嫌われ者ライターである私が、障害者には好かれる理由

スポンサードリンク

どうも、嫌われ者ライターでハイパーメディアブロガーのだいちゃん(∀)です!

 

正直ね、人に嫌われることってなんとも思っていないのですよ。「嫌われる勇気」じゃないですけど、そもそも無関心よりは嫌われてでも関心を持ってもらえていたほうが良いと思っているくらいですから。

でも、ただの嫌われ者ならファンなんて出来ないわけです。でも、何故か私には障害者やその親族のファンがとても多いのです。

一体、何故でしょうか?

きっとそれは、

「文章を書く熱量」

だと思っています。

炎上記事ばかりを量産していた私ですが、こと障害者に関する記事に関しては物凄く真剣に書いてきました。

障害者に書籍も沢山読んでいますし、周りに障害者が沢山いるし自分自身も重度障害者なので経験値も豊富。だから「熱量のある」記事が書ける。それが共感を生んで、そしてファンが出来ているのだと思います。

SEO(検索エンジンに引っかかりやすいようにする手法)を意識してばかりの記事って、ハッキリいって読んでいて全く面白くないんですよ。そして、そういった記事はいずれ淘汰されると思っています。その点、障害者関連の記事というものははっきり言ってマイノリティ(少数派)の記事なので、興味のある人しか読まない。だからアクセス数って全然伸びないんですよ。

でも、長い目で見ると、こういった記事、情報は貴重なので残っていくと思うんですね。だから私は障害者記事に関しては物凄く真剣に、熱く書いてきたのです。それがきっと「ファン」に結びついているのだと思います。

スポンサードリンク

障害者記事を書いていたからあった出逢い

ただ単にファンが出来ただけでなく、障害者関連の記事を書いていることによって、同じような境遇の人たちと交流出来るようになりました。普段生活していたら出逢わないような人達もです。

こういった出逢いってお金以上に貴重なのですよ。自分の経験値にもなりますし。

お金には変えられない出逢い。それをブログをやっていることで、障害者記事を書いていることで手に入れることが出来ました。ファンと同時に。

自分では「嫌われ者ライター」と書いているけれど、味方も結構多いのですよ。そういった出逢いに私は救われてきました。心だけでなく、命でさえも。

私の親は言います。

「あんたは障害者だけど、人には恵まれているね。ポジティブに生きているね。それだけが救いだよ。」

と。

そうやってポジティブに生きることが出来ているのは、ブログをやっているから、ファンがいるから、ブログをやっていることで様々な良い出逢いがあったからと自信を持って言うことが出来ます。

私は寂しがり屋なので、独りでは生きていくことが出来ません。そしてスポットライト症候群(目立っていないと気がすまない)なので、そういった部分もブログが自分に向いているのだと思います。

・出逢い

・目立ち

ブログによって両方を手に入れることが出来ました。

WEBライターになったきっかけ

私は20歳~23歳まで半寝たきり状態で過ごしてきました。それまで、パソコンは使ったことがあったけれどインターネットを使ったことはありませんでした。でも、家の中で何もしないわけにはいかない。

家も貧乏だし、障害年金以外にお金を稼がないといけない。

そんな時に見つけたのが「WEBライター」という仕事です。

当時は、1記事100円くらいの激安単価の記事を沢山量産してお金を稼いでいました。そのうち、mixiが流行りだして日記を書くようになったんです。すると、

「だいちゃんは文才があるから、そういったことを仕事にしてはどうかな?」

と、「だいちゃんは文才がある」「だいちゃんの文章は面白い」という言葉を頂くことが出来るようになったのです。だから、本気でWEBライターを目指そうと思うようになりました。

そして、ブログを開設したのです。

当時はアメーバブログで書いていたのであまり沢山の人に読まれてはいませんでしたが(アメーバブログは検索エンジンに引っ掛かりにくいようになっています)、それでも1日数百人くらいには読まれていました。

そこから、アフィリエイト、Google AdSenseといった「WEB広告」の存在を知って、ブログでお金を稼ぐことが出来るということを知り、方法を考えるようになっていきました。

その結果、私は今、WEBライターであり、ブロガーとして生活をすることが出来ています。貧乏ですが、自由で楽しい人生ですよ。ブラック企業に勤めていたら、寿命を縮めて今頃死んでいるかもしれませんからね。

最後に

その人の人間性って文章に現れると思っています。

私は過激なことも書くし、嫌われるようなことも普通に怖がらずに書きますけれど、それでも一定のファンがいる理由は、

「実物はそんなに悪い人間じゃない」

ということが文章から伝わっているからではないでしょうか? 自分で言うなって話ですが(笑)

でも、本当の人格破綻者ならファンなんて出来ないと思います。そもそもそういった人の書く文章が面白いかといえば、面白く無いと思うんです。

私は結構、「読みやすさ」を重視して、読者さんのことを考えて文章を書いていますからね。そういった苦労もきっと読み手には伝わっているのでしょう。だから、一定数のファンが出来るのだと思います。

ただ、私としてはもっと障害者以外にも、健常者の方、それも身内に障害者のいない方にも興味を持っていただけるような文章を書けるようになりたいと思っています。

今後の課題です。

それでは今日はこの辺で。ばいちゃ~!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク