これからは大企業志向ではなく、「個人」の時代になっていく

個人

スポンサードリンク

Single障害者になってからというもの、フリーランサーとして働いては稼げなくなり、雇われに戻るなどを繰り返しながら未だにフリーランサーを続けています。

どうも、だいちゃん(∀)です。

最近ではブログ界隈で、ブログ一本で生活をしていく、「プロブロガー」に憧れる人が増えています。

批判も多いようですが、アメリカなどではブロガーとして生活をすることは一定の市民権を得ているので、近い将来、日本でも市民権を得ることが出来るのではないか、と思っています。

それ以外にも、大企業の経営不振が続いている今の世の中。大企業は歴史上の財閥解体のような感じのことが起こり、個人がフリーランスとして働く、というような時代になってくると私は予想しています。

私の予想が当たるかどうかは分かりません。しかし、私はパソコンのWEBサイト運営で広告料で生活が出来るようになる、ということをグーグルの広告が出来る前から予想していましたし、(そうなって欲しいという願望も含め)パソコンが携帯電話くらいの大きさになって、それ一本でお金を稼ぐことが出来る時代がくる、ということも予想していました。それが今のスマートフォンです。

なかなか私の先見の明はあると思っています。まぁ、所詮成功者でもない貧乏人の戯言なのでこの辺は聞き流してくれてもいいのですが、特にブログでお金を稼ぐことができている人は、ブログは比較的安定してお金を稼ぐことが出来るということを知っているので、周りの大人の否定的な言葉を信じるよりも、自分の考えを突き通したほうが良いということが分かっていると思います。

なので、今回はそういった「個人の時代」について書いていこうと思います。

スポンサードリンク

日本でも確実に個人の時代がやってくる

障害者であり体が弱い私、ブラックバイトで思春期を過ごしてきた私からすれば、会社員勤めというものは、身体や心の健康をお金で売っているようなものです。

会社によっては出張、出張で日本中を、下手すれば海外にまで転勤させられる。そんなんじゃ結婚すらままなりません。

部署異動などで、今までやったことのない業務をやらされ、それをこなすことが出来ないからと、自分を責め、欝になる人もいます。

いくらお金の為とはいえ、心の健康、身体の健康を犠牲にしてまで会社員として働きたいですか?

勿論、働きやすくちゃんとそういった健康面のことなども気にしてくれているホワイト企業なら収入も安定していて良いのですが、多くの企業はこの不景気のせいで有名な大企業ですらブラック企業化していっています。

それだったら同じリスクを抱えるのであれば、フリーランサーになりたいと考える若者が増えるのは当然のことでしょう。

しかし、勘違いしたいわゆる「意識高い系」と呼ばれる若者が増えているのも事実。

ちゃんとした事業プランがあって、副業からちゃんと収入を得られるまで事業を拡大できているひとは全然、新卒で別に働かなくてもそのまま自営業者として働くのはあり、だと私は思っているのです。

でも、意識高い系の学生はちゃんとしたビジネスプランも無いのにいきなり、

「起業する」

と勢いだけで言い出したりします。

私のように30代を超えた人間はリスク以前に、税金のことなども気になります。

起業したいという若者は税金の知識が全くない状態で、ただ「社長」という響き、会社を起こしたという愉悦感に浸りたいだけのような気がするのです。

だいたい、売上が600万円以上はないと法人にする税金的なメリットがないと言われています。

確かに、法人にすることによって他企業から信頼を得ることが出来るなど、メリットがないわけでないのですが、これから初めて自営業を始めようという人はフリーランスから自営業を始めるのが無難でしょう。

そういった税金的な知識、会計的な知識(簿記など)が無い状態で今の会社が嫌だからと、なんの実績も上げていないのにいきなり起業しようとする若者に危機感を感じているのです。

中には、そういった独立志向の高い若者には怪しい大人が近寄ってきます。そういった大人がねずみ講やネットワークビジネスのような怪しい商売に誘ってきたりするのです。

そして、そういった怪しいビジネスの会員を集める為に、それまた怪しいパーティーなどを開いて人を集め、勧誘をするという、一生は続けることの出来ない、しかも儲かる可能性の極端に低いビジネス(といっていいのだろうか?)に手を出してしまうのです。

そういったビジネスに手を出した時点で人からの信用は失います。知らない人からも噂を立てられ、今まで仲の良かった友人などからも「あいつはおかしくなった」と距離を置かれるようになるでしょう。

お金も儲からない、友人は失った。信用も失った。就職経験が無いから再就職も難しい。

こういった人間が若いから失敗しても大丈夫! という意識の元で働いて、社会復帰が出来ると思いますか? 確実に出来ません!

最近の若者はこういった怪しいビジネスに手を出したり、ビジネスの「ビ」の字も知らないくせにビジネスマン気取りで企業ごっこのようなことをしてる若者が目立ちます。

勿論、そういった中から、バカにされ、成功する人間もいるだろうから一概には否定出来ないのですが。

でも、私は地元では有名な経営者の知り合いが結構います。地元北九州市を引っ張ってきた人生の先輩方です。

そういった先輩方でネットワークビジネスやねずみ講に手を出して成功した、なんていう話は一回も聞いたことがありません。

若い頃から地道に努力して、学歴はないけれど英語を覚えて海外でビジネスを行えるようにしたり、様々な苦労をした末、今の地位にいるような「本物の」経営者達です。

そういう人達を見てきたので、そういったある意味で純粋な、悪い意味で世間知らずな大学生などの学生のビジネスのやり方ははっきり言って間違っています!

ちょっと店で知り合った経営者とフェイスブックで繋がったり連絡先を交換しても、それは人脈にはなりえません。

そんあ初対面に近い人がビジネスの話を持ちかけてきたら、ほぼ怪しいビジネスなのでスルーするのが一番です。

でも、大学生などはついつい飛びついてしまうのですよね。

悪いのは、そういった純粋な大学生を騙す大人と、そういったことも騙されてしまう人を見る目の無い大学生です。

どちらも反省してください。

諦める必要は無い

大人は、特に自分がサラリーマンなどの雇われしか経験がないと、自営業をする人に対して否定的になります。

でも、そういう人はそういう人で「サラリーマン」という世界しか知らない世間知らずなので、そういう人の否定的な意見は聞かなくていいです。

ただ、危なくないように、もっと考えて起業しろ、という「アドバイス」はしっかりと聞いて、自分の中で精査して、最終的に自分で決めたほうがいいです。

人のアドバイスを聞きすぎて失敗すると、それはそれで後悔しますからね。

最後に

最近、説教臭くなったので私もオッサンになったなぁ、と思う気持ちで一杯なのですが、それでも新しいビジネスなどに挑戦するからにはなるべく失敗して欲しくないから、自分の知っている限りの知識を教えるようにしています。

まぁ、私自身が大きな成功者ではないのであまり偉そうなことが言えないのが残念なのですが。

それでも、最近の若者の簡単に「起業する!」というバカにはほとほと呆れているので、そういったバカが少しでも減ればなぁ、と思っている次第でございます。

起業家は10年以内に90%は廃業しています。

そういった現実もちゃんと知識として頭の中に入れておくべきですね。

あと、会計(簿記でも可)など、数字の扱いくらい勉強してから独立は考えましょう。

・売上

・粗利益

・営業利益

・経常利益

・純利益

・資本金

こういった会計用語も分からないのに、起業を考えるなんてバカすぎます。

もっと勉強しましょう。

だいちゃん(∀)

 

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です