夜間走行時に車のライトをハイビームにしていたら、知らないオッサンにブチギレられたんだが

怒り

スポンサーリンク

ネタだと思われるような毎日を送っています。

どうも、ハイパーメディアブロガーのだいちゃん(∀)です!

 

よく、「夜間に車を運転する時はロービームではなく、ハイビームで」というようなことを聞きませんか? 車道の電光掲示板などでこう表示されることが年々増えてきているように感じます。

  • ロービーム 下向きの車のライト
  • ハイビーム 上向きの車のライト

私はこんな感じに認識しています。

だから夜間、夜空が暗くなったらロービームではなくてハイビームにしなきゃいけないんだ~。だったらそうしよう、と思いそう意識してするようになりました。

すると、ある日事件が起きたのです……。

スポンサーリンク


知らないオッサンに絡まれた

ハイビームにして運転していると、とある運送屋の車が急停車し、その中から一人のオッサンが降りてきました。

何だろう? 何か事故ったのかな? そう思っていたのですが、だんだんこちらに近づいてくるではありませんか。

するとそのオッサンはこう言ってきました。

オッサン
眩しいんじゃ!! キサンこのキサンこの!! くそボケが!!

(※キサン 福岡の方言で「お前」「貴様」というような意味)

いきなり知らないオッサンに怒鳴られました。

ちょっとよく意味が分からない。状況がよく飲み込めないまま、私は腹が立ったので、

だいちゃん(∀)
なんが眩しいやキサンこのキサンこの!! 夜間の走行はハイビームが基本やろがこのくそオヤジが!! あんまでら為いいよったらくらしあげるぞこの!!

(※あんま あんまり)(※くらしあげる ボコボコにするぞ)

そんな風に言い合いになったのです。

オッサン
なんが、くらしあげるじゃこの!! やれるもんならやってみいやコラ!! クソガキが(ピー)急便の人間を舐めんなや!!
だいちゃん(∀)
運送屋の人間やったらハイビームの光くらい我慢しろや!! なんが(ピー)急便やこの!! キサンなんかただのヤンキーあがりのオッサンやろがどうせ!! ぶちくらすぞこの!!

(※ぶちくらす ボコボコにする)

オッサン
キサンみたいなヒョロヒョロの骨と皮だけのクソガキにやられるわけがなかろうが!! キサンのせいでコーヒーこぼして大事な書類が汚れたわ!! どうしてくれるんか!? あぁ!? 警察呼ぶか、警察!!
だいちゃん(∀)
おぉ!! さっさと呼べや警察を!! ほら!! さっさと呼べや!!

すると、警察が本当にやってきましたwwwwww

きっと、騒ぎを見た他の運転手さんのどなたかが警察を呼んだのでしょう。

結局、喧嘩両成敗のような形にその場でおさめられましたけどね。だって、別に事故を起こしたわけでも、違反したわけでもありませんし。

ただ、警察からは、「他の方の迷惑になるので喧嘩は控えて下さい。」と注意をされました。

ハイビームって危険じゃね?

今回、このオッサンの例を出したのですが、このようにハイビームにしている時に絡まれたのはこの1回だけじゃないんですよ実は。

修羅の国だから短気な人間が多い、というのも、地域柄の影響もあるのかもしれませんが、それにしてもハイビームにしていると、それこそハイリスクな気がするんですよ。

確かに急に飛び出してきたりする人間を察知したり、視界を良好にする分には良いと思うのですが、こうやって「眩しいわ!!」と絡んでくる人間がいるわけです。まさにハイリスク。危険過ぎるぜ。マジで危険過ぎるぜ。

このようなリスクを負ってまでハイビームにする必要ってあるんでしょうか? 何か、こういうことが何度かあって以来、私はハイビームにするときは恐る恐るハイビームにするようになってしまいました。

ほんと、ハイビームにする度に絡まれるもんだから、これってただのライトじゃなくて名前のとおりビームでも、強力なビームでも出てるんじゃね!? と思ってしまうくらいに変な輩に絡まれるわけですよ。

もう嫌だよ北九州。修羅の国だよ本当に……。

皆さん、こういった経験ってありませんか? ハイビームにしていたらブチギレられた、とか以外にも自分がブチギレた! とかそういったエピソードでもいいので何かあったら教えていただけると嬉しいです。

でも、俺何も悪くなくない? なくなくなくない? 電光掲示板様が毎回のように「夜間走行はハイビームにしてください。」って促しているからそれに従っただけなのに……。

やっぱりリスキーだぜ、ハイビーム。

最後に

なんかJAFのWEBサイトにはこのようなことが書かれています。

ヘッドライトには、通常、ロービーム、ハイビームが備えられています。道路運送車両法等では、ロービームの正式名称は「すれ違い用前照灯」、ハイビームは「走行用前照灯」とされ、その照射距離は、ロービームは前方40m、ハイビームがその倍以上の前方100m先を照らすことができるものと定められており、その使用方法として、対向車や前走車が存在する場合には、ロービームを使用することとされています。

出典 http://www.jaf.or.jp/qa/ecosafety/careful/31.htm

そして、「道路運送車両法」にはこのように書かれています。

(前照灯等)
第三十二条
自動車(被牽引自動車を除く。第四項において同じ。)の前面には、走行用前照灯を備えなければならない。

4 自動車の前面には、すれ違い用前照灯を備えなければならない。

つまり、夜間走行中はやはりハイビームで、そして最初のJAFの奴に書いてあるとおり、対向車や前走者が存在する場合にはロービームを使用する、ってことですよね?

よっぽど暗い夜道、人っ気の無い夜道以外、だいたい対向車や前走者っていない? いるよね? ハイビーム、やっぱり使う機会って滅多にないよね?

だったら電光掲示板もちゃんと詳しい説明を書いておけや!! 夜間走行はハイビームに絶対にしなきゃいけないって思ってしまっていただろうが!!

俺は悪くない。悪いのは電光掲示板だ!!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

uwasanoaitsu

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサーリンク

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です