長谷川豊氏 だいちゃんに北九州まで謝罪に来るってよ!

だいちゃん

スポンサーリンク

だいちゃん

ブログをやっていると思わぬ出逢いがあるものだな~、としみじみ感じております。

どうも、だいちゃん(∀)です!

昨日書いた記事、

私のブログ記事をパクっていた、長谷川豊氏から連絡がありました – だいちゃん.com

の続編なのですが、昨日LINEにて連絡をしてみたところ返信がありました。

結論を申し上げると、

「福岡県北九州市まで謝罪をしに長谷川豊氏が私に会いに来る」

そうです。

ちなみに、下記がLINEでの私と長谷川豊氏のやりとりです。

スポンサーリンク


 長谷川豊氏とのLINEのやりとり

長谷川豊 長谷川豊 長谷川豊

私自身がLINE不精な為、このような簡素な返信しか出来ていないのですが、今のところまだ全腎協や透析患者、障害者への謝罪は無いにしても、遠い福岡県北九州市という田舎までわざわざ自費で交通費を出してまでやってくるというのですから、誠意のある対応だと思います。

インターネット上の意見などでは、

「二人で会わないほうがいい。向こうは弁護士を連れてくるに決まっている。」

「障害者を殺すと言っている人と会うなんて危険だ! 会うなら警察同伴で!」

などと言っている人達がいますが、私は長谷川豊氏が障害者を殺そうとしているとは思っていませんし、私自身は性善説に基づいて生きていますので、きっと長谷川豊氏は誠意のある対応をしてくれるのではないか、と信じております。

「だいちゃんが丸め込まれるのではないかと心配」

という声もありますが、私は我の強い人間です。人に丸め込まれるほどやわではありません。

そこでお互いの考え方などを話し合い、今回の「自業自得」といえども透析患者及び間違った知識で障害者を批判したことに対して抗議はしようと思っています。

・全腎協への謝罪

・障害者への謝罪

これらを公の場(ブログ上でも可)で謝罪するように求める所在でございます。

勿論、思想信条の自由はあります。しかし、今回の件に関しては様々な方面から批判が出て、長谷川豊氏自身も番組を複数降板になるなどの目にあっています。

勘違いしてもらっては困るのですが、私は間違ったことは間違っていると本人に主張したいだけで、長谷川豊氏を陥れたいとか、やっつけたいとかそういった気持ちはありません。

長谷川豊氏には奥さんもお子さんもいます。長谷川豊氏には問題があり、謝罪や罰を受けるべきだとは思いますが(もうすでにだいぶ罰は受けていると思いますが。)奥さんやお子さんには罪は無い。

長谷川豊氏とのLINEのやりとりをブログ上で晒しておいて、ブログを拡散させておいて何を綺麗事を言っているんだ! とツッコまれそうですが、私は長谷川豊氏を徹底的に追い込んで、番組全てを降板させるような事態、収入源を途絶えさせるような事態にはさせたくないのです。

以前もブログ上で書きましたが、どんなクズにも生きていく権利がある。救う必要がある。それが長谷川豊氏も例外ではないからです。

なので、しっかりと私に対して、透析患者や障害者に対して会った時にちゃんと謝罪をしていただけるのであれば、ちゃんとその誠意を私のブログ上に書いて拡散する。そのくらいのことはしようとおもっています。

しかし、逆に誠意の無い対応だったのなら、最後に大きな爆弾をブログ上で投下しようとは思いますけれどね(笑)

実は会ってみたら良い人?

本人も自覚し、認めているように偏った思想の持ち主であることには変わりないのですが、こういうブログ上で過激な発言をしている人の人格までおかしな人とは限らないのです。

実は会ってみたらとても良い人だった、というのはよくあること。

長谷川豊氏も例外ではなく、もしかしたら会ってみたら良い人なんじゃないかな? と私は思っています。

なので、何度も書きますが、私は周りの人が心配してくださってはいますが、ちゃんと一人で長谷川豊氏に会いに行きます。さすがに向こうも一人でくるでしょう。

著作権法違反で訴えろよ! という人もインターネット上ではいましたが、私はそこまでする気はありません。というより、訴訟を起こすには、向こうの裁判所に行かなければなりません。(長谷川豊氏は千葉在住との噂を聞いているので、私の住んでいる福岡からは遠すぎます。まぁ、代理人(弁護士)を雇うという手もあるのですが。)

長谷川氏が私を訴えても勝てる可能性は低いですし、同じく福岡の裁判所まで出向く(もしくは代理人を立てる)ことをしないといけないので、まぁ、私が訴えられるリスクも低いでしょう。というより、私の記事をパクった人がその当事者を訴えても、自分のイメージを悪くし、また仕事を失う可能性があるだけで何のメリットも無いですからね。

なので、その辺の心配はいらないと思います。

むしろ、長谷川豊氏のような有名人に直接サシで会えることを楽しみにしている自分がいます(笑)

最後に

何度も何度も書いていますが、私をテレビ出演させてくれないですかね(笑)

サイバーエージェントの運営するabemaTVなどでも番組をやっているようですし、幽霊部員のようになっていますが、私自身もサイバーエージェントの運営するバイラルメディア「SPOTLIGHT」のプラチナ公式ライターという肩書きがあるので、是非、出演させていただきたいものです(笑)

まぁ、今のところは納得のいく対応を全腎協や障害者にはしてくれていないのが気がかりですが、私に対しては誠意のある対応をしようとしてくれている、と信じて長谷川豊氏の時間が取れ次第、会うことに決めました。

会った時の感想や、やりとりなどもブログに書くので乞うご期待!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

uwasanoaitsu

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

14 件のコメント

  • 長谷川氏が謝罪に訪れる選択をしたのは
    風向きが逆風になったことを察知して
    「会ってみれば本当はいい奴」に方向転換した事の表れと思います
    番組をその助けをされるのは自由ですが
    いい、悪いの二元で人を評価してしまうのは彼の得意とする土俵なので
    気持ち少し遠くから、問題に絞って語られることを願います
    偉そうにすみません

  • 会う機会が設けられたのなら是非、長谷川氏に患者の現状を伝えて欲しいです。
    長谷川氏は特定の医師の話を鵜呑みにした感があるので、これで何か変化があれば嬉しいです。
    でも、後で長谷川ブログにどのように書かれるかだけは気を付けた方がよい気がします。

  • 個人的な長谷川アナのブログの印象なのですが
    「強烈な言葉」
    「誠実」
    「弱者への理解」
    「他人を馬鹿にする」
    「煽る」
    「熱く真剣」
    様々な論調がパズルのように合わさって
    アメとムチを使うDV加害者に印象が近いのです。
    モラハラ→優しくする→君の為を思って言っているんだ→
    「この人、本当はいい人なのかも…」と思わせるサイクル
    長谷川アナも過激な言葉には注釈をつければ逃れられる、
    誠実な面を見せれば納得してくれると思っている節があるように感じます。

  • 長谷川氏は昨年、テレビ大阪の選挙特番で(自民党候補について)
    維新に利するような<虚偽発言>を行って自民党に抗議され、放送局が謝罪しています。
    会ったこと自体を利用されないよう、やり取りの一切は録画録音されますよう。
    昨日、このブログ記事をアップして削除したのも気になりますので。
    2016年10月01日
    繰り返しご説明します。私は透析患者の皆さんやそのご家族
    に謝罪も説明も行っています。http://archive.is/NU1Et
    また「自業自得」「自堕落」と透析患者に酷い言葉を吐いておられますが、
    長谷川氏ご自身もアメブロに自堕落な食生活についてや
    リバウンド必至な絶食ダイエットを綴っておられることを書き添えておきます。
    2015年05月27日 https://archive.today/dcc0z
    2015年07月08日 http://archive.is/QtqYe
    2016年02月14日 http://archive.fo/MoMqs
    2016年05月12日 https://archive.today/Nfslq

  • ブログでの全腎協への回答文を読むと少なくともあさはかな人物という感じはしますけどね。彼は自殺否定論者らしいのですが、それと今回の一件がどう折り合いがついているのか。寿命として受け入れよ、というんでも自殺と変わらないんじゃないか。
    その辺をどう折り合いをつけてるのか。何となく矛盾が平気な非論理的な人物のように思えますね。

  • 「落ち着いたら謝罪にうかがいます」というのは、おそらく謝罪には来ないと思います。
    おそらく、ずぅーと落ち着かない(笑)
    とりあえず、炎上した身のまわりの消火活動の一環でこう言ってるだけかと思います。日にちが過ぎれば皆忘れるから・・・みたいな。
    私も以前、相手からこういう風にメールで来ましたが、一向に謝罪に来ず、早二年(笑)
    喉元過ぎればなんとやら・・・ですよ。

  • 生まれつき、原因不明、避けられない疾患は仕方ない。手厚く明るく生きるための前向きな治療が必要。全額保険が適応されていい。
    これは人工透析の話だけではない。
    避けられない病気以外の場合、自分が引き起こした病気の場合、自分で全額自己負担するか、それが出来ないなら、治療しないという選択は必要。
    もっと考えて。お金は簡単には生まれない。
    みんな必死に働いてる。
    もっと考えて。未来の子供たちのことを。
    病気と闘い続けて苦しんでるからこそ情報を発信した時のパワーがある。あなたは自分が考えているより影響力がある。もっと、もっとちゃんと考えて。
    長谷川豊がいい人とか悪い人というのが問題ではない。
    長谷川豊が本当に殺そうとしているとか関係ない。もっとちゃんと考えて、今の日本の悪い部分に流されないで。その我の強さを自分のためだけではなく本当に大事なとこで使ってほしい。

  • だいちゃんさんを批判してるような、長谷川豊を擁護してるようなコメントになってしまったので追記、、、。
    謝罪は当然のことですし「殺せ」という言葉はよくない。
    あの考え方も間違ってるのかもしれない。
    とはいえ、考えてみるきっかけになりました。
    調べるきっかけになりました。
    長谷川にしてもだいちゃんさんにしても何かを発信すると「影響力がある」と伝えたかった。
    応援しています。
    謝罪に来られた時には、言葉の強さ、影響力、訴えてください!

  • 応援しています。
    だいちゃんさんは、「丸め込まれる事はない」と書かれていますが、十分注意して下さいね。
    相手は腐ってもアナウンサーですし、人をコントロールするような話術に長けているようなので、「実はいい人かも…」などと思わないように、しっかりと意識して下さい。
    それにしても、長谷川氏の「障害者はディズニー割り込み仕放題」などの捏造の噂を広めた罪は大きいですよね。
    長谷川氏のブログだけ読んでだいちゃんさんのブログを呼んでいない人は、「へー、障害者ってディズニーで割り込みできるんだー」と思ってしまいますよね。
    (私は「そんな訳あるかい!」と思って調べてだいちゃんさんのブログまで辿り着いたので良かったものの、そこまで疑問を持たずに鵜呑みにする人も多いので)
    このあたりの捏造情報についても、きっちり訂正を求めて頂きたいと思います。
    最後に。だいちゃんさん、どうか負けないで下さい。

  • 先日、HN「患者遺族」で書きましたが、重いネームなので改めます。
    長谷川氏から来るのは当然です。いいんです、金持ちだろうし。
    ただ、他の方もおっしゃっていますが、あちらは言葉のプロです。気をつけてください。
    誰か同伴してもらい、会話は録音しておいたほうがいいですよ。

  • 長谷川氏は「透析患者の8~9割は自堕落が原因」
    という根拠のないデマを知識のない人に植え付け、
    透析患者に対する差別と偏見を助長したことが問題です。
    デマを訂正せずに謝罪したところで意味がありません。
    ひっそり訂正謝罪しても意味がありません。
    殺せと罵ったときよりも、多くの人に知ってもらわないと意味がありません。
    会ったら良い人だったとして何の意味があるのでしょうか。
    詐欺師ほど会えば良い人です。
    長谷川氏は大金持ちの超エリートですので収入まで考えなくてもいいのでは。
    仮にテレビの仕事がなくても一般人より贅沢な暮らしができます。
    だからこそ、年金も健康保険も廃止とか言える。
    私は長谷川氏とは二人で会わないほうがいいし、
    会話は録音しておくべきだと思います。
    しかし、極めて残念な長谷川氏であっても
    性善説で接することに努めるだいちゃん氏は尊敬します。

  • 当然会いにくるでしょうね。
    今後の自分の行方を左右するわけですから。これであなたに「ほんとはいい人」「きちんと謝罪された」なんて書いてもらえれば他の番組の降板を免れるかもしれませんものね。
    なんだってするでしょう。
    自分がしたことが自分に帰ってきただけのことなのにね。
    モノの考え方が根本的におかしいと思います。
    お会いになる際は録音、録画したほうがいいかと。
    中途半端な謝罪で納得しないでくださいね。
    テレビにでるのはお勧めしませんね、、、
    相手の得意分野ですから。
    生放送限定ならまだましかもしれないけど、、、

  • もしも長谷川氏とお会いになる際はせめて記録のため、記事にするためということで録音の許可を頂くのがオススメです。
    言葉のニュアンスなどはどうしても時間が経つと認識が曖昧になります。
    きっとお会いになられた際のことも記事になさられるかと思いますので思い返しやすくするためにも。
    だんだん朝夕寒くなってきましたがお体に気をつけてください。

  • 長谷川氏、とうとうMXもクビになってレギュラー0本になってヒマになりましたので、北九州に来る時間はいくらでも作れると思います。もう一押しですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です