目の前の嫌なことから逃げちゃダメ? 「逃げるが勝ち」って言葉もあるんだぜ

スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/48577267@N02/14654961896

photo by mikeyp2000

よく、頑張りすぎる人や説教臭い人が言う言葉で、

「目の前の嫌なことから逃げてはダメだ!」

というフレーズがある。でも、本当にそうかな? 逃げてはダメなの? 何で?

確かに、いつも逃げてばかりの人はたまには目の前の出来事と戦ったほうが良いし、目の前の現実を受け入れなければいけない場面もある。でもね、常に「逃げてはダメだ!」と思い込みすぎると、絶対に、心身共にいつか壊れるよ。

ゲームをよくする人ならよく理解出来ると思うけれど、戦闘コマンドには、「戦う」意外にも「防御」「アイテム」「逃げる」と様々なコマンドが存在する。それらを使い分けることで上手く敵との戦闘をやり過ごすわけだ。だから、常に「戦う」しか頭に無い人は簡単にゲームオーバーになってしまう。

それがゲームならまたやり直せば良いけれど、人生という名のゲームはそうもいかない。やり直しなんて効かない。だからこそ、「逃げる」ということも常に視野に入れておかないといけないんだ。

例え、人生ゲームオーバーにならなかったとしても、あの時に逃げなかったせいで欝などの精神障害を発症したりしてしまえば、人生という名のゲームが一気にハードモードになってしまう。精神病から自殺でもしようものならゲームオーバーだし、未遂に終わっても何かしらの障害が身体に残ってしまえば、ゲームがベリーハードモード、もういっそのこと死んでしまったほうが楽だ、と思ってしまうようになり、人生ゲームオーバーになる可能性が一気に高くなる。

だからこそ、頑張りすぎる人には「逃げる」という選択肢を大切にして欲しいし、いつも厳しいことばかり人に言う人には、それが相手を追い詰めることになることもあるということを理解して欲しい。

あなたの代わりは他にもいる

人間が頑張りすぎることの一つに、「仕事」というものがある。

例えばチーム編成で仕事をしなければいけない時や、大事な役職を任されている人は、

「自分がいなければ仕事が成り立たない。」

と思ってしまいがちだ。

こういう人は、例え職場がブラック企業だったとしても、他の人も頑張っているから、と思ってしまったり、自分が辞めると他の従業員に迷惑がかかると思い、辞めることができず、最終的には欝などの精神障害を発症したり、身体を壊したりして取り返しのつかないことになる。

でもね、ハッキリ言って人間なんて常に他人に迷惑をかけて生きているわけだ。自分本位で結構。自分勝手で結構! 自分のことを一番に考え、大切にすべきなんだよ。だいたい、

「自分がいなければ」

と思っていても、自分が仕事を辞めたあとに気が付くよ。ああ、自分の代わりなんて他にもいるし、自分がいなくても仕事はなんとかまわるものなんだなって。

人間、身体が資本さ。他人のことを考えることも大切だけれど、一番大切なのは自分。頑張りすぎる人、責任感の強すぎる人はもっと自分のことを大切にして欲しい。

勉学を頑張りすぎる人

頑張りすぎることの例をもう一つあげると、それは「勉学」だ。

特に受験勉強が絡んでくると、親もイライラし出して何かしら言ってくるし、学校では教師が、塾では塾講師が色々なことを言ってくる。そしてそれがストレスになる。

私は受験勉強を教えていた人間なので、受験が多少辛いからといって簡単に逃げ出して欲しくはないと思っているけれど、受験にも向き不向きがある。

発達障害(学習障害)を抱えている子に受験勉強を頑張らせるのはちょっと無茶なところがあるので、そういう子には逃げ道を与えるべきだ。例えば、受験のいらない通信制の高校や特別養護学校のようなところに行かせたりするのも選択肢の一つだ。

学習障害を抱えていなくても、学校でイジメなどにあっていたり、学校に馴染めていないなら通信制の高校を選ぶという逃げ方もありだ。

確かに、大学受験のことを考えれば、進学校に通っていたほうが良い大学へは進学しやすい環境が整っているけれど、最終的には自分が勉強するかどうか。その為に一番大切なのは「モチベーション」。無理に進学校や普通高校に行っても、勉強へのモチベーションが維持出来なければ意味が無い。

大学受験

大学受験を目指そうという子はある程度勉強の出来る子(発達障害などは持っていない)のではないなかという前提でお話します。

どんな子でも、受験勉強というものは辛くて逃げ出したくなることがあります。だから、すぐに逃げろとは言わないけれど、鬱病になりそうだとか、自殺したいだとか、そこまで追い詰められているのなら、受験勉強を辞めるという逃げ方も絶対に大切だ。命あっての物種だ。

大学のランクを落とすという選択肢もありだろう。

世の中には学歴や肩書きで人を判断するような世間知らずアンポンタンな人間のクズがいるから、どうしても良い大学に行って有名な企業に就職しなければいけない、と思ってしまう人がいる。そういう家庭がある。でもね、大切なのはどこの大学に行っただとかどんな企業に就職しただとかじゃないんだよ。

「自分が生きていて楽しいか」

ということを一番大切にすべきなんだ。

大学に進学はしました。良い企業に入りました。でも、勉強は嫌いになりました。じゃ、勉強してきた意味が無い。大学に入った意味が無い。「勉強」は一生やり続けるものだからね。

ここでいう「勉強」とは、ただ覚えるだけの学問じゃなく、趣味・特技を磨き続ける、ということも含めている。

だいたい、良い大学に入れれば良いし、それに越したことはないけれど、意外とどこの大学に行っても人生なんとかなるよ。大学にいかなくても自分のやり方次第でなんとかなるよ。

大学なんて人生の選択肢の一つでしかない。

最後に

私なんて高校も一度中退しているし、留年もしているし、大学も中退している、重度身体障害も抱えているけれど、人生意外となんとかなっているもの。

私は「逃げた」のさ。高校では酷いイジメに遭っていたからね。

でも、高校を辞めたことで、芸能界という世界を知ることも出来たし、コミュニケーション障害も治って友達も沢山出来るようになった。だから、高校を中退したことは今でもプラスに働いたと思っている。高校を辞めることを止めなかった親にも感謝だね。

「逃げる」ことで上手くいくこともある。

逃げてばかりではダメだけれど、人生というゲームは、「戦う」「防御」「アイテム」「逃げる」というコマンドや、資格や学歴、肩書きといった装備品など、総合的に組み合わせて攻略していくものだ。

鬱病などを含めた病が「毒」だとすれば、放置したままなら死んでしまうだろ? そういう時は逃げて、さっさと治療すべきだろ? ステータス異常はさっさと治療すべきだ。目の前の敵から逃げてね。

「逃げる」ということは決してダメなことじゃない!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム

ブログ運営についてや、私の恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!<br>
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!<br>
<a href=”https://line.me/R/ti/p/%40hlh9191m”><img height=”36″ border=”0″ alt=”友達追加”src=”https://scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png”></a><br><br>
YouTubeチャンネルの方も宜しくお願いします!<br>
<script src=”https://apis.google.com/js/platform.js”></script>

<div class=”g-ytsubscribe” data-channelid=”UCwl653kKRngqrSQFy-53YRg” data-layout=”full” data-count=”default”></div>
<br />
<p style=”font-size:5pt; color:#999999″><center>スポンサードリンク</center></p>
<script type=”text/javascript” src=”//static.criteo.net/js/ld/publishertag.js”></script>
<script type=”text/javascript”>
Criteo.DisplayAd({
“zoneid”: 530526,
“async”: false});
</script>
<br>

<p style=”font-size:5pt; color:#999999″><center>スポンサードリンク</center></p>
<table cellspacing=”15″>
<table>
<tr>
<td><script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– PC記事下1 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:inline-block;width:336px;height:280px”
data-ad-client=”ca-pub-8902027967229344″
data-ad-slot=”2611459078″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script></td>
<td><script type=”text/javascript” src=”//static.criteo.net/js/ld/publishertag.js”></script>
<script type=”text/javascript”>
Criteo.DisplayAd({
“zoneid”: 540605,
“async”: false});
</script></td>
</tr>
</table>

<br>
<p>だいちゃん(∀)の新しいYouTube動画です!</p>
<iframe width=”640″ height=”480″ src=”https://www.youtube.com/embed/lobUAIor2bM” frameborder=”0″ gesture=”media” allowfullscreen></iframe>




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク