『障害者ライター』という肩書きを使って金儲けすることを批判する人間へ

スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/28085418@N07/4487159833

photo by Sharon Drummond

私は、「1級身体障害者」という言葉を勝手に作り出し(身体障害者1級、が正式名称)、「障害者ライター」として活動をしています。

障害者ライターというのは、障害者についてのプロフェッショナル、という意味ではなく、自分自身が障害者でありライターである、という意味合いで使っています。

そういった、

「身体障害を武器にしてライターを名乗り、対価を得ている」

ことに対して不満を持ち、私を批判してくる人間がいます。

身体障害を武器に金を稼いで何が悪い?

 使えるものは使って何が悪い!

私は、使えるものはなんでも使え、精神で生きています。

世の中には、元犯罪者、として著書を出し印税を得ている人がいます。100人以上の女性をセックスをしたことを恋愛論として本を出している人もいます。元ナンバーワンホストだったり、キャバクラ嬢だったり、何かしらの”闇”を肩書きとして使って活動している人達はたくさんいる。

それらを批判したくなる気持ちも分かります。私が身体障害者ライターとしてライター活動もそれらのように取られても仕方がないと思っています。しかし、それら全部をひっくるめて、私は悪いことだとは思っていません。

使える肩書きはなんでも使う。それのどこが悪いのでしょうか?

東大生やら大企業の社員、経営者などが肩書きを使うように、例えば私に関して言えば、障害者が「障害者」という肩書きを使う。誰にも迷惑をかけてはいない。なのに、そのことに対して批判をしてくる人間がいる。

一種の僻み・妬みなのだろうか? 批判している人達には是非教えてもらいたい。

「障害者」という肩書きに絞って

「障害者」というものを肩書きとして使うことに話を絞りたいと思います。

本来、「障害者」というものはマイナス要因にしかなりません。

差別を受け、虐待を受けることすらあり、その全てを世の中の健常者と呼ばれる人達は理解してはくれない。障害者と結婚させたくない親御さんも世の中には多いだろう。障害者は就労することだって困難だ。でも、その「障害者」というものを肩書きとして使えばマイナス要因がプラス要因に変わる。

だから、「障害者」というものを良い方向に使う。肩書きとして使うことは批判されるべきことではない。むしろ良いことだ。

だから私は「障害者ライター」として活動していく。

そうすることで、コンプレックスでしかなかった「身体障害者1級」というものを受け入れることが出来、若干気持ちが楽になった。だから、世の中の悩んでいる障害者には、どんどん「障害」というものを武器として使って欲しい。マイナス要因ではなく、プラス要因として。

そうすることで、コンプレックスが多少なりとも解消されるはずだ。

マイナス要因を肩書きにするということは、つまりコンプレックスの解消だ。

何故、世の中の批判者達はそういったコンプレックスを抱えた当事者の気持ちを理解しようとしない? コンプレックスを解消する為に、障害というものを敢えて武器として使う。

何も悪いことはしていない。むしろこれは、社会貢献ですらある。

金を稼げない障害者が、少しでも金を稼げるようになるということはその分、社会に貢献しているということだ。税金を納める、という部分を含め。

だから、世の中の障害者はどんどん「障害者」というものを肩書きとして使い、プラス方面へ持っていくべきとさえ私は思っている。

だから私は「障害者ライター」として活動を続ける。

『障害者であるということはコンプレックスではないよ。』

と伝える為に。

「障害者」を肩書きとして使うことを批判する人へ

あなたがただっていつ、障害者になるのか分からないのですよ。

それは交通事故だったり病気だったり年齢によるものだったり、原因は様々だけれど人はいつしか皆、障害者になる。

その時に、あなた方は障害者であることを嘆いてばかりいて何もしないのですか?

何もしない障害者よりも、それを肩書きとして使う障害者のほうが活動的であり、微笑ましいことであると思うのですが。

最後に

「障害者」というものを肩書きとして使うことに対しての意見を皆様には聞かせて欲しい。

それは良いことなのか。はたまた悪いことなのか。場合によるのか。(場合による時はそのケースも伝えて欲しい。)

面白い議論になりそうだとは思わないかい?

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、私の恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク


だいちゃん(∀)の新しいYouTube動画です!




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク