【スーパーマリオなど】知的障害児の作るレゴブロック作品が、まるでゲームのドット絵!

スポンサードリンク

キノピオ

このブログ「だいちゃん.com」の読者でもあり、知的障害を抱えたお子さんのお母さんでもある方から時々メールがあります。

ある日、お母さんが上記の画像を送ってきて下さいました。任天堂の人気ゲーム、「スーパーマリオブラザーズ」シリーズのキノピオです。(あ、もしかして大きく成長出来るほうのキノコかもしれませんw)あ、知り合いに見てもらったらパワーアップキノコ。成長する方のキノコだそうですw

この画像を観て、私はFC(ファミリーコンピューター)やSFC(スーパーファミコン)をやっていた昔の自分のことを思い出し、胸がホッコリしました。まるで、ドット絵ですよ。今のCG技術もいいけれど、私のようなオッサンはこういったドット絵っぽいものに胸がときめくものです。ときめきメモリアルです。(このネタが分かった奴。お前もオッサンかオバさんだ!)

おっと、なんだかうちのブログらしくない感動路線に行きそうな展開じゃないか。困ったぞ。でも、この作品達を観て、さすがの私も茶化すわけにもダーク路線に持っていくわけにもいかないと思ったので、本日は超珍しく、このブログは感動路線で行きたいと思います。

まずは、知的障害を抱えた、えっと何君だ? 知らないのですがwこの子が作った作品を紹介していきたいと思います。

 スーパーマリオブラザーズ達

まずはご存知マリオさん。?ブロックにジャンプしてキノコでも取っているのでしょうか。ちなみにイタリアで配管工の仕事をしている方だそうですよ。知っていましたか?

マリオ

そして兄ちゃんのルイージ。

個人的に、割とこっちのほうがイケメンな気がします。そうでもないかw

ルイージ

キノピオか、もしくは1UPキノコです。きっとw どちらにしても上手。知り合いから見てもらったら、1UPキノコだそうですw

1upキノコ

こちらはマリオの敵キャラの中でも少しマニアック。トゲゾーさんです。なんでも踏んづけて倒してしまうマリオさんですが、トゲゾーは踏むと自分が死にますw

トゲゾー

如何ですか? なんだか懐かしくないですか? (今の若い子達はドット絵って知っているのかな?)

今みたいにCG技術が発達していない頃は、こういった小さなブロックのような点々で絵を書いて、ゲームのキャラクターを作っていたものです。

オリジナル作品

この子のオリジナル作品も紹介していきます。

まずは、ワニさん。

歯を磨いてあげたくなりますが、噛まれて血だらけになりそうなので辞めておきます。

ワニ

ポスト。

ついつい手紙を入れてあげたくなります。え? 綺麗事言うなって? 本音だよ!! 信じてよ!!・゜・(ノД`)・゜・

ポスト

ギター!! だいちゃんがキター!! ギター!!

どうでもいいネタをはさんでしまいましたが、輪ゴムを弦に見立てているんですよね。

ギター

私がビックリしたのはこれ。

ギターかと思いきや、ベースなんですよね。お母さんからギターとして紹介してもらったのですが、弦の数が4本です。明らかにベースです。

知的障害があっても、ギターとベースの区別がついて、弦の数もしっかりと数えている、見えているんですよ。これって面白くないですか?

ベース

おっと間違った。

だいちゃん

最後はオリジナルキャラクター「?」君だそうです。名前つけてあげようよw

ピザ屋のマスコットキャラクターにいそうだな、と個人的には思いました。

マスコット

やっぱり、特に注目なのはギターとベースの区別がついていて、ちゃんと輪ゴムで表現しているところ。

今の時代でもドット絵でスマートフォンのアプリなどはゲームを作っている人がいるので、そういった作品を作る人になっても良さそう。

日本で一番頭の良い大学、東京大学には「レゴブロック部」というサークルもあるので、そういう人達にも是非見て欲しいです。

知的障害があるのに、頭の良い東京大学の人達のようなことをしているんですよ。良い意味で矛盾のようなものを感じますね。意外と空間把握能力に優れていて、プログラマーなんかに向いている可能性もありますよ。

デザインはあまり飯を食っていくことは出来ないけれど、もしプログムの才能があれば飯を食っていくことが出来る。チャレンジしてみる価値はあると思いますけどね。個人的にはドット絵氏とか、芸術的な分野で活躍してほしいという気持ちもありますが。

最後に

この子のお母さんからこのような言葉をいただきました。
「知的障害者だからって、何も出来ない人は居ないですよ。息子は、毎日茶碗洗いしてくれます。うちの子は可哀想じゃないから。」

いつも私は言っているのですが、「障害者」というものは社会が作り出しているのですよね。一般的な職業で仕事をこなすことが出来ない、一般的な学校での勉強についていくことが出来ないという理由から。

でも、例えばこの子のような作品を作ることが一般的な職業だったとします。すると今で言う健常者のほうが障害者になってしまうんですよね。

ただ、一般的な子じゃない、個性豊かなだけ。でも、「障害者」という言葉に助けられている人がいるのも事実。実際、そうやって支援を受けないと今の社会では生きていくことが出来ないから。

障害者(障害児)は純粋な人達ばかりじゃない。クソみたいな奴らもいる。でも、それは健常者と一緒だという意味でもあるんですよ。しかし、こういう子はやっぱり知的障害とか関係なく「純粋」なのかな。心が綺麗なのかな、と思いますよ。

この記事面白くねえなぁw 綺麗事ばかりしか書いてないもの。でも、綺麗事しかでないくらいこの作品が魅力的なんだよ!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク