1級身体障害者が自殺未遂をしたときの恋愛―名古屋編

スポンサードリンク

チャラいと思われていますが、意外と恋愛は上手くいっていません。

どうも、ハイパーメディアブロガーのだいちゃん(∀)です!

これのお話はメルマガを登録している方にしか読んで欲しくなかったのですが、メルマガ内で反響がよかったので、こちらでも紹介しようと思いました。

 

 

このお話は私が自殺未遂をした時に恋愛していたお話です。

スポンサードリンク

名古屋在住の同い年の子への片思い

私は過去に2回自殺未遂をしています。家庭内も荒れており、人工透析を自分がやっている病院も劣悪な環境で上手くいかず、仕事も無く、精神的にやられてしまっていたからです。俗に言う「鬱」という奴です。それも結構重度な。(自殺未遂をするくらいだから重度なのは当たり前か。)

1度目の自殺未遂の時(※1級身体障害者が自殺未遂をした時の恋愛ー大阪編に書いています。)

その時に大阪に住んでいる好きだった子にフラレたのですが(ちなみに私は福岡在住です。)、その時にちょうどバレンタインデーが近づいていました。

フラレた、彼女もいない私には関係ない話だ。そう思っていました。

自殺未遂をしたときに心配してくれていた子の一人、名古屋在住の「かなちゃん」という同い年の子がいました。とても可愛い子です。

背のちっちゃな、童顔のオシャレな子です。

私はかなちゃんとは一度しか会ったことがなかったのですが、当時流行っていたmixiで交流などをしていました。

かなちゃんは、

「自宅環境が悪いならうちに来る?」

と誘ってくれましたが、さすがに人工透析を知らない地でするのは怖かったということもあり、さすがに自宅には行けないよ(笑)と返信しました。

すると、かなちゃんは、

「そうだよね(笑)だったらバレンタインにチョコレートを贈ってあげるよ! もし良かったらだけど(笑)」

と返信してくれました。

私はバレンタインなど今回は全く自分には関係の無い話だと思っていたので、快く承諾しました。だってその子、凄く可愛いのですもの。可愛い子からチョコレートを、義理だと分かっていてももらえるだなんてラッキーじゃないですか!

そしてかなちゃんは手作りのチョコレートを配達してくれました。生チョコでした。

私はテンションがとても上がり、

「お返しは何がいい!? ヴィトンのバッグとかでいいですか!?www」

などと冗談半分に答えていました。かなちゃんも笑ってくれていたようです。(メールの文面から笑ってくれていることが伝わりました。)

そしてホワイトデーの日、私は義理チョコに対して「JILL STUART」というブランドの髪を結ぶのにも使える、ゴム製のブレスレットをプレゼントしました。

かなちゃんはとても喜んでくれていたようです。まさか本当にお返しをくれるとは思っていなかったのでしょうね。でも、自殺未遂アンドふられたあとであった私にとって、かなちゃんは救いの女神。そのくらいして当然だと思っていました。

名古屋と福岡でのやりとりです。これもインターネットが発達したからありえるような光景ですよね。

そして、かなちゃんは元々福岡の隣の県の山口県出身だったので、地元に帰ってきた時には遊ぼう、という話になりました。

ゴールデンウィークにデート

ゴールデンウィーク、かなちゃんは地元に帰ってきて一緒に遊ぶことになったのです。

一緒に映画「アリス・イン・ワンダーランド」を観に行ったり、かき氷を食べたりしました。そして、私は車でかなちゃんを自宅近くまで送りました。

途中、花火大会をやっていて花火が見えたのを覚えています。

かなちゃんが、

「綺麗だね~!」

と言っていたのですが、私はもうその頃にはかなちゃんに恋をしていました。かなちゃんのほうが綺麗だよ、などとキザな気持ち悪いことを言いたかったのですが、そんな勇気は私にはありません。

綺麗だね! そう無難に答えました。

かなちゃんは楽しそうにしているのかつまらなさそうにしているのか、イマイチ感情のわかりにくい子でした。

本人も「ツンデレなんだよ(笑)」と言っていましたしね。でもよく喋る子でした。

私は途中でテンパって、どこに行こうか迷って「カラオケにでも行かない?」と誘ったら、警戒されてしまったのか断られて更にテンパったり、とても上手くエスコートができたとは自分では思いませんでした。

だから、かなちゃんは本当に楽しんでくれていたのかな? と心配な部分があったのです。

ですが、家の近くまで送り届けて帰り際に、

「また遊ぼうね。」

と、別れを惜しむかのように言ってくれたので、喜んで貰えたのかな、と思ったのです。

私はアドリブが苦手で、事前にデートスポットを調べたりしていないとデートが出来ない性格です。朝早くに事前調査の為に止めた有料駐車場が、上限が無いタイプの駐車場で車を出す時に3000円以上も取られたりしましたが、それでも喜んでもらえたのなら安いものです。

