日大東北高校相撲部 顧問が部員をハンマーでボコボコに殴るなど体罰が表沙汰に

スポンサードリンク

日大東北高校 相撲部

出典 http://www.tohoku.hs.nihon-u.ac.jp/club/01_01.html

風邪をひいているのですが頑張ってブログを更新しています。

どうも、ハイパーメディアブロガーのだいちゃん(∀)です!

 

運動部というものは昔から体罰が横行していますよね。(勿論、ちゃんとした運動部も存在するのですが。)

私は昔ながらの体育会系の考え方、根性論は頭が悪い、現代の考え方に合っていない。そもそも昔は表沙汰になりにくかっただけで、体罰を苦に不登校になったり自殺を考えたり、運動推薦で学校に入学した子は逃げられずに体罰に耐えて運動を続けなければいけないという地獄を味わってきたはずです。

そんな古い体質の考え方から、今回福島県にある日大東北高校で行き過ぎた体罰が事件沙汰になり、様々なメディアなどで取り上げられています。

福島県郡山市の私立日大東北高は18日、相撲部顧問の男性教員が部員の男子生徒をデッキブラシで殴り、けがを負わせるなどの暴行を繰り返していたと明らかにした。男子生徒は7月に転校した。学校側は同月、教員による暴行を把握したが、処分していなかった。記者会見した松井弘之校長は「前途ある教員なので、処分しなくていいと考えた」と釈明した。

同校によると、教員は20代。部活の稽古後、入浴のため裸になった1年の男子生徒を木製のデッキブラシで殴り、けがをさせた。別の日には、同じ生徒の顔を平手打ちしたり、尻を蹴ったりした。硬いゴム製のハンマーで頭をたたいたこともあった。

また、相撲部コーチをしていた50代の男性非常勤職員は、のこぎりの刃を上向きに置き、同じ生徒にその上で腕立て伏せをさせたという。コーチは9月に自主退職した。

出典 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG18H3T_Y6A211C1CC1000/

頭を叩くとかノコギリを使うなんていうものは論外ですよね。

しかも、偏差値も普通科Ⅰが54、普通科Ⅱが64と比較的高いのが印象的です。また野球部は甲子園に過去7回出場。文武両道の学校として知られていただけに今回の事件は相当学校側にとってはイメージダウンになるでしょう。

日大東北高校相撲部 学校側の対応は?

日大東北高校 相撲部

現在は、事件を受けてなのか日大東北高校の相撲部だけ画像などが削除されています。

また、対応に関しては、

毎日新聞が今月、暴力行為の詳細について日大本部に確認を求めたところ、同高は教員から改めて聞き取りを実施。ハンマーとノコギリの使用について初めて把握したといい、事態を重く見て16日から顧問としての活動を停止させた。

日大本部企画広報部の担当者は「教員は部員を強くしようと思うあまり指導が行き過ぎた。本人も反省している」と説明した。一方で処分をせずに授業やクラス担任を続けさせることについては「(相撲部の指導と)授業とは関係ない」との見解を示している。

教員は毎日新聞の取材に「何も言えない。日大本部に聞いてほしい」と語り、元コーチは電話取材に「分からない」と話している。

出典 https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-1218m040076/

という状態でして、この相撲部の顧問の顔写真などはまだ公開されていない状態です。

また、現在インターネット上の情報として分かっていることは、

  • 顧問は20代の男性教員で2015年度から日大東北高校に非常勤の体育講師として採用され、相撲部の顧問に就任。
  • 2016年度には正規雇用され、12月18日時点でいまも処分されておらず授業を受け持っていること。
  • 男性コーチは非正規性職員で、9月30日付けで退職しているということです。

出典 http://urashimatrend.com/1838.html

とのことです。

最後に 無くならない「体罰」

学校の「イジメ」問題もとても深刻な社会問題になっていますが、こういった体育会系の古い体質の体罰ももっと表沙汰にして淘汰していく必要があると私は考えています。

私も小さい頃はスイミングやサッカーを習っていたのですが、こういった体罰やイジメなどは凄く横行していました。

時にはコーチにトイレに連れ込まれ、「神の裁きだ!」というわけのわからないことを言われて、ボコボコに殴られたこともあります。そういった経験もあってか、体罰やイジメなどがとても許せないのです。

だから私は敢えて自分の身が危険にさらされる可能性がるようなきわどい記事もこうやって書いているのです。

昔の運動部は、「水を一切飲ませない」「弁当を食べさせない」「イジメに耐えることが精神を強くする」など、今となっては科学的にも栄養学的にもありえないようなトンデモ理論、根性論が横行していました。

こういった古い体質が日本の発展を妨げていると言えるでしょう。根絶していかなければなりません。こういった古い体質、考え方は。そうでないと、運動部の問題だけでなく、日本でイノベーションを起こすことも日本人が出来ない、という状況が全く変わらないと私は思っているからです。

辞めましょう体罰。

辞めましょうイジメ。

このくらいの当たり前の考えが出来ないようであれば、教員なんてさっさと辞めてしまえ!!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、私の恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク


だいちゃん(∀)のYouTuberデビュー作です!




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク