私のブログ記事をパクっていた、長谷川豊氏から連絡がありました

スポンサードリンク

smartphone

ブログを書くモチベーションが下がっていたのですが、今回「長谷川豊」氏が私のブログ記事をパクって私のブログまで注目を浴びたことでモチベーションが回復しました。

どうも、だいちゃん(∀)です!

twitterでは少し書いたのですが、例のブログ記事を書いたあと、

長谷川豊にブログの文章をパクられた 貴様ちょっと出てこいや!! 

長谷川豊氏から、スマホの留守番電話と、LINEで連絡がありました。LINEではメッセージ機能のほうで連絡がありました。

長谷川豊

結論から申し上げると「パクリ」については全面的に謝罪があったのですが、透析患者を侮辱したことに関しては一切謝罪がありませんでした。

あと、スマホの留守番電話サービスに、

「引用の件について、ブログのメールフォームから連絡を行ったのですが、お返事がありませんでした。」

というメッセージが残されていたのですが、迷惑メールフォルダを確認してもそんなメールはなかったのですよね。ファンの方からのメールなどはメールフォームからしっかりと届いているので、おかしな話ですが、まぁインターネットも完璧ではないのでそころのとこは置いておきましょう。

ちなみに、まだ私のほうが忙しくて連絡はしておりません。

 本当に会う気はあるのだろうか?

番組降板がかかっていて焦っていただけだから、会って話したいなど、いわゆる「火消し」にかかろうとしていたのではないか、と勘ぐってしまうのは私の性格が悪いからでしょうか?

番組降板が決まった今、それでも私に会ってしっかりと謝罪をしたいという気持ちがあるのでしょうか?

それも、長谷川豊さんは大阪在住なのか東京在住なのかは存じ上げませんが、私は福岡在住です。私は身体が悪いので私から会いに行くなどは真っ平御免なので、会いに来てもらう形になると思うのですが、そこまでするとは到底思えません。

そもそも、私はしっかりと引用元として私のブログへのリンクを張っていただけていれば、アクセス数も伸びるので何も文句はなかったのですよ。迷惑がかるから、とかJ-castニュースで言い訳をしていますが、そもそも私自身も炎上系ブロガーなのでそんなことは迷惑にはならないのです。むしろ、記事をパクられたほうが、せっかく苦労して書いた記事をバカにされたようで腹が立つのですよ。

「このブログは炎上することが分かっているので、僕に協力していると捉えられたら、当然相手にも攻撃が絶対行く。そのため使わせていただくことを断りたく連絡したのですが、連絡がつかなかった。連絡がつかないのに名前を勝手に引用して迷惑をかけてもしょうがないし、本記の中でそれほど大事なところでもなかったので、いわゆる部分引用に。単なるコピー&ペーストではなく、改行をしたりして『自分の著作物』という形にした

出典 http://www.j-cast.com/2016/09/25278891.html?p=3

 バカじゃねえの!?

人の著作物を勝手に改ざんすること、及び自分の著作物にするなんてそれこそ盗用、著作権法違反ですよ。

この人は本当に謝罪する気はあるのか。アナウンサーなので言葉が上手いので、スマホの留守電を聞いたときは真摯に謝罪しているな、と思ったのですが一連のニュースを見ていると、今まで月60万円もの医療費負担を全額強いられていて、お金がなくなれば寿命として死ななければいけなかった透析患者を救ってきた、全腎協にも謝罪をする気が全くない、など、誠意が全く感じられない。

私が怒っているのが、「ブログ記事をパクられた」から、このことだけ怒っていると勘違いしていませんか?

「自業自得の」と付け加えていても、透析患者を侮辱したことには変わりはありません。そんな記事の中で私のように現在進行形で人工透析に苦しんで、過去には2度の自殺未遂までしたことのある人間のブログをそんな記事の為にパクられた。

長谷川豊氏の記事自体にも憤慨しておりますし、そういった諸々の事情を含めて私は憤慨しているのです。

私の家族に長谷川豊氏の記事を読ませてみた

私の母や兄に長谷川豊氏の例の記事を読んでもらいました。

archive.is

母の感想はこうです。

「凄く傷ついた。この人は人工透析患者の家族を抱える人の気持ちを完全に無視している。”自業自得の”と何度も書いているけれど、そんなことは通らないよ。この記事を読んだ人は人工透析患者全体に”死ね”と言っていると取るに決まっている。言葉を扱うアナウンサーが、影響力のある人間がこんな文章を拡散させていいわけがない。

この人はブログのタイトルにだけ問題があった、かのようにニュースなんかでは言っているけれど、ブログのタイトルだけじゃなくて内容にもとても問題がある。患者やその家族の気持ちを完全に無視して文章を書いている。腹が立ってしょうがない。」

「だいすけ、あんたしっかりと抗議しなさいよ。」

とのことです。

それに比べて、長谷川豊氏はニュースでこのようなことも言っていますね。

「僕は今でも間違った内容を書いたつもりはないです」

出典 http://www.j-cast.com/2016/09/29279371.html

 いや、間違いだらけだから!!

ディズニーでもほとんど並ぶ必要がありません。だって障がい者ですから。横入りし放題です。

出典 http://archive.is/whJ78#selection-275.1-144.138

いや、横入りし放題じゃねえから!!

ディズニーのアトラクションに乗るとき、そのアトラクションが1時間待ちだったとします。すると、障害者は健常者の中で並ぶことが困難な方も多いので、別の場所でしっかりと1時間並ぶのですよ。

そして、1時間後にアトラクションに乗るために列に入れさせれもらうのです。

しっかりと障害者でも並んでいるのですよ。

そんなこともジャーナリストのくせに調べもせずに、横入りしほうだい!! だなんて、人工透析患者どころか障害者全体を侮辱しているじゃないですか。

これのどこが、「間違ったことは書いたつもりはないです」なのですか?

あくまで「つもり」と言い訳をしているのですか? 「つもり」だけれど、実際には間違ったことを書いています。

あなたは、人工透析患者だけでなく、障害者全体を侮辱し、敵に回したのです。ジャーナリストとしてあるまじき姿。

で、どうなんですか? 10人以上の医師から話を聞いた、と言っていますが、患者からの話はしっかりと聞いたのでしょうね? アナウンサーといえば中立の立場が求められるのですから、人工透析患者からも10人以上から話をきかないと中立とは言えないですよね? そういった患者を抱える家族からも話を聞いたのですか? 恐らく聞いていないですよね? だから、このような偏った考え方が出来るのでしょう。

最後に

・長谷川豊、あなたは全腎協及び人工透析患者にしっかりと公式に謝罪すべきだ!

・私に会って謝罪をしたいと本気で言っているのであれば、福岡県北九州市まで来るべきだ! それか、私をテレビ番組に呼んでくれてもいいですよ。(むしろ、そのほうが嬉しい。)

インターネット上では長谷川豊氏が自業自得で病気になったら死ね! みたいなことを言っている人もいますが、私は自業自得の病人も含め、どんなクズでも病気から救う必要があると考えています。どんなクズにも、人権はあるのですから。

それこそが、社会のあるべきセーフティーネットというものでしょう。

確かに、医療費がどんどん膨れ上がっていることについては国民全体で考えなければいけないことです。でも、それは弱者を切り捨てる、という考え方ではなく、どうやったら財源を確保出来るか、もっと道徳的におかしくない方法で医療費を切り詰めることが出来るか、ということを考えるべきでしょう。

また、人工透析患者に関しては、iPS細胞の研究をもっと早く進める方法などを考え、

「人工透析を受けなくても良い人を増やす」

ことに知識を使う必要があるはずです。

長谷川豊さんには、近いうちにまた私からLINEで連絡をいれます。続報に期待してください!

だいちゃん(∀)

おまけ

お笑い芸人「ブラックマヨネーズ」の吉田は頭が悪いんだから、医療問題に口出しするんじゃねえよボケ!!

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム

ブログ運営についてや、私の恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

YouTubeチャンネルの方も宜しくお願いします!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

だいちゃん(∀)の新しいYouTube動画です!








10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク