ネイティブ広告ハンドブック2017が読みづらいので、詳しいオジサンに聞いてみた

ネイティブ広告2017

スポンサーリンク

ネイティブ広告2017

どうも、広告関連企業に勤めたことも無い。編集者に勤めたことも無い人間(私)は常にフリーライターと肩書きをつけてきました。現在は「ハイパーディアブロガー」です。

みんなのアイドル、だいちゃん(∀)だよ!

インターネット上で「分かりづらい」「読みづらい」と絶賛炎上中のネイティブ広告ハンドブック2017ですが、私も2週ほど読んでみました。

感想としては、やはり「読みづらい!」です。

横文字(カタカタ文字)がとても鼻に付く、嫌味な感じなんですよね~。まぁ、私は普通に読めましたけれど。

この件に関しては、WEBライターの神様的存在「ヨッピー」氏がブログで怒りを顕(あらわ)にしているので、そちらを参考にしていただければと思います。

ネイティブ広告ハンドブックと広告業界の「蹴鞠おじさん」について

というわけで、私は別の切り口から、この問題について取り扱おうと思います。

普通に読解出来た私ですが、人に説明するとなるとちょっとどう説明していいのか分からないので、より詳しい人に話を聞いてみました。

ちなみに簡単な経緯としては、こんなやり取りがインターネット上では繰り広げられていました。


辛辣な言葉が飛び交っていますね。

スポンサーリンク


ネイティブ広告ハンドブック2017を読み解くには

だいちゃん(∀)
ネイティブ広告ハンドブック2017が読みづらいので、上手く読解するにはどうしたらいいのか教えて下さい!
オジサン
いいでしょう! まず、「はじめに」のところは読む必要はありません(笑)横文字がうざいだけで中身が無いのでwww
だいちゃん(∀)
ほうほう、なるほど。なんだか横文字(カタカナ文字)が全体的に多く、鼻に付くし読みづらいのですが。
オジサン
では、読みづらそうな横文字の説明をするので、一覧表をブログに掲載してください!

・【ネイティブ広告】 メディアに溶け込むように掲載されている広告のこと。最近では、テレビドラマなどでも、ドラマに連動させてコマーシャルを配信するような形態が取られている(一瞬、ドラマなのか広告なのか見分けがつかない)。

・【ディスプレイ広告】 Webページの一部として埋め込まれて表示される、画像や動画などによる広告。

・【マーケティング】 市場調査。どのような顧客・購買層がいて、立地はどうか、など販売場所の様々なデータを調査すること。

・【CTR】 広告のクリック率。

・【CPM】 広告1000回表示あたりにかかる料金。

・【クリッカブル】 クリック出来ること

・【アドサーバー】 広告配信ようのWEBサーバー(※サーバーとは、ホームページを置く、インターネット上の架空の場所のこと)

・【ポータルサイト】 様々なサービス、WEBページに接続出来る入口のようなWEBサイト。Yahoo! JAPANのトップページもその一つ。

・【メディアレップ】 広告代理店を介さない、1次広告配信業者のこと。今では、直接メディアの運営元に広告依頼をすることなどを指す。

・【デモグラフィックなターゲティング広告】 性別、年齢、住んでいる地域、所得、職業、学歴、家族構成などの「データ」(デモグラフィック)に基づいて標的(ターゲティング)を定める広告。

・【プログラマティック取引】 データに基づいたリアルタイムな広告枠の自動買い付け・販売のこと。

・【RTB】 Real-Time Bidding(リアルタイムビディング)の略。オンライン広告の仕組みのこと。プログラマティック取引の一つ。

RTBは、広告主と媒体の利害を一致するべく開発された取引形態です。

広告主は「広告費を安く抑えて大量トラフィックを確保したい、広告効果を最大化したい」と考える一方、媒体は「広告枠を高く売りたい」と考えています。このように相反する思惑のバランスを取りながら、現実的な取引を行うのがRTBなのです。

出典 https://satori.marketing/marketing-blog/ad-technology/rtb/

・【PMP】 PMP(プライベートマーケットプレイス)の略。参加できるメディアと広告主が限定されている広告配信の方法。

・【タイアップ】 協力・提携という意味。

・【リーチ】 広告配信先にどのくらい届いたか、ということ。

・【デバイス】PCやスマートフォンなど、見るための道具本体のこと。

・【アドブロッカー】広告を表示させないようなアプリケーションなどのこと。

・【アドテクノロジー】 広告技術を指す言葉で、ネット広告における配信技術や広告流通の技術を指す。

・【オーディエンス】 観客。

・【インフォード広告】 Webサイトやアプリのコンテンツとコンテンツの間に表示される広告のこと。

・【アドネットワーク】 様々なWebサイトやソーシャルメディア、ブログを「ひとつの媒体」として広告出稿する手法。

・【インプレッション】 広告が1回表示されることを「1インプレッション」という。

・【アドエクスチェンジ】 広告枠をインプレッションベースで取引する広告取引市場のこと。複数のアドネットワークやメディアが取りまとめられています。

・【マーケットプレイス】 インターネット上に存在する物の売り手と買い手が自由に参加できる取引市場。

・【ブランドリフト】 ブランディング広告を見た人と見ていない人を比較して、前者が後者より、企業の認知度、イメージ、商品の購買意欲が上がったか否かを測定すること。

・【コンバージョン】 広告や企業サイトの閲覧者が、会員登録や資料請求、商品購入など企業の望む行動を起こすことを言う。

・【ターゲティングテクノロジー】 広告対象を絞る為の技術・手法。

・【フェーズ】 局面・場面。

・【プラットフォーム】 動作する(今回は広告を表示させる)為の土台。

・【ファネル】 見込み客から受注へと絞り込まれる様子。

・【Consideration】 考慮。広告業界では、買うかどうか考える場面。

・【Action】 行動。実際に買うこと。

・【Loyalty】 忠誠心。いわゆる「ファン」になること。

・【オウンドメディア】 自社企業で立ち上げたメディアのこと。

・【LTV】 (Life Time Value)の略。顧客生涯価値のこと。

・【トラッキング】 人の行動やシステムの挙動、データの推移などの情報を継続的に収集、監視すること。

・【ニューロサイエンス】 神経科学。神経系に関する研究を行う自然科学の一分野。

・【ソーシャルメディア】 facebook、twitter、InstagramなどのWEBサービスの総称。

・【ミッシングリンク】 (今まで関心が無かったが)自社の広告に関心を持つであろう層の環。

・【フリークエンシー】 一定期間内に、各消費者がある特定の広告に接触した回数のこと。

・【WOMマーケティング】 口コミを意味する(Word of Mouth)の略語。クチコミにより宣伝効果を期待する手法。

・【プロモート/プロモーション】 販売促進活動の全体を表す用語。

・【ディスクロジャー】  企業が投資家や取引先などに対し,経営内容に関する情報を公開すること。企業内容開示。

だいちゃん(∀)
多いし! やっぱりごちゃごちゃして読みにくくないですか? 鼻に付くし。
オジサン
そうだね、もう少し分かりやすく説明出来るよね。ただ、広告業界では当たり前に使われている用語でもあるんだよ。でも今回のようにこのネイディブ広告ハンドブック2017を読み解けないとライターと名乗ってはいけないのか? というとそんなことはないと思うよ! これはあくまで、広告畑の人が使う用語だからね。知らない方が普通だよ。
だいちゃん(∀)
そうですよね。私は経営学関連の資格を取る時にこういった用語を覚えたからある程度は読解出来たのですけれど、ライターは自分の専門分野が広告でない限り知らないのが普通ですよね
オジサン
結局ね、

・広告やプロモーションメッセージは、広告でないかのような示唆や暗示をしてはならない
・広告であることが明らかである場合のほかは、広告であることが確実に分かるディスクロージャーが必要である
・ディスクロージャーが必要な場合は、ディスクロージャーは明確で目立たなければならない

オジサン
「ディスクロジャー」の意味を知って、この部分だけ理解出来ればこの冊子の内容のほとんどは掴めるよ! 無駄に長いねこの冊子www
だいちゃん(∀)
そうなんですね! 何度も読み直して損したwww ちなみにオジサンは「マクルーハン」って知っていますか?
オジサン
自分は知っているけれど、広告業界の人間が全員マクルーハンの本を読んだことがあるわけじゃないと思うよ~。

ということです。

最後に

まとめるのに疲れました。

ただ、今回の炎上騒動を機に、広告業界の用語をこうやって知ることが出来たので良い機会になりました。そして、その内容を皆さんにお伝え出来ることがとても嬉しいです!

まぁ、こんな訳の分からない用語が飛び交うような業界です。電通のようなブラック企業が生まれるのも頷け(うなづけ)ますね。うん。

ただ、オジサンが言うように、この冊子の内容を読解出来ないからといって「ライターを名乗ってはいけない」なんていうことは無いと私も思います。

ヨッピーさんが言うように、読み手も読解する努力は必要かもしれませんが(特にライターなら)、書き手も読み手の側に立って文章を本来なら書くべきです。大多数が「読みにくい」と判断した文章は、自分がどう思おうとも「読みにくい文章」なのです。

読み手のことを考えて書かない文章は、それはオナニーでしかありません!

作り手に、書き手に問題がありますね、この冊子。

この人達こそライターって名乗るの辞めるべきだ!!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

uwasanoaitsu

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサーリンク

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です