女性売れっ子作家「はあちゅう」に「売れ残り」と発言する奴らは総じてゴミ

スポンサードリンク

はあちゅう

出典 https://lineblog.me/ha_chu/

どうも、フリーライターのだいちゃん(∀)です。

インターネットにあまり詳しく無い方もうちのブログの読者さんには多いので説明しておきますが、売れっ子女性ブロガーで作家の「はあちゅう」という方がいます。書籍なども何冊か出しています。

慶応大学在学中に寄付などを募って世界一周旅行をしたり、電通やトレンダーズといった大企業に勤めた経験もあり、今はフリーとして活躍している方です。

半径5メートルの野望 完全版 (講談社文庫)
言葉を使いこなして人生を変える
わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか? (幻冬舎文庫)
恋愛炎上主義。 (一般書)

とまあ、有名どころを紹介してみましたが、ここには書けないくらいに著書を沢山出しているブロガーさんです。ですが、そんな彼女が今、31歳(※女性の年齢を出して失礼します。)という年齢で結婚もしていないのに、「言葉を使いこなして人生を変える」とか言っても説得力無いわ!! この売れ残りが!! といった暴言を吐かれ、何故か炎上しているんですよね。

なので、事の経緯がわかりやすいように、どのように炎上しているのか、ツイッターの埋め込み機能を使ってことの経緯を皆さんに知っていただけるように、ツイッターのツイートをまとめます。

ちなみに私は、はあちゅうさんの特別なファンというわけではないのですが、はあちゅうさんの芯のあるところは好きだし、綺麗な女性だと思っています。なので、応援もしている、といった立場の人間です。

はあちゅうに「売れ残り」と発言する愚かな人たち

はあちゅうという「女性」に「売れ残り」などと道徳心の欠片もない言葉をかける明らかに女性にモテないのをこじらせているような人たちのツイートをご覧ください。

はあちゅうに限らず、女性に「売れ残り」と発言すること自体がゴミ

私は先に言っておきますが、インターネット上で嫌われる傾向にある「フェミニスト」です。だからはっきりいって女性を区別して擁護します。

なにせ、お腹を痛めて子供を産んで将来の日本を担う若者を育てているのは、最近ではイクメンなどの言葉もありますが、今でも女性中心に子育ては行われています。男なんて好き勝手セックスして、気持ちいい思いをして、子供は奥さんに産ませるという、身勝手な生き物です。

女性が子供を産んでくれる存在だということを、ありがたい存在だと思わなければいけません。

確かに、当のはあちゅうさんは結婚もしていなければ子供も生んでいません。ですが、仕事も頑張っているし、世間のファンに元気を与えるような書籍も多数執筆しています。子供を産むのと同じくらいに日本という国に貢献している存在だと言えるでしょう。

しかし、そんなことはどうでも良いのです。(どうでも良くはないけれど)。

女性に対して「売れ残り乙wwwwww」みたいな酷い言葉をよく発することが出来ますね。これは女性差別という部分だけでなく、人として、道徳的、倫理的なこととしておかしなことだと分からないバカでクズでゴミな男どもがインターネット上には多いのでしょうか。

なんだか悲しくなりますね。インターネット上といえば高学歴で頭が良くて、礼儀正しい人が多いという印象でこの世界に低学歴の人間である私は入ってきたのですが、こういった、

「勉強は出来るけれど人の気持ちが全く分からない愚かな人たち」

がインターネットの世界を席巻していると思うと、もうやるせないですね。

ハッキリいって、女性に対して、クリスマス理論(24歳がピーク、それを過ぎると値下がりしていく。)という言葉を発したり、大晦日理論(31歳では見向きもされなくなる)といった女性のことを全く考えていない男の身勝手な理論を勝手に押し付けて、いくら有名人であろうと「女性」を精神的に追い詰めるような発言を行う、なんていうのは言語道断。

はあちゅうよりお前らみたいな男のほうが存在価値が無いわ。今すぐ消えろ!!

お前らは、はあちゅうにだけ向けて言葉を発したのかもしれないけれど、これを発言したのはツイッターというインターネット上。公共の場です。30歳を過ぎても結婚出来ないで悩んでいる女性達も沢山この発言を読んでいたと思います。当然、傷ついていますよ。そんなことも理解出来ないのですか?

あなた達は、はあちゅうさんだけでなく、世の中の女性を確実に敵に回しました。女性を敵に回すと怖いですよ。

はあちゅうに「売れ残り」発言 まとめ

女性って正直、若い子も良いけれど、30歳、40歳と年齢を重ねるにつれて知識や経験も若い子よりもついてくるので、若さ以外の魅力が増すものだと私は思っています。私自身はロリコンなので若い子が大好きなのですが(笑)

20代で結婚しないといけないとか、女性は絶対に結婚しないといけないなどという考え方は古い頭のオッサンの考え方ですよ。時代錯誤ですね。

今の時代は女性がバリバリ働いてお金を稼いで、結婚はしない、という生き方だって有りなはずです。そういった多様性のある生き方を認めるべきなのです。

こういった多様性を認めることが出来ない人間が多いから、障害者を含めたマイノリティは差別や偏見の目に晒されるのです。そして、この、はあちゅう売れ残り事件でも分かるように、失礼で差別的な発言をした本人達は自分は悪いことをしている、という自覚が無いから尚更、タチが悪いのです。

はあちゅうさんには、こういった頭の悪いゴミみたいな男の発言に負けずに今の生き方、ライフスタイルを貫いて欲しいものです。

負けるな、はあちゅう!!

ちなみに、はあちゅうは綺麗な方ですよ。自信持って!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク