山口小学校教諭の「飛び降りろ」発言、捏造報道だった! 保護者らは処分しないように署名活動

スポンサードリンク

産経新聞 飛び降り

どうも、フリーライターのだいちゃん(∀)です!

所沢市立山口小学校の40代教諭が生徒に対して「窓から飛び降りろ」と発言した、お前はもううちの生徒じゃない、(34人生徒中)33人でこれからはやっていこう。と発言したとマスメディアに報道され、物議を醸し出していました。

しかし、実はこの報道には誤りがあり、実際とことなる報道がなされていたようで、インターネット上などで問題になっています。

所沢市立山口小学校(橋本徳邦校長)で40代の男性教諭が担任する4年生の男子児童に「窓から飛び降りなさい」と発言した問題で、男性教諭を処分しないよう求める署名活動が行われていたことが21日、関係者への取材で分かった。

産経新聞が入手した署名簿には「担任教諭が退職に追い込まれることがあってはならないと思います」と記載。一部報道が「誇張されている」などと主張している。一部の保護者や卒業生らが参加しているとみられる。20日に同校で開かれた臨時保護者会で提出するために集められていたという。

出典 http://www.sankei.com/region/news/170722/rgn1707220047-n1.html

事実は一体、どのようなものだったのでしょうか。

山口小学校教諭の「飛び降りろ」発言、捏造報道 実際

実名SNSのフェイスブックでは、このような投稿が寄せられていました。
飛び降りろ 捏造
まとめると、

  • 先生は言葉で怒る、暴力はふるったことがない
  • 「飛び降りろ」については、「そう言われたら本当に飛び降りるのか? 言われたらなんでもするのか? しないだろ?」という趣旨だった
  • 33人でやっていこう発言は、悪さを辞めないとクラスメイトとしてやっていけません。それを直してからクラスメイトとして戻ってきてください

といった内容だったようです。

それを各種マスメディア(マスゴミ)がお得意の偏向報道を行い、この40代教師の人権を傷つけたわけです。

ですが、この40代教師の熱意はまともな保護者さん達には伝わっていたようで、この40代教師を辞めさせないで欲しいとの署名活動が始まったそうです。インターネット上の噂によれば、署名はすでに5桁は集まっているとのことです。それだけ、今回のマスメディアの報道は偏向報道であり、この40代教師の人権を傷つけ、教育機関を混乱に巻き込んだのでしょう。

山口小学校教諭の「飛び降りろ」発言、捏造報道は何故起こったのか

実際に多数のマスメディアから取材を受けた経験のある私ですが、マスメディアというのは(まともなマスメディアもあるのですが)結構いい加減なマスメディアもありまして、私の嫌いなTBSなんかは取材した次の日に放送するなど、私一人から取材しただけで、話をきいただけでそれを自分達の解釈ですぐに報道しているんですよね。ちゃんと事実確認もせずに。

普通に考えて、取材した次の日に放送して、ちゃんとした情報の放送が出来るわけが無いのです。ですが、マスメディアというのは他の競合マスメディアより先に報道しないといけないというスピードを重視している為に、今回のような偏向報道が起きたのだと推測出来ます。

スピードは確かに大切ですが、だからといって偏向報道をしていいという理由にはなりません。報道をすることでその人の人生が狂う可能性がある。そのことをマスメディアは自覚しているのでしょうか。自覚していないから今回のような偏向報道が起きたのでしょう。

実際、偏向報道が起きているのは今回だけではありません。表沙汰になっていないだけで、偏向報道の被害に遭っている一般人はかなりの数、存在しています。私もその一人ですのでそういった方の心情は痛いほど分かります。

私などは失うものも無いですし、悪い名前で元々インターネット上などで名前が売れたような人間なので多少の偏向報道は目をつぶりますが、そんな私でも目をつぶることが出来ないような偏向報道を行われることがあります。代表例はTBSです。

このようにマスメディアが報道に関してちゃんと偏向報道にならないような仕組み作りが出来ていないから、偏向報道は起きているのです。

今の時代はインターネットが普及しているので、偏向報道を含めたおかしな報道は見破られます。この間はTBSが一般人のツイッター画像を無断使用して加工して心霊写真として使用したことが見破られ、炎上しました。

昔なら見破られることはなかったかもしれませんが、今の時代は一般人でもインターネットの情報網で簡単に嘘報道が見抜けてしまう時代です。

なので、マスメディアは今までのような古い体制をもっと改善し、偏向報道や嘘報道が無いようにもっと仕組みづくりに力を入れるべきでしょう。

山口小学校教諭の「飛び降りろ」発言、捏造報道 まとめ

とりあえずインターネット上の情報が確かならば(恐らく本当である可能性がかなり高いです。産経新聞まで報道しているのですから。)この40代の教諭は名誉を毀損されたとして報道したマスメディアを訴えることが出来るでしょう。

そこまでの行動は起こさないかもしれませんが、個人的にはそこまで行って欲しいと思っている次第でございます。

最近、特にマスメディアの報道の酷さは目に余ります。それはインターネットが普及したから、今までも酷かったのでしょうけれど、その酷さが表沙汰になることが増えたからでしょうね。

マスメディアの皆さんには人の名誉を傷つけないような、人々の役に立つような報道をこれからも心がけてほしいものです。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、私の恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク


だいちゃん(∀)の新しいYouTube動画です!




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク