。

障害者は好きで働いていないのではありません。働く環境が整っていないのです。

障害者自身も受身にならず、積極的にスキルアップして仕事を得て社会貢献しましょう。それが、あなた自身の生きるモチベーションを高めることにもなるのですから。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
ツイッターのフォローはこちらから
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム

スポンサードリンク
ブログ運営についてや、私の恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
友達追加
メールマガジンも再開しました!登録者は、メールマガジン限定ブログ「裏だいちゃん.com」を読むことが出来ます!

【解除も簡単!】無料メールマガジンを是非、購読してください! ブログでは書く事が出来ない極秘情報、だいちゃんの具体的な恋愛話、超長文コラムなど、質の良い記事を読むことが出来ます!

※確認メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認下さい。

「裏だいちゃん.com」を購読する方はこちら


YouTubeチャンネルの方も宜しくお願いします!

だいちゃん(∀)の新しいYouTube動画です!

スポンサードリンク











10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク