痴漢に遭いやすいのは露出の高い女性? いいえ、違います。

スポンサードリンク

よく妄想で、痴漢に遭いそうになっている女子高生を華麗に助けています。

どうも、ハイパーメディアブロガーのだいちゃん(∀)です!

 

皆さんは、痴漢に遭いやすいタイプの人はどういう人だと思いますか?

ミニスカートなど、露出の高い服装をしている人?いいえ、違います。多くの場合、女子中学生、女子高生などの「子供」です。

何故かと言うと、彼女達の多くは無知だからです。無知だというと語弊があるかもしれませんが、彼女達は痴漢に対処する為の知識が無い。そういった教育を受けていない。そして、大人が怖い。そういったことを痴漢をする側の人間は理解しているので、子供達を痴漢の対象者として選ぶのです。近年、インターネットなどの影響でロリコンが増えているというのも要因の一つかもしれません。

そこで私は、子供達にこそ痴漢に対する対処法などの教育が必要だと考えます。

下記に、twitter上で子供への痴漢・性犯罪に対する教育についてつぶやいている方のツイートを引用させていただきます。

痴漢・性犯罪についてのツイート

最後に

子供に限らず、性犯罪の被害者はその後の人生もトラウマによって悲惨なものになることが多いのです。

男性恐怖症。バスや電車、エレベーターのような個室に入ることすら恐ろしくて出来なくなる人もいます。決して、許されるものではありません。

性犯罪を犯した人間は去勢手術を強制的に施す、くらいの罰則があっても良いのではないでしょうか。というかそういう法律を作っちまえよ。

世の中には幼い子供を性の対象にしたような漫画も溢れかえっています。昔よりは規制がキツくなってきたように思いますが、同人誌のようなアマチュアが書いた本(プロが執筆している場合もあります。)では未だにそういった幼い子供を性の対象にしたような本が蔓延って(はびこって)います。

何度も言いますが、性犯罪が許されるべきものではありません。普段から、家族総出でそういった犯罪に巻き込まれた時の対処法などの教育をしていく必要があるでしょう。

自分の身は自分で守るしかないのです。所詮他人は他人であり、助けてくれるとは限らないのですから。一番信用出来るのは自分ですよ。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク