『知的障害者にも挨拶や礼儀はしっかり教育すべき』 福祉関係者が発言

スポンサードリンク

知的障害者、身体障害者、精神障害者、発達障害者。これらの障害者にどのように指導していけばいいのか、まだまだその方法論が確立されていないのが現状です。

そんな中、私が障害者についての記事をいつものように書いていたところ、知的障害者を支援する事業所の職員さんからこのようなtwitterでの意見をいただきました。

なるほど。この意見には私は大いに賛成です。ここでは発達障害と知的障害者に話を絞りますが、そういった挨拶や礼儀に関する教育を受けている発達障害者や知的障害者は知能に障害があるにも関わらず、礼儀や挨拶などがしっかりとしているのですよね。そういうところが出来ているだけで、

「障害を持っていても、この人は害が無いから関わっても問題ないな。」

と思い、普通に接することが出来るからです。

逆に例え健常者であっても、礼儀や挨拶が出来ない人とは少なくとも私は深く関わりたいと思いません。そういうのが苦手な人は確かにいると思います。上記の福祉関係者が支援次第で礼儀や挨拶が身につくと言っているのだから、健常者でもそういうのが苦手な人でも挨拶や礼儀くらいは身につくと思うのですよ。そういった部分で甘やかしてはいけないと思います。

親次第で障害は重度にも軽度にもなる

知的障害に話を絞りますと、この方が言うには親の教育次第で生まれつき重度の知的障害でも症状を軽くすることが出来る。逆に、生まれつきは軽度でも親の教育が間違っていたら重度の知的障害者になる、ということです。

この意見には私も賛成で、実際、生まれつきの障害だから親は関係ない、という意見が世の中には出回っている。自分のせいで子供が知的障害を患ってしまった、と自分を責めてしまう親御さんもいる。でも、そうではなくて、特別な教育をおこなわなければいけない、ということではなくて、ちゃんと子供に寄り添って教育を行っていれば、症状は緩和される。逆に、育児放棄などをしたり、ほったらかしで育てたり、子供に興味を示さないような教育(教育と言えないでしょう)を行ってしまうようなバカ親の元で育って障害者は重度知的障害者と同じようになってしまうということだと思います。それは知的な部分だけではなく、精神的な部分も影響してくるからです。

この方も言っていますが、脚が悪い障害者に歩け! というのは虐待でしかないけれど、言葉を話すことの出来る障害者に挨拶や礼儀の教育を行うのは、人として当然。健常者と対等に出来ることは対等にする。これこそが「差別をしない」ということになるのではないでしょうか?

礼儀に障害や健常は関係ない

実際、私は障害者の学校に通っていたことがあるのですが、軽い知的障害を抱えている子達は凄く礼儀正しいんですよね。道をすれ違えば、必ず挨拶をする。

逆に一般企業で働いていたときは、すれ違っても挨拶をしない、という人を多くみかけました。だれもが知っている大企業ですよ。

軽度の知的障害者が親次第で重度障害者になるように、健常者も育った環境次第で挨拶の出来ない、礼儀を知らない、障害者よりもマナーの悪い人間が出来上がる。そういった意味では障害者と健常者という境目は(礼儀やマナーに関しては)無いのかもしれませんね。

最後に

前に別の記事でも書きましたが、

「知的障害者だからといって何も出来ないわけではありません。」

ということを聞きました。知的障害者だからと、いや、知的障害者に関わらず、障害者だからと甘やかしてばかりではいけない。社会でやっていけなくなるのではないでしょうか?

でも、脚の不自由な人に歩け、というのは間違っているし、そういうのを、

「障害者の為に敢えて厳しくしている。」

と発言してしまう人達も、なんか違うなぁ、と私は思うのですよ。難しいですよね、どこまで厳しくしていいのか、優しくするべきなのか。

やっぱり、「理解してあげる」ことが一番大切なのですよ。そういった支援のバランスも含めて。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、私の恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク


だいちゃん(∀)の新しいYouTube動画です!




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク