障害児が生まれると分かっているのに、あなたはそれでも子供を産みますか?

赤ちゃん

スポンサードリンク

そろそろ、「私は全盲の身体障害者ですがライターしています」なんて書きたいですね。執筆業界のコナン・ドイルなどと言われて報道陣が押し寄せちゃうんでしょうか。

どうも、ハイパーメディアブロガーのだいちゃん(∀)です。

私もいいおっさんなので、結婚のことなどが頭をよぎることがありますが、何分、身体障害者なもので、奥さんへの負担などがどのくらいかかるのか予想も出来ないので、躊躇してしまいます。

私の場合、「腎臓病は別に遺伝はしません」、と医師からは言われてるのですが、遺伝した方を知っているので何とも言えないような状態です。B型肝炎なども持っていますが、これに関しては今はワクチンで子供の場合は治せるので、子供への影響はほぼ無いと考えています。集中力も記憶力も高いので発達障害関連も大丈夫だと思っています。若干、怪しいですが(笑)

しかし、「遺伝する障害や病気」を抱えている場合や、検査段階でダウン症などを子供が抱えて生まれてくることが分かっている場合、私は本当に生んでいいのか? と常に自問自答しています。自分の場合は、ですが。

スポンサードリンク

子供が好きだからこそ考える

子供は好きですよ。じゃないと家庭教師なんて出来ませんって。(私は元家庭教師です。)

ただ、綺麗事じゃなく、世の中で生きていくには「金」が必要なわけです。世の中のメディアでは障害者でも懸命に働いている”美談”ばかりが取り上げられますが、そういった一部の「生きていくのに成功している」障害者がいる中、多くの障害者が死んでいってるんですよ。

死にはしていないけれど、頼れる身内がいない。生活保護を受けている、などという人は障害者には多い。私が抱えている「慢性腎不全」の人工透析を受けている若い患者の8割は働いていないと言われています。働き口が無い、という部分も含めて。

ただ、障害者年金を貰っている身分で偉そうに申し訳ないですが生活保護自体は、受けなきゃ生活出来ない人はどんどん受けていい。なんで受けちゃダメなの? 批判する意味が分からない。と私は考えています。不正受給は別として、一生働けないような人にも税金で、生きることを支えるべきだと思っているからです。

しかし、事前に子供が苦労することが分かっている。そりゃあ、自分は苦労する覚悟があるのかもしれないけれど、それで決めちゃうのはただの親のエゴですよ。それに、現実は障害を持った子供を育ててみないことには分かりません。男の私が言うのもおかしな話ですが、女性はレイプされて出来た見ず知らずの男の子供だって産もうと考える人はいるわけですし、実際に生んでいる例も多々あります。

ただ、10代での出産などもそうですが、その時は勢いだけで産んで、しっかりと育てる気持ち満々でも、その多くは主に金銭面で苦労しているわけです。一生、親や兄弟に頼るわけにはいかないですからね。

ちゃんと育てることが出来ずにネグレクト(育児放棄)などを起こしているケースも多いということは皆さんもニュースなどで流れているのでご存知なのではないでしょうか?

その後、ちゃんと子供にも(障害の面で)なるべく苦労をかけずに、自分も一般的な子育てのレベルのストレスで済むように育てることが出来るのならいいと思います。でも、あなた自身が極度なストレスを抱えながら子育てをした場合、子供にだって甚大な影響が出ます。

自分だけが我慢すればいい、というレベルの問題ではないんですよ。理想論を語るのは簡単ですが、現実的なこともしっかりと考えるべきでしょう。

そんな状態で生活保護? 国が自分達を助けてくれない? 事前に分かっていて、自分達で選んだ道じゃないの? 子供は助けてあげたくなるけれど、その親は自己責任じゃないの? と言われた場合、反論するのが難しいでしょうね。私なら、どうやって反論していいのか見当がつきません。

健常者から障害者が生まれることもあります。そうやって、事前に分からない「事故」のような形で生きづらさを抱える子供が生まれてしまうのは仕方のないことだと思います。ただ、事前に分かっていて、

『それでも産みたい!!』

は、その人の一種のエゴです。生まれた子供がどのような苦労をするのか想像も出来ていない。自分のことしか考えていない人間だと思います。まぁ、それでも最終的に決めるのはその人なので外野がとやかくいう問題でもない気がしなくもないですが、子供の将来のことを考えると、

  • 障害者としてだけど生まれてきてよかった
  • 障害者として生まれてこなければよかった

という大きく分けて2つの問題が発生します。

ここに関しては生まれてからの環境なども影響してくるので、なかなか難しい問題ではあるのですが……。

最後に

私なんて後天的な障害ですが、それでも物凄く生きていくのは大変です。まさか、体力が人一倍あって、勉強もそれなりに出来、プラス思考でコミュニケーション能力もある私がこんなに生き辛い思いをするとは、健常者の頃、透析導入直前期だって全く想像出来ませんでした。

親も子供も主に財政面で困窮する(苦労する)ことが分かっていて何故、産もうとするのか。それだったら、施設にいる子供などを引き取るほうがよっぽど世の中にとっても自分にとっても良いんじゃないかと思うこともあります。(施設にいる子供は子供で、心に大きな傷を抱えているのでそのように安易に貰う、などといってはいけないのですが……。まぁ、例え話だと思ってください。)

たしかに自分の血が流れている、自分の腹を痛めて産む子供のほうがありがたみは強いのかもしれません。でも、本当に子供が欲しいのであれば別に自分の血の流れている子供である必要はないのではないでしょうか?

自分の血が通ってない子供を可愛がることは出来ないの? もし、他人の生んだ子供を育てるのは嫌だ。自分の血が流れていないと嫌だ、という人は、他人の生んだ「不幸」(かもしれない)子供の世話も出来ないのに、自分の子供、しかも障害を抱えている子供の世話なんて出来るわけがないと思います。

話したいことがまとまっていない感はありますが、結局、私が言いたいことは

  • 障害児が生まれると分かっている場合、安易に産むのではなくしっかりと生むべきか生まないべきか考えるべきだ
  • もし産む場合、絶対に子供の将来のこともしっかりと考え、教育し、幸せなれるように育てろよ

ということが言いたいのです。

私の周りには障害児が生まれる可能性が高いのを分かっていても子供を生んで、両親・子供、共に苦労をして生きていた家族を知っています。逆に、それでも幸せだと言い切れる家族も知っています。両方の立場の家族をしっているからこそ、安易な考えで子供を産むのではなく、しっかりと考えて欲しいだけなのです。

決して、障害者差別をしたいわけではない、ということだけはご了承下さい。これは、私自信の問題でもあるのですから。

だいちゃん(∀)
障害者が子供を産むこと自体を頭から否定することは差別にあたると考えていますが、こういう本を読むと複雑な気持ちになります。

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です