知っていますか? 「自閉症スペクトラム」という障害を

スポンサードリンク

変わり者と言われ続けて生きてきました。

どうも、ハイパーメディアブロガーのだいちゃん(∀)です!

 

皆さんは、「自閉症スペクトラム」という言葉を知っていますか? 今では発達障害と言われているもので、有名なものにアスペルガー症候群などがあります。

人の気持ちや空気が読めなかったり、幼少期には人と物の区別がつかなかったり、様々な弊害があります。他人の気持ちが読めないが故、人間関係の形成が苦手で、二次障害として鬱病や統合失調症、過食・拒食、引きこもり、中には自殺をする人もいます。

そんな自閉症スペクトラムについて詳しく語っている方がtwitter上にいましたので、ツイートを引用させていただきます。では、ご覧ください。

スポンサードリンク

自閉症スペクトラムに関するツイート

自閉症スペクトラムーWikipedia

(※ASD 自閉症スペクトラムの略)

自閉症スペクトラムだから何?

日本の学校教育などでは、周りの生徒と違う行動をする生徒を排除するような教育方法をとっています。確かに、筆者自身も家庭教師として自閉症の子を見ることがありましたが、とても大変でイライラしてしまうこともありました。

しかし、そういった子はおかしい、などとか考えずに、こういうもの個性だ、と考えています。小・中・高等学校にはクラスというものが存在します。クラスというものがあるが故、ヒエラルキー(階級制度)のようなものが教室内で生まれてしまい、自閉症などの発達障害を抱えている子が普通学校に通った場合、イジメの対象になることが多いです。そして、欝などを発症して自殺に追いやられてしまいます。

こういったことが起こる背景には、大人の責任もあります。自分の子供が一般的ではない。「発達障害者」だと認めたくないが故、合うはずのない普通学校に通わせる。そういった行為自体に無理があります。

障害を認め、その子その子にあった教育方法を模索し、教育していくことが大切です。障害なんておおっぴらに公開して、開き直ってしまえばいいんですよ。下手に隠すほうが本人にとっても、家族にとっても辛いものになります。

そりゃ、差別のようなものを受けるかもしれません。でも、それは隠していてもいずれそうなります。障害を受け入れ、開き直って生きていく。急には難しいかもしれませんが、きっとそのほうが負担が軽くなりますよ。

筆者自身も身体障害者ですが、このようなメディアでも隠さずにおおっぴらに公開していますが、そのほうが気が楽です(笑)

 

ありきたりなことを言いますが、みんな違ってみんないいんじゃないの?

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク

1 個のコメント

  • みんな違ってみんないい…そう言って頂けるだけで 生きた心地がします。私の息子は自閉症スペクトラムと診断されて 11年が過ぎました。現在 中1。毎日 元気に支援学校に通ってます。今では 当たり前の生活も 振り返れば 毎日が猛ダッシュで過ぎて来たような…

    自閉症にいいと言われる療育は なんでもトライして来ました。その中で 息子に合ってるものは 今でも続いています。よく 「こういう子達は秀でた能力を持ってるから 見つけてやりなさい」
    と言われますが 息子のように 知的障害を併せ持った自閉症には 高いハードルで 簡単ではありません。単語を発する事は出来ても会話にならない、でも単語を発するまでに到達した事自体 息子には凄いことで 家族にとっても大きな喜びなんですよね…
    体も大きくなって来て でも知的にはまだ幼い分 行動自体が目立つようになって来た今、いろんな所でガン見されたり おかしな子扱いされる事が 頻繁になって来ましたが だからと言って 隠すわけでもなく どこにでも連れて出るようにしています。ガン見されたらガン見し返したりして(笑)

    だいちゃんさんとは障害の種類は違えど いつも読ませて頂き パワーもらってます。今回 自閉症スペクトラムの記事がアップされてたのでコメさせて頂きました。
    日々 寒さが増しますが ご自愛抜かりなく お過ごし下さいね。これからも楽しみに 拝読させて頂きます…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です