そんなこんなで、かなちゃんとのデートは終わりました。

かなちゃんとのメールのやり取りはその後も続いていました。ですが、いつも気になっていたことがあります。

仕事が終わっているはずの夜にメールを送ってもなかなか返事がこないのです。これは前からそうでした。

仕事は歯医者の受付嬢だと言っていました。それも嘘ではないのかもしれませんが、デート中の会話の中にも、

「水商売で働いている子ってどう思う?」

といった発言や、ホストみたいな感じの人が好き。付き合った人はパチプロなんかが多い、などと言っていました。

私は自分の通っていた高校に年をごまかして水商売をしていた子が結構友達にいたのでその辺の事情は詳しいのです。

もしかしてこの子、水商売の子なんじゃないかな?

という疑問が浮かび上がりました。

親がとても厳しい人らしいので、隠していたのかもしれません。

私は相手の職業が水商売だろうが風俗嬢だろうが、好きになったら気にしないタチです。なので私自信は別に水商売で働いていてもよかった。

たった2度した会ったことが無い。デートは一度しかしたことが無い。そんな子にですが恋をしていたからです。

2度目の自殺未遂

そんな時に、家庭環境が荒れ、私は2度目の自殺未遂をすることとなりました。

前回の大阪編の時と同様に、この自殺したいという気持ちを好きな子である、かなちゃんに鎮めてもらいたかった。かなちゃんに会えば自殺したい、という気持ちも治まる。そう思い、家でと共に名古屋に向かいました。

殆ど寝ずに運転していたので名古屋には1日で着きました。ですが、その時はもう精神的におかしくなっていて二重人格のようになっていたのです。

精神的におかしくなっている自分。

それを冷静に観る自分。

そんな風に人格が分かれていました。

その冷静な方の自分が、

「このまま会いに行ってもストーカー扱いされるだけだぞ。」

と忠告してきたのです。もう十分に危ない人なんですけどね。

なので、私はかなちゃんに会うことはなく、名古屋を一通り運転して、そのまま名古屋を去りました。

名古屋は私が思っていた以上に高層ビルが多かったです。

ちなみに、私はチョコレートを郵送で貰っていたので、かなちゃんの家の住所を知っていました。かなちゃんの住んでいる地域までは行きましたよ。危ない人です、今思うと本当に。でも、二重人格の冷静な方の自分がそれを阻止してくれました。

そして、そのまま青森まで行ったところで、切っていた携帯電話の電源をふとしたことから入れて、ずっと電話をしてくれていた長年の女友達が説得してくれて、家に帰ることになったのです。

(その後、ICU、集中治療室に運ばれました。)

mixiをお互いやっていたので、かなちゃんの誕生日などはそこから知っていました。自殺未遂後も恋愛感情は治まらず、誕生日にかなちゃんが大好きなブランド(もう名前すら忘れた)のネックレスを贈ったりしました。

でも、もう以前会ってから大分年月が経っていたので、当然に彼氏が出来ていました。なので、私のような男からのプレゼントなどは迷惑でしかなかったのです。

ある日、mixiでのお互いの知り合いでもあるタチの悪い男に嫌がらせを受けたこともあり、かなちゃんにはキレられ、当然にフラれました。

でも、かなちゃんは、

「着信もメールも拒否するから。」

と言っていたにも関わらず、拒否していなかったんですよね。勿論、メールも返信しないし、電話も出てくれなかったのですが、着信拒否していたらこちらにも分かるようになっています。少なくとも私には分かります。普通にベルは鳴るし、メールも送れていたのですよね。

前向きすぎるかもしれませんが、かなちゃんは優しい子です。本当の優しさは、

「相手を突き放すこと。」

だということを良くわかっていたのだと思います。だから、敢えてキツく突き放したのではないか? と今になっては思います。

中途半端な優しさほど、残酷なものはありませんからね。

そうやって、かなちゃんとの恋愛は幕を閉じたのです。

楽しい思い出をありがとう。かなちゃん。

最後に

中途半端に優しくするよりも、相手を突き放すほうが相手の為になると思います。あなたは中途半端に思わせぶりなことをしたり、されたりしていませんか?

しかし、当時は同い年の子との恋愛が多かったのですが、今では立派なロリコンになってしまいました(笑)

こういったお話を全部まとめてストーリーにして、10万文字になったら出版社に持って行ったり、電子書籍として出版しようと考えています。

今後も表向きにはあまり書きたくない秘蔵のお話をメルマガでは書いていくので、メルマガかLINE@に登録していただければ嬉しいです! LINE@は今なら期間限定ですが、メルマガの過去ログを読むことが出来る権利がついています!

 

それでは、今日はこの辺で。ばいちゃ~!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です