「障害者」「健常者」という枠組みを無くしてしまいたい!

スポンサードリンク

昨日からあまり寝ていないのですが、テンションが上がってしまっていてブログを書かずにはいられないので書きます。

どうも、ハイパーメディアブロガーのだいちゃん(∀)です!

 

私は今まで炎上芸人としてブロガーをやってきたので(先ほど、炎上芸は辞める宣言をしましたが。)インターネット上でだいぶ嫌われています。ですが、不思議と障害者の方々からの支持は割とあり、ファン層も障害を抱えた方やそういった家族を抱えている方が大半を占めています。

恐らく、障害者についてはクソ真面目に書いてきたので、その熱量が伝わった結果だと思います。障害者関連で炎上を起こしたことは(たぶん)無いですし、常に障害者の味方でいようと考えていました。

ですが、今の状態は、

「障害者を囲い込んで、お山の大将状態で調子に乗っている」

状態です。威張ってはいないのですが。

なんだか、それは違うな、と。

障害者さんのファンは確かに大切です。ですが、障害者やその家族意外の方、いわゆる「健常者」と呼ばれ、尚且つ知り合いや家族などに障害者のいない人たちにも記事を読んでもらわないと意味がない。

今の私では、

「どうせ炎上記事を書いているだけだろ?」

と、そういった層の方々には記事を読んでもらえない状態です。ですが、そういいた層の方々に読んでもらわない限り、「健常者」「障害者」という枠組みを超えての交流を手助けすることが出来ません。

それはなんとかしないといけない。そのような危機感が私にはあります。

スポンサードリンク

炎上芸人を辞めたから出来ること

炎上芸人を辞めたからといって、私のやってきたことがすぐに許され、評価されるとは思っていません。ですが、炎上芸人を辞めたことによって今後、「健常者」と「障害者」を繋ぐ助けの出来るような記事を書き、それを読んでもらえるようになると思っています。長い目で見れば、ですが。

何故、このことに早く気がつかなかったのか。

私という1級身体障害者が炎上芸人をやることで、私の評判が落ちるのは全く構わないのですが、「障害者」というものの評価を毀損(きそん)してしまっていたのです。

これは絶対に反省すべき事柄です。

私が障害者ブログを始めた理由は、障害者と健常者を繋いだり、障害者を元気付たりする為だったはずです。あと、それとは別にインターネットを面白いものにしたい。もっと盛り上げたいという気持ちもありました。

それが、今の私は生活に困り果て、目の前のお金を稼ぐ為に炎上芸に走りその結果、「障害者」に対する評価を落としてしまっていたのです。

ですが、私は綺麗さっぱり炎上芸からは足を洗いました。まだまだ信じて貰えないかもしれませんが、この覚悟は絶対に貫きます。

そして、私へのイメージが回復してきた頃には、いやそうじゃなくても「障害者」「健常者」という枠組みを無くす為の活動を、ブログを通してやっていこうと思っています。

その第一弾がこの記事です。

何故、障害者と健常者の間に壁があるのか

確かに、「障害者」「健常者」を全く同じように扱うなんていうことは、それは差別になりかねません。

足の不自由な方に「車椅子を使うな」と言ったり、手の不自由か方に「自分の手で荷物を持て」というのはなんか違いますよね? 人間としておかしな話ですよね?

ですが、「健常者」と「障害者」が交流することってとても大切なことだと私は思っています。

今の現状、障害者は障害者だけで固まってしまう傾向にあります。健常者にしてもそうです。

それは、

「お互いにお互いのことが分からない」

からだと私は思っています。

障害者は思っています。

「健常者から差別やイジメを受けたらどうしよう。」

こう思い、なかなか人間関係を円滑に行えない方が多いのです。

健常者にしてもそう、

「何か余計なことを障害者にすると問題になっては困る」

という思いから、何もしないのが一番。中には関わらないほうが一番、と思っている方もいます。

ですが、人間誰しも、年齢を重ねると、高齢者になると自然と障害者になっていくのです。人間の健康は無限ではありません。有限です。

なので、今のうちから健常者は障害者と交流を図っておかないといけないはずです。

障害者にしてもそう。「障害者」という狭い枠組みの中でしか人間関係を築かなかったら、社会復帰が困難になります。

お互い、情報共有のような形で交流を図るべきなのです。

せまい枠組みに囚われてはいけません。だから私は、「障害者」「健常者」という枠組みを無くすべきだ、とこういった意味で主張します。

最後に

私は健常者の中の人間関係でも、とくに中学や高校などのコミュニティでの「ヒエラルキー」「スクールカースト」といったものでも、所詮はお山の大将。こういった狭い枠組みの中でいばっていてもなんの役にも立たないと思っています。

もっと広い視点で世の中を見渡さないといけません。

障害者や健常者に限らず、オタク、インテリ、ヤンキー、低学歴、富裕層、貧困層などにも言えることです。

お互いがお互いの「知らない部分」を知ろうとすることが大切なのです。

交流していきましょうよ、「自分の知らない世界の人達と」

 

それでは、今から人工透析に行ってきま~す!

だいちゃん(∀)

(※ だいちゃんの人工透析の曜日は、月・水・金曜日です。)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク