介護疲れで親族を殺すことは責められるべきことなのだろうか?

障害者

スポンサードリンク

Disabled Mooring

大阪府のとある民家で精神障害者の男性が実の母親に刃物で刺されて死亡するという事件が起きました。

大阪府羽曳野市の民家で15日未明、住人の男性が刃物でのどを刺されて死亡した事件で、大阪府警羽曳野署は15日、殺人容疑で男性の母親で不動産賃貸業、若本敏美容疑者(72)=同市高鷲=を逮捕した。「(息子に)精神疾患があり、将来を悲観した」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は15日午前2時ごろ、自宅1階の洋間で寝ていた息子の無職、佳秀さん(49)ののどをナイフのような刃物で突き刺し、殺害したとしている。

出典 「将来を悲観し…」49歳息子を刺殺容疑 72歳母逮捕 大阪府警羽曳野署 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

このニュースの記述では、息子に精神疾患があり将来を悲観した、とあります。

この「悲観した」という文脈に、私は二つの意味があるのではないかと思ったのです。

・息子がこれから社会復帰できるか不安、という意味での悲観

・自分がこれ以上、この子の面倒を見ることが出来ない、という悲観

このような二つの意味があると思うのです。

スポンサードリンク

 殺す必要はなかった

障害者の世話というものは障害者の世話をしたことがない、特に自分の子供や親族が障害者であってその面倒を見たことがある人間にしか大変さが分からないというのが現状です。

しかし、私は殺す必要はなかったと考えます。

「障害者施設に入れる」「精神病院に入院させる」など選択肢は様々あったはずなのです。

確かに、自分の子供を障害者施設や精神病棟に入れる、となると周りの人間や世間の人間からのバッシングにあうことがあります。

でも、彼ら(彼女ら)は障害者を育てている当事者ではないので、そういった人間の言うことに耳を傾ける必要はないのです。

苦労は育てている自分にしか分からない。

でも、そういった施設があること、また施設があると知っていてもあまりにも精神的にやられてしまっていて思考停止し、そういったことにまで考えが回らなくなってしまっていた、だから今回のような事件に発展してしまったのではないでしょうか?

この母親を責めることが出来るのだろうか

上記では殺す必要はなかったと書きましたし、実際に殺す必要なかったと考えているのは確かなのですが、殺してしまった母親をどこまで責めることが出来るのでしょうか?

実際、世の中では介護疲れなどから自分の親族を殺してしまう、という事件があとを断ちません。

障害者を育てているわけでもない人間が、

「どんなに障害を抱えている人間であっても、自分の子供だろ? 親族だろ? 殺すなんてもってのほかだ!!」

と責めるのは簡単です。

しかし、何度も書いていますが育てている、世話をしている当事者の負担はそうとうなものです。精神的にやられてしまって、このような行動に出てしまった、という部分では情状酌量の余地があるのではないでしょうか?

なので、私は”殺す必要は絶対になかったけれど”この母親を責めることは出来ないと思います。

むしろ問題なのは、このような母親、障害者の世話をしている親族が誰にも相談出来ないような、今の国の制度に問題があるのです。

確かに、相談窓口などを設置している自治体もあるのですが、実際にどれだけ機能しているのか疑問です。

実際に私は電話をしたことがあるのですが、何度かけても繋がらない、という状態だったのを覚えています。

介護というものは相当なストレスだと思います。

私自身も、ある程度健常者に近いので自分で出来ることは自分でやってはいますが、今まで入院や治療などで散々家族には、特に母には迷惑をかけてきました。

うちの母は精神的にある程度強いので私を殺そうと考えたことは一度もない。でも、精神疾患を抱えているうちの兄の世話、私の介護など、様々な理由が重なって精神的におかしくなり、インターネット依存症になったこともあります。

どんなに強いと思われる人でも、やっぱり障害者の介護、障害者だけでなく高齢になった親の介護など、精神的なストレスは相当なものなのです。

そんな風に追い詰められた状態で魔が差して自分の息子を殺してしまった。

何度も何度も書いていますが、人を殺すことは良いことではありません。でも、この母親の今までの苦労を考えると私は責める気にはなりません。やはり、情状酌量の余地はあります。

最後に

介護問題というものはとてもデリケートな問題です。

今でも世の中では介護疲れによる殺人が後を絶たない状態で起きています。それが現実です。

人の命が~、自分の子供を(親を)手にかけるとはなんという残虐な行為だ~、と騒ぐのは簡単ですが、こうやって騒いでいる人間の多くは自分が育てている人間としての当事者ではないのですよね。

当事者じゃない人間が綺麗事を言うことは簡単です。

でも、介護問題というものはもっと闇が深いのです。

だからこそ、地域、国が連携して、家族だけに介護の負担をかけるのではなく、もっと福祉サービスを充実させて、介護をしている人間の負担を減らし、このような悲惨な事件を減らすような、そんな世の中を作っていかなければいけないのです。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です