自殺する人間とヒモになってでも生きる人間、どちらのほうがたくましい?

スポンサードリンク

寿司

どうも、フリーライターのだいちゃん(∀)です。

もう何度もこのブログでは私が過去に2回自殺未遂をしたということを書いてきました。自殺未遂をした時の経験について10万文字の本として執筆して電子書籍としても出版いたしました。

ただ、いつも思うのですが、自殺する人間って言葉を選ばずに言うならば、弱い人間なんですよね。私自身がそうでしたが、自殺するということは、人間が一人死ぬということはとても大変なことで、自分が一人で身よりも無いならともなく、家族がいる場合には家族に迷惑をかけるわけです。でも、自殺をする人間は自分勝手だから、というよりも自分のことしか考えられないくらいに追い詰められているから、残された家族のことを考える余裕が無いんですよね。

別に残された家族が悲しもうがどうでもいい。自分は今、生きているのが辛い。そこから逃げたい。そのことだけを必死に考えて、逃げることだけを考えて、そして自殺をする。

土曜の朝から何を暗い内容のことを書いているんだって話ですが、ふとそんな「自殺」や「死」、そして「命」について考えていたので今、執筆しています。

自殺する人間より、他人に迷惑をかけてでも生きている人間のほうが強い

私は根っからの九州男児なので、いわゆるヒモ、自分は働かずに女性に働かせてご飯を食べさせてもらって生きる、ということが出来ません。考えるだけでも嫌です。

ヒモにならないといけないか死なないといけないか、どちらか選べと言われれば真っ先に死ぬことを選ぶと思います。

でもね、それって私が弱い人間だからなのだと思うのですよ。変なプライドを捨てることが出来ないからそのようなことを考えるのです。

「九州男児」と言えば聞こえはいいかもしれませんが、ただ弱いだけ。人間一人死ぬということは周りに多大な迷惑をかける。それだったらいっそのことヒモにでもなって生きるほうが迷惑をかける度合いとしては低いはずなのです。でも、九州の男、というより私という人間は「自分が働かずに女性を働かせてご飯を食べさせてもらう」ということに嫌悪感を示してしまうのです。

「男は働いてなんぼ。お金を稼いでなんぼ。お金を稼げない男は人間じゃない」

そのくらい極端なことを考えてしまうのです。

でも、何度も書くように、それは私が弱い人間だからです。カッコつけているけれど、ただ弱いだけ。プライドを捨てられないだけ。女性にご飯を食べさせてもらうということの惨めさに耐えられないだけなのです。

しかし私は1級身体障害者。今はなんとかインターネットでジリ貧ながらもその日暮らし的にお金を稼いでなんとか生活をしていますが、この身体がいつまで持つか分かりません。今は身の回りの世話を母にやってもらっているという情けない状態です。

そんな母も70歳近い高齢です。まだ元気ですが、いつ死んでもおかしくありません。

私には親戚など、母以外に頼る人がいません。なので、母が死んでしまったら私はどうなるのだろうと、常に不安です。なので、早く結婚をしたいし、母が生きているうちに孫の顔を見せてあげたいという気持ちがあるのですが、私はその日暮らし的に生きているような人間です。勿論、好きでこんな生活をしているわけではありませんが。

そんな人間が結婚などする資格は無いと思っています。でも、世の中には無職でも結婚する男性はいます。私にはそんな度胸はありませんし、そんな度胸はいらないと思っています。

だから、母が死んだあとでも一人でも生きていけるように、今抱えている、一人暮らしが出来ない原因である「強迫性障害」(不潔恐怖症)という精神疾患を治そうと投薬治療をもう2年以上も続けているのですが、一向に治る気配がありません。

ああ、このままこの病気が治らずに母が死んだら、私も死ぬのかな。そんなことを考えてしまいます。

情けないですよね。

「ヒモはカッコ悪い。男は働いて、お金を稼いでなんぼ」なんてカッコつけたことを言っていますが、根底にあるのは「弱さ」であり、決してかっこいいものでは無いのです。

正直、ヒモとして生きていける人間が、そんな度胸がある人間が羨ましくもあります。私はどんなに頑張っても、いや頑張る気もないけれど、ヒモになる勇気はないですから。

自殺する人間は弱い

確実に言えるのは、どんな理由があろうと自殺する人間は弱いということです。自殺未遂をおかすような人間もまた弱いのです。

そんな私は冒頭にも書きましたが過去に2回も自殺未遂をしています。やはり、弱い人間だからです。

でも、こんな人間でも頼ってくれる人がいる。相談してくれる人がいる。そんな人たちの期待を裏切らない為にも私は強くならないといけないのです。

その為には1に治療、2に治療、3、4がなくて5に治療です。

でも、強迫性障害ってなかなか治らないんですよね……。というか、これって本当に治るの? 治らないと一人暮らしが出来ない。自立出来ないから死活問題なんだけど。

話が逸れてしまいましたが、私は自殺する側の弱い人間です。ヒモは一見カッコ悪いように見えますが、強い人間だからそのようにしたたかに生きていけるのだと思います。

そんな強さが私にも欲しかったです。

  • 自殺する人間は弱い人間
  • ヒモになれる人間は強い人間

道徳的な問題を除けると、私は心からそう思っています。それでも、やはり私はヒモにはなれそうにありません。性格的に。だからもっとお金を稼がないと。

金は命より重い。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム

ブログ運営についてや、私の恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

YouTubeチャンネルの方も宜しくお願いします!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

だいちゃん(∀)の新しいYouTube動画です!








10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク