元炎上芸人が「フェイクニュース」の仕組みについて語る

スポンサードリンク

フェイクニュース

By: Nikko

NHK「クローズアップ現代+」に出演してからというもの、女性にはモテないのにテレビ局からはモテモテ。

どうも、ハイパーメディアブロガーのだいちゃん(∀)です!

 

アメリカ大統領「ドナルド・トランプ」氏が当選したのはFake News(嘘ニュース)が影響しているとテレビで報道されたり、トランプ氏が自分のことを批判するニュースは全て「お前のところはFake Newsだから一切質問には答えない!!」と発言していることが影響しているからなのか、日本でもフェイクニュースについて問題視され、各テレビ局がフェイクニュースについて報道しようと躍起になっています。

そのような状況だからなのか、私のところにもフェイクニュースに関する取材が殺到しております。

これからもテレビに出演してフェイクニュースについて語っていくのですが(カットされない限り)、ブログ上でもフェイクニュースの仕組みなどについて、知らない方の為に語っていきます。

スポンサードリンク

フェイクニュースの仕組み

インターネット上には嘘の情報が蔓延っている、ということは昔から言われていることで事実なのですが、何故そのような嘘情報が溢れるのかというと、

・愉快犯による犯行→その嘘に気が付かずに善意で拡散

という図式があるからというのが一つ。

もう一つが、

・嘘情報でもブログ記事などが拡散されると広告収入が入る

というビジネス的な側面があるからです。

私が炎上芸人をやっていたり、フェイクニュースに加担するようなことをしてしまっていた理由は後者「ビジネス的な側面」で、簡単に説明すると、

記事が拡散される(拡散されるような情報を狙ったり、作り上げる)→クリック広告がクリックされ、お金が入る

という仕組みがインターネット上にはあるからです。

私のブログを見ていただくと分かると思いますが、様々なところに広告が貼っています。それがクリック広告で、「クリックされる度に数十円ほどお金が入る」という仕組みになっています。

ブログへのアクセス数が増えると、閲覧者が増えると広告がクリックされる確率が上がるので、ブログ運営者やニュースサイト運営者は記事の拡散を狙うのです。

ですが、普通の記事を書いても、特にただの日記などを書いてもブログに読者が集まる訳がありません。そこで、手っ取り早くアクセス数を稼ぐ為に、

・キャッチャーな見出しを付ける

・過激な内容を書く

・時には嘘情報(フェイクニュース)を書く

ということを行って、ブログの拡散を狙うわけです。

慣れてくると、どういった情報が拡散されやすいのか、ということも分かってくるようになります。

こういったことが、フェイクニュースの仕組みであり、フェイクニュースが無くならない原因になっています。

フェイクニュースは「信用」の切り売りだ

炎上芸にしてもフェイクニュースにしても、ぶっちゃけるとブログが拡散すると結構な額が広告収入として入ってきます。だから、そういったことをする方が出てくるのです。

特に、ライター業というものは不景気です。紙媒体はWEB媒体にやられてライターの仕事がどんどん少なくなっていますし、WEBライティングに関しては未だに単価が激安なのでそれ一本で食べていくのは難しい、というのが現実です。

だから、てっとり早くお金を稼ぐ為に、生活費を稼ぐ為にフェイクニュースを書いたり、炎上芸に走る人が出てくるのです。

ですが、私自身が経験しているので分かります。フェイクニュースや炎上芸というものはいわば「信用の切り売り」です。信用を失う代わりに小銭を手にする。そういった風になっています。だから続けていては確実にライターとしての価値は無くなるでしょう。

例えば最近、閉鎖されたDeNA社の運営していた「Welq」という医療系フェイクニュースサイトで記事を書いていたライターは仕事を失って、それからライターの仕事が出来ずに「難民」状態になっています。当然ですよね、フェイクニュースで執筆していた、だなんて経歴を汚しているだけでプラスの経歴になりませんから。

仕事を依頼する側からしても、

「ああ、その程度の記事しか書けないんだな。メディアリテラシーが無いんだな。うちのニュースサイトでパクリを行われる危険性があるな。だから仕事を依頼しないでおこう。」

となるわけです。

それは、匿名で自身でフェイクニュースサイトを運営していても同じこと。

最初の頃は嘘情報を信じて読者が集まり、お金を手にすることが出来るかもしれませんが、フェイクニュースというものはいずれ「嘘」とバレるものです。だから、最終的には閉鎖に追いやられます。

「大韓民国民間報道」

という政治系ニュースサイトが前にあったのですが、やはり閉鎖に追いやられています。

DeNA社の運営するニュースサイトは10サイト以上はあったと思うのですが、全てのサイトが閉鎖に追いやられています。

今は特に、フェイクニュースに世間が過敏になっていますからね。今後、テレビでもどんどん取り上げられるでしょう。国営放送であるNHKさんが報道したのですから。(実際、私のところに取材が殺到していますしね。)

だから、フェイクニュースに手を染めるのは絶対に辞めましょう。ライターを今後もやっていきたいのならね。

最後に

最初から愉快犯、お金目的の人間もいるとは思いますが、フェイクニュース記事作成に手を染めてしまったライターさんも最初からそういった記事を書こうと思ってライターを始めたわけではないはずです。

本当はもっと世間に影響を与える、ジャーナリズムを前面に押し出した記事を書きたい、など何かしら思いがあってライターを始めたはずですが、ライター業が普通にやってもお金にならない時代に突入してしまっているので、生活のこともあり、そういったものに手を染めてしまっているという現実があります。

フェイクニュースは悪です。それは間違いありません。それにどんな理由があろうと嘘情報を拡散させることは良いことではありません。ですが、そういった記事を書く人間にも様々なバックボーンがある、ということを、言い訳に聞こえるかもしれませんが知っていて欲しいのです。

むしろ、最も悪質なのは、そういったライターの心につけこんで、フェイクニュースを書かせるようなプラットフォームを提供しているような会社です。

LINEの「NAVERまとめ」であったり、サイバーエージェントの「Spotlight」などがそうです。

こういった会社は徹底的に叩かなければなりません。

あとは、読み手のリテラシー(読解力)の向上も大切です。ネット情報を、検索エンジンの上位に来ているからといって安易に信用しないで下さい。

前にも書きましたが、様々なブログやニュースサイトなどを見比べて、自分なりに情報を精査してから信用するかどうか判断してください。

ですが、信じてしまう気持ちも良く分かります。悪質なアフィリエイター(成果報酬系の広告収入のみで生活している人々)が、検索エンジンの上位に嘘情報が来るように仕向け、水素水などの水分補給にしか効果が無い商品を売りつけたりしているわけですから、そういった情報が氾濫していたら、多かったら信用してしまいますよね。

なので、読み手側のリテラシー向上も大切ですが、やはり一番の責任は書き手側にあるのです。

フェイクニュースを書いている皆さん。もうここら辺で終わりにしましょうよ。そういったものに手を出さなくても、ブログでちゃんとした記事を書いていたら生活出来るようになりますし、ちゃんとしたニュースサイトで記事を書く事だって出来るはずです。

あと、素人ライターの皆さんへ。

ライターに憧れるのも結構ですが、「ライターになれますよ!」という言葉を鵜呑みにしないでください。その多くは、「NAVERまとめ」や「Spotlight」、閉鎖された「Wwlq」のようなフェイクニュースを量産させるような仕事ですから。

あいつらはお金のことしか考えていません。素人に経験を積ませてライターに育て上げようという気持ちはこれっぽっちもありません。

ライターになりたければ、まずはブログで自分のことを発信することから初めて見てください。(アメブロはダメだ! あれば検索エンジンにめちゃくちゃ引っ掛かりにくいのでブログとは言わない。ただの日記だ。)

あと、ニュースサイトを運営する皆さんへ。もっとライターの賃金、ギャラをあげて下さい。一記事、数百円の記事を書かされていてはまともなライターは育ちません。業界自体をもっと盛り上げて、ライターのギャラを底上げしないと、確実にフェイクニュースに手を染める人はいなくならないでしょう。

責任は、ニュースサイトを運営している会社たちにもあるのです。(まともなニュースサイト運営会社でも、です。)

皆さんでWEBライター業界をもっと盛り上げましょう!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク


【電子書籍】1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話


だいちゃん(∀)の処女作が電子書籍として出版されました!

専用無料アプリ(kindleアプリ)を入れればスマートフォンやPCで閲覧可能な書籍です!

amazonで購入可能! amazonプライム会員やkindle unlimited会員は無料で読むことも可能!

1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入にあたっての注意事項やサンプルはこちらから



おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です