障害児と母親の感動の詩のやりとり「ぼくが生まれてごめんなさい」

スポンサードリンク

障害児

出典 https://www.youtube.com/watch?v=IqClFTGe-ME

「君の名は。」と言われても忘れたものは一生思い出せない自信があります。

どうも、ハイパーメディアブロガーのだいちゃん(∀)です!

 

障害者として生まれてきた人は、時に自分を責めることがあります。なんで生まれてきてしまったのだろう。なんで健常者として生まれてこなかったのだろう。なんでこんなにも周りの人に迷惑をかけているのだろう。

そんな、自責の念が生まれます。そのような思いから、とある障害者の子が自分の母親に向けて書いた詩があります。この詩は、24年前にサンケイ出版で発刊されていた「おかあさん、ぼくが生まれてごめんなさい」の復刊から引用したものです。ご覧ください。

障害児とその母親の詩

「おかあさん、ぼくが生まれてごめんなさい」

ごめんなさいね おかあさん

ごめんなさいね おかあさん

ぼくが生まれて ごめんなさい

ぼくを背負う かあさんの

細いうなじに ぼくは言う

ぼくさえ 生まれてなかったら

かあさんの しらがもなかったろうね

大きくなった このぼくを

背負って歩く 悲しさも

「かたわの子だね」とふりかえる

つめたい視線に 泣くことも

ぼくさえ 生まれなかったら

この詩に対して、おかあさんも息子宛に詩を書きました。

私の息子よ ゆるしてね

私の息子よ ゆるしてね

このかあさんを ゆるしておくれ

お前が脳性マヒと知ったとき

ああごめんなさいと 泣きました

いっぱい いっぱい 泣きました

いつまでたっても 歩けない

お前を背負って 歩くとき

肩にくいこむ重さより

「あるきたかったろうね」と 母心

”重くはない”と聞いている

あなたの心が せつなくて
わたしの息子よ ありがとう

ありがとう 息子よ

あなたのすがたを 見守って

お母さんは 生きていく

悲しいまでの がんばりと

人をいたわる ほほえみの

その笑顔で 生きている

脳性マヒの わが息子

そこに あなたがいるかぎり

これは養護学校で言葉も十分に話せず手足も不自由な子供たちに言語教育をしていた向野先生が、脳性マヒの「やっちゃん」と一緒に作った詩でした。向野先生があげる言葉に対し、表現したいことと一致すれば、目をぎゅっとつぶってイエスのサイン、間違っていれば舌を出してノーのサインを送るという方法で、詩作はすすめられたといいす。

お母さんのせいではないのですが、きっとお母さんも自分の息子を障害者として産んでしまったことに対して自責の念があるのでしょう。そして、そんな思いとは別に「生まれてきてくれてありがとう」という気持ちでいっぱいなのに、息子はそのことに気がついていない。だから、詩という言葉の形にして息子に対して、

「ごめんなさいなんて思わなくていいよ。」

というメッセージを伝えたかったのかもしれません。そんな母のメッセージに答えるように、息子はまた詩で母親に返事を書きました。

ありがとう おかあさん

ありがとう おかあさん

おかあさんが いるかぎり

ぼくは 生きていくのです

脳性マヒを 生きていく

優しさこそが、大切で

悲しさこそが 美しい

そんな 人の生き方を

教えてくれた おかあさん

おかあさん

あなたがそこに いるかぎり

よければこの動画もご覧下さい。

生まれてきたことに罪の意識を感じるな!!

この記事を書いている筆者も1級身体障害者です。なんでこんな身体になってしまったのでしょう。障害者になった当初は家族に対して申し訳ない気持ちでいっぱいでした。自分の身体障害により家族に迷惑をかけてしまったことだってあります。今でも心配をかけていることでしょう。

自殺未遂をしたこともあります。そんな私が言うのもなんですが、全国の障害者の皆さんは自分が生まれたことに対して罪の意識なんて感じる必要はありません。むしろ、生まれてきたことに対してもっと自信を持ってもいいくらいです。

あなたがいることで、障害者というものがどういうものなのか知ることが出来た人がいます。あなたに勇気づけられた人だっているかもしれません。

何? それ以上に迷惑をかけてきたって? 迷惑上等!

人は皆、他人に迷惑をかけながら生きているものです。迷惑を掛けたらその分、他の形で社会に対して恩返しをすればいいのです。自分に何が出来るのか、なんて考える必要はありません。あなたの出来ることを一生懸命にすればいいのです。

歳を取れば世の中の健常者と呼ばれる人達もみな障害者になるのです。あなた方は先に障害者になっているだけに過ぎません。むしろ、そういった方々の先輩にあたるのでもっと自信を持って胸張って生きていいのです!

あなたは生まれてきただけで意味がある。誰かの役にたっている。「生まれてきてごめんなさい」なんて絶対に思うな!!

だいちゃん(∀)

詩の出典元

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク