毎年9月1日は自殺者が多いということで啓発記事を書く

スポンサードリンク

綺麗な海
どうも、だいちゃん(∀)です!

毎年9月1日は自殺者が多いということで、自殺防止の為の啓発記事を書こうと思った次第です。

何故、自殺者が多くなるのかといえば、恐らく学校に行きたくない、学校でイジメに遭っているというような子達が唯一学校のそういうイジメを行う極悪非道な奴に会わなくていいのが夏休みだったわけです。

その他にも人と話すのが苦手という子も、夏休みなら学校の知り合いと話をしなくていいから、ストレスなく過ごせる。でも、夏休みが終わると嫌でもまた顔を合わさなければいけない。

そういった理由から自殺者が増えているのではないか、と思っています。

「自殺するくらいなら学校に行かなければいい」

こう言うのは簡単です。でも、追い詰められている思春期の子達はそこまで考えることが出来ません。まだ視野がせまく、学校の中だけが自分の生きている世界のようになっているので、学校にいかないという選択肢が見つからないのではないでしょうか。

私なんかは不真面目極まりなかったので、堂々と学校をサボっていましたけれどね(笑)

そういった子達に学校にいかなくても、自殺しなくてもいいよ、と伝えるために本日は記事を書きます。

学校の中だけが世界じゃない! だから死ぬ必要は無い!

いや、世の中の自殺する人たちを見ていると(自分も自殺未遂の経験がります 汗)真面目すぎて思考停止状態になっているような気がするんですよね。

別に中学なら義務教育だけれど、役所などの児童福祉をやっているところに行けば、学校に行った、出席したのと同じ扱いになる方法もあります。そうやって義務教育である中学を卒業した知り合いが私にはいます。

ちなみに中学は多少不登校でも卒業出来ます。事実、私は中学3年次は不登校児でほとんど学校に行っていませんが、私立の進学校に進学しましたし(中退したけれど……。)普通に中学を卒業できました。

高校はイジメなどが酷くて、教師もイジメ対策などを全くしないような最悪な学校だったので、さっさと辞めて通信制高校という、毎日いかなくても家でプリントのようなものをしていれば高校卒業の資格が取れる高校に通いました。

学費は働いていたら割引があって、年間5万円ほど。月じゃなくて年間5万円でした、公立高校でしたしね。

そんな風に逃げる方法っていくらでもあるんですよ。逃げたらダメだなんていうルールは世の中には存在しないし、不登校になったり高校を中退したら人生お先真っ暗なんていうこともありません! どんな方法でもいいから、高校卒業の資格をとって専門学校にいくなり、大学にいくなりして人生の軌道修正は出来ます。

私なんかは高校卒業時に身体障害者1級になってしまったので専門学校にも大学にも行っていませんが、それでも人生なんとかなっています。

私は逃げてばかりの人生を送ってきました

私の転職回数は数え切れないほどです。自営業をしたり雇われで働いたり、様々なことをしてきました。

芸能人を目指して芸能事務所に通っていたこともあります。あとモデル事務所もです。

小さな劇団に入って演劇をしたりもしていましたし、路上ミュージシャンなんかもしていました。当然、サラリーマンなんて出来ないようなダメ人間に成長してしまったわけです(笑)

でも、私はブラック企業で10代の頃に働いていて身体を壊しました。そんな企業で働いて身体を壊すくらいなら命を守る為に、「ここはヤバイ会社だ!」と思ったらすぐに逃げる、という方法を選ぶのは生きていく上で大切な能力だと思っています。

自殺するまで追い詰められるよりはよっぽどいい。

だから、学生の話も戻すけれど、夏休みが終わっても学校に行きたくないなら学校になんて行かなくていいと思う。勉強は塾や家庭教師なんかをつけても出来るし、自分で本を買って勉強することだって可能だからです。

誰かに敷かれたレールの上を生きる人生も悪くはないですが、そのレールが崩れ去ることが多いのが今の世の中です。昔のようにレールに乗ったまま一生の人生を終えるなんてことが無理な時代です。

なので、そういう人生が正しいとは私は33歳というオジさんですが、正しいとは決して今の若い子達に伝えることは出来ません。むしろ、身の危険を感じたら追い詰められる前に全力で逃げろ!! と今の若い子たちには伝えたいです。

だいちゃん(∀)も自殺は何度も考えました

だいちゃん(∀)も自殺は何度も考えたし、実際に実行に移したこともあります。(未遂に終わりましたが……。)でも、今は生きていて良かったと思っています。

周りの人たちに恵まれているというのも大きいかもしれませんが、リアルでも友人に恵まれ、インターネット上でもネット友達に恵まれています。これほど幸せなことはありません。

だから私は生きているのです。

障害、辛いよ? 人工透析っていう治療、死にたくなるくらい俺は辛いよ? でも、一生懸命生きている。それは、精神的に追い詰められる前に今まで逃げて回ってきたから(笑)

逃げることって決して悪いことじゃないんです。むしろ、死んでしまったら人生終わり。死後の世界なんて俺は信じていないからそこでゲームオーバーだと思っています。

ゲームだったらコンティニュー出来るけれど、人間の人生はコンティニュー出来ません。だったら、追い詰められる前に逃げたりと、自分の身を守る方法を考えるしかないのです。

毎年9月1日は自殺者が多い まとめ

自殺なんて考えるなよ。自殺するくらいなら学校に行くな! ゲームでもしていろ! 親が文句を言うような家庭なら部屋にひきこもれ!

俺の病気は命に関わる病気です。自分の知り合いが今まで何人も死んできました。

世の中には事故で死んでしまう人もいます。

生きたくても生きられない人の為にも、今生きている人は全力で生きなければいけないのです。

学校に行きたくなかったら行くな! 逃げろ! 俺は夏休みが終わって学校に行きたくなかったとき、アニメイトに逃げたぞ!

ギャルゲーとかして現実逃避をしていたぞ!

そのくらいでいいねん。生きることなんて。特に若い頃は自分勝手に、なんでもやってみるのがいいと思うよ。

何度も言うけれど、絶対に自殺はするな!

俺からは以上だ!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、私の恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

YouTubeチャンネルの方も宜しくお願いします!

スポンサードリンク


スポンサードリンク


だいちゃん(∀)の新しいYouTube動画です!




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク