だいちゃん TBS「Nスタ」に出演したけど、放送内容酷過ぎワロタ

スポンサードリンク

TBS Nスタ

出典 http://www.tbs.co.jp/n-st/

どうも、ハイパーメディアブロガーのだいちゃん(∀)です!

2017年2月13日、関東と一部地域でのみの放送でしたが、TBS「Nスタ」という番組に出演しました。

結論から言います。「悪役」です。

NHKの「クローズアップ現代+」にも出演したのですが、その時は結構フォローして貰っていたのです。しかしTBSさんの扱いは結構雑で、完全に悪役になっていました。

 

そもそも報道内容がなかり誤解を生むような内容だったので、ブログで訂正させていただきます。

まず、

「お金の為にフェイクニュースを書いていた。」

と放送されましたが、これは取材の時にもハッキリと言っているのですが、お金の為にやっていたわけではありません。

本当なら障害者に関しての記事ばかりを書いていたいのですが、そういったまともな記事ほど読まれない。それがインターネットというものです。だから、そういった記事を読んでもらう為に「フェイクである”可能性”」のある記事を書いていたわけです。あくまで可能性であり、フェイクかどうかは今でも定かではありません。

ちなみに、フェイクニュースというか、自分の体験談を誇張して書いた記事はあります。それを、ディレクターさんがフェイクニュース扱いしたい、とのことだったので許可を出しました。まぁ、それに関してはフェイクといえばフェイクですからね。でも、ドナルド・トランプ大統領選挙の時にアメリカで大規模に作られていたフェイクニュースとは意味合いがまた違います。

結構、ディレクターに誘導されて発言させられた部分が大きかったのです。

TBSの要望としては「NHKさんの時に近い発言をしてほしい」とのことだったので、近い発言をしましたし、元々私はタレント研修生だったのでテレビ業界の仕組みに多少ヤラセがあることも分かっています。だから、その「ヤラセ」に合わせたわけです。

でも結構、事実と違う報道のされ方をしたのでブログでこうやって訂正をしている次第であります。

スポンサードリンク

何がフェイクニュース製作者に直撃取材や

TBSのニュースのタイトルを見てびっくりしました。

「フェイクニュースを作っていた方に直撃取材!」

何が直撃取材やキサン。(※キサン 貴様、お前の意味)

元々、説明で「フェイクである”可能性”がある」とはいったけれど、故意にフェイクニュースを流していたわけではありません。ただ、事実確認を怠って報道していたことは事実なのでそこは受け止めるし、そのことに関してはTBSに抗議をする気もございません。

この部分、NHKは何度も電話取材をしながら、綿密にやり取りをしてくれました。だから、悪いようには報道されなかったのです。

ですが、TBSに関しては取材した次の日にいきなり放送。電話でのフォローなどはその間は一切なし。放送日を教えてくれたくらいです。

ちなみに、フジテレビは取材後は一切、電話でのフォローも取材時の手土産もありませんでした(笑)別に手土産はいいんだけどさ、なんだかね~って感じ。

話は戻りますが、連絡して急に取材に来ることをせっかく了承したのに、報道スピードにテレビ局側がこだわりすぎているあまり、かなり偏った報道になってしまっています。私の意に反するような内容だったと書かざるをえません。

私は「目立つ為に」炎上芸をやっていたことはあるし、それに関してはお金の為という部分もありましたが、別にお金の為にフェイクニュースを作ったりしていませんから。

アナウンサーも言っていました。

アナウンサー「だいちゃんはお金にならないと分かったから、フェイクニュースを作るのを辞めたそうです。」

だから取材時も言ったし何度も書いているけれど、お金の為にフェイクニュースを書いたことは一度も無いから!

TBSの「T」ディレクターさん。もうちょっとなんとかならなかったものですかね? これ、下手するとBPO(放送倫理・番組向上機構)に通報される案件ですよ。NHKさんはお堅い感じではありましたけれど、かなり私のことも気遣って放送内容を考えてくれましたよ。

これが民放と国営放送の違い、格の違いか。そう言われても仕方がないですよね。

まぁ、ディレクターの「T」さんは私より1歳年下でしたからね。多少は許そうじゃありませんか。全部が全部、間違った放送ではなかったので。でも、放送内容があまりにも酷すぎると書かざるをえません。

TBSのディレクターといえば、エリートでしょ? なにやってんのよ「T」さんよ~。

最後に

まぁ、こうなる可能性もあるとは覚悟して悪役をかってでた訳ですが、一応、元炎上芸人でも釈明しておかないといけませんからね。泣き寝入りはごめんです。

訂正ニュースを流してもらいますよ。でないと私の気が収まりませんから。

救いだったのが、夕方の放送で一部地域のみの放送だったのであまりその番組を観ている方がいなかったことですね。NHKの時ほど話題にあがりませんでしたし。

報道にスピード感を求めるのもいいですけれど、もっと倫理観をしっかりと持ってくださいよ。

私からは以上です。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールマガジンについてはコチラをお読み下さい。
メールフォーム
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
友達追加

スポンサードリンク


【電子書籍】1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話


だいちゃん(∀)の処女作が電子書籍として出版されました!

専用無料アプリ(kindleアプリ)を入れればスマートフォンやPCで閲覧可能な書籍です!

amazonで購入可能! amazonプライム会員やkindle unlimited会員は無料で読むことも可能!

1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入にあたっての注意事項やサンプルはこちらから



おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
無料メールマガジン始めました!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です