真面目な記事が読まれず「炎上記事」「フェイク記事」が読まれるという現実

スポンサードリンク

最近はテレビ局からの取材で、フェイクニュース拡散を助長していた人間として、悪役をかって出演しています。

どうも、ハイパーメディアブロガーのだいちゃん(∀)です。

 

散々、フェイクニュースについてこのブログでも書いてきましたが、書いても書いても書き足りないのでまた書いていきます。

何故、私が炎上芸人をやっていたり、あやふやな情報を裏取りせずにブログに掲載して記事を作っていたのか、それは、真面目に書いた記事は読まれず、そういった記事が読まれ拡散されやすいからです。

本来なら、私のブログのメイン記事である「障害者」について、障害者の社会的地向上の為の記事ばかりを書いていたいのです。そういった記事を書いて読まれるのであれば炎上芸に走ったりフェイクニュースを助長するような記事を書いたりはしませんでした。

ですが、障害者というものが世間的にマイノリティな存在であり、いわゆる健常者の方々がまだ障害者に対して興味、関心をあまり示していないのか、真面目に書けばかくほど読まれないのですよね。

だから、そういった障害者に関する記事も読んでもらえるように、まず別の記事、炎上記事やフェイク記事などでアクセスを集めて障害者についての記事も読んでもらえれば、という気持ちでそういった記事に手をだしてしまっていました。

結論から言うと、それは間違った行動でした。

炎上記事やフェイク記事は「信用」というものを失います。障害者の社会的地位の向上を図るつもりで書いていた記事も、私のような炎上芸人(今はもう炎上芸人をやっていませんが。)が書いたとなれば、その記事には信用がなく、ただでさえ読まれにくい障害者の記事がますます読まれなくなるのです。

障害者に対しても誤解を生むような結果になってしまっていた部分もあると思います。障害者は私のようなキチガイばかりだと。

障害者に関する記事もしっかり読んで欲しい

私のような人間がお願い事をするのはおこがましいのかもしれませんが、以前も書きましたようにブロガーやライターに過激なものを求めないで欲しいのです。

ネット上で読まれる、フェイクや炎上じゃない記事でよく読まれているものって、身体を貼ったような記事が多いのですよね。これはこれで炎上とは違った意味で過激な内容です。芸人さんが身体を張るような、そんな感じの記事にばかりが読まれています。

ですが、読者さんはもっと社会的な問題に対する記事などを、大手ニュースサイトや新聞社が書いているような記事だけでなく、例えば障害者に話を絞ると、

「障害者自身の体験談」

のようなものにも興味を持って記事を読んで欲しいのです。

そういった記事が読まれるような状況であれば、読者の皆さんが炎上記事やフェイク記事を求めなければブロガーやライターも自然とそういったものを書かなくなります。

何故、ブロガーやライターが炎上やフェイクに走ってしまうのかというと、読者さんがそういったものを求めてしまっているからです。

炎上記事やフェイク記事は見つかれば叩かれます。ですが、そういった人が叩かれているところを楽しむ読者がいたり、炎上やフェイクそのものを楽しんでいる読者がいる。だからそういった記事はなくなっていかないのです。

このような記事達に読者さんが興味を全く示さなくなれば、書き手側もアクセス数を増やし、広告収入を得ることが目的なので自然と炎上記事やフェイク記事を書かなくなっていくはずです。ですが、土砂さんがなんだかんだでそういったものを求めているから、アクセス数が稼げるから、お金になるから炎上記事やフェイク記事はなくならないのです。

勿論、私は読み手側にリテラシー(読解力)を求めるのではなく、そういった記事を書くライターに責任がある、という考えです。しかし、やはり現実問題、読者さんにリテラシーを求めるまでいかなくても、炎上やフェイクといった記事を楽しむのではなく、真面目に書いた記事を楽しんで読む。そういったものに興味を持つ。私のブログでいえば障害者に対する記事に興味をもって読む。

そういったことを心がけてくれるだけで、世の中のブログやニュースサイトの読者が過激なものを求めなくなるだけで炎上記事やフェイク記事はどんどん減っていくことでしょう。

これ、言おうとずっと迷っていたのですがハッキリと言ってしまいます。

炎上記事やフェイク記事が世の中に蔓延する原因は読者にもあります。

だから、先ほども書いたことをもう一度言います。ライターやブロガーに過激なものを求めないでください。

最後に

私のような好感度の低いブログにも一定のファンがいます。ですが、そのファンのほとんどは自身が障害者であったり身近に障害者がいる、という方々ばかりです。

そういった読者さん達は勿論大切なのですが、私はもっと、健常者であり、身近に障害者がいない方々にも障害者に関する記事を読んでもらいたいのです。そういった方々に障害者に対して興味を持ってもらいたいのです。

障害者に関する記事を真面目に書いてしっかりと読んでもらえるなら、炎上芸やフェイクに走らずに、障害者に関する記事ばかりを書いていられます。ですが、そういった記事はあまり読まれない、という現実があるからジレンマが生まれるのです。

どうかもっと、身近に障害者がいない健常者の方も、障害者に対して興味をもって、そういった情報、記事でも読むようにしてください。

私からのお願いです。

そうすれば、確実に炎上記事やフェイク記事が読まれなくなり、淘汰されていくはずですから。

そういった記事が無くならない背景には、

「読者がそういった過激なものを求めている」

ということが大きい、ということをお忘れなく。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、私の恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク


だいちゃん(∀)の新しいYouTube動画です!




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク