【金】貧困家庭で育ったから見えた、一般の人の知らない裏社会について話そう

金

スポンサードリンク

Money

私は父親の顔も知らない状態の貧困家庭で育ってきました。育ってきた、というよりも現在進行形で貧困家庭として生活をしています。

でも、犯罪を犯さないといけないほどの貧困ではないのですよね。生活保護を受けているわけでもない。なんとか生活はカツカツですが、私が何とかお金を稼ぐ能力が(障害者の割には)あるので、そうやって稼いだお金を家に入れているような状態で、それ以外は普通に生活を送ることが出来ています。

そんな私は障害者になる前、私立の進学校に通うということろまでは普通の学生生活を送っていましたが、高校でイジメに遭い、辞めなければいけなくなり、高校を辞めてから、いわゆる「低学歴の世界」に足を突っ込みました。

私はフルタイムで働きながら通信制高校に通っていたのですが、そこには訳ありな生徒たちが沢山いました。

・10代で親に捨てられて一人暮らしをしている

・年を誤魔化してキャバクラやホストクラブで働いている未成年

・10代ですでにシングルマザーとして子供を育てている子

・元犯罪者

様々な生徒がいました。

10代で喫煙、入れ墨を入れているなんて当たり前。

別に私たち普通の生徒も(一応、問題児でしたが私も普通の部類ではありました。)そういった人たちとの触れ合いになれていたので、別にそこに偏見や差別などはありませんでした。

スポンサードリンク

坊ちゃん学校で育ってきたけれど

私は小中は公立の学校ではあるけれど、地元で一番頭の良い学校で学生生活を送ってきました。(家庭環境が複雑なので、学校では浮いている存在でしたが。)

そのような環境が、自分には合っていませんでした。

周りはお金持ちで良い育ちの子たちばかり。

性格の良い子達が多かったので自分の存在が浮いていること以外は何も文句はなく、今でもその学校で学習できて良かったと思っています。

私は小学校の頃は先生の言うことをしっかりと聞く生徒だったので、低学年の頃は周りの子に比べて勉強が出来ない状態でしたが、先生達がつきっきりで勉強を教えてくれたので、普通に勉強の出来る生徒に成長しました。

今では、学歴の割に勉強が出来るほうだと自負しています。

学歴を見て、

「こいつ、頭悪いんじゃねーの?」

と第一印象で思われても、会話の内容などですぐにその偏見を覆すことが出来ます。

なので、友人の間でも私は「勉強の出来る頭の良い人」という位置づけになっています。

しかし、それはたまたま育った環境が良かったから。母が部落という荒れた地域を嫌って、離婚後にお金持ちの多い、お坊ちゃんお嬢ちゃんが住む地域に引っ越して良い教育環境を整えてくれたおかげで、今の私がいます。

母は、そのような環境を提供するために、朝は保険や、夜は水商売と、常に働きづめでお金の工面をしていました。今思うととてもありがたいことです。

きっと、そのような良い環境の学校で教育を受けることが出来なければ、きっとグレていたでしょう。まぁ、高校選びを失敗したので半分グレたような生活は送っていたのですが。

それでも、犯罪に手を染めるようなことは一度もありませんでした。

でも、世の中には生きる為に犯罪に手を染めなければいけない環境の子達も存在します。

ミュージシャンなんかはそういった環境で育った人が意外に多くて、過去に犯罪を犯していた。覚せい剤に手を染めていた、というようは話を何度も聞いたことがあります。

実際に、ヤクザになった人間も見てきました。

あとは、ミュージシャンではないのですが、私が小学生の頃から高校を辞めてすぐくらいまで中のよかった友人が、私を裏切り私のお金を盗んで逃亡しました。

噂によると、そいつはヤクザの鞄持ちになったと聞いています。

そいつは坊ちゃん家庭で育ったのですが、親が厳しすぎて家庭環境に馴染めず、家出を繰り返していて、親が子供を見捨てる形で子供を置いて引っ越していってしまいました。

そいつは親に捨てられたのです。

住所が無いのでまともに仕事を探すこともできません。いえ、探そうと思えば住み込みで働くことも可能だったはずですが、本人に働く気持ちがありませんでした。

そこで、とうとう裏社会に足を突っ込んでしまったのです。

私自身も裏社会に足を突っ込みそうになったことがあります。

世間知らずだった高校生時代。

「ホストは楽にお金を稼ぐことが出来る。別にお酒を飲まなくてもウーロン茶でその場をしのぐことも可能だよ。」

そんな甘い言葉に誘われてホストになろうかと真剣に考えたことがあります。

一度、ホストではないのですが、キャバクラのボーイとして体験入店しました。

しかし、私にはそういった世界はあっていない。高飛車な女性にアゴでこき使われるなんてプライドが許さない。

そんな気持ちから私は夜の世界には行かない、そう決めました。

でも、学校で上手くいっていなかった私。それゆえ学校をやめたのですから。

一応、フルタイムで働いてはいたけれど、仕事がきつ過ぎて「楽に稼げる」という甘い言葉に誘惑されそうでした。

そして、極め付けは水商売の人達は店長もボーイさんもコミュニケーション能力の高い人が多く、当時私はコミュニケーション障害を患っていたので、そういった人達に優しくされるのが心地よくて仕方がありませんでした。

高校を辞めたけれど、高校に入りなおして、大学に行くための学費も貯めなければいけない。そのためには普通の仕事をしていても貯めることなんて不可能だ。

そういった思いから、私は本気で水商売の世界に足を突っ込もうとしました。

だけど、店長はその道のプロです。

私がそういった仕事に向いていない、ということを見抜いていたみたいで、こういった話をしてくれました。

「君は素直で純粋だから、こういった世界には合わない。夜の世界は一度入ると抜け出せない。君には昼間のまっとうな仕事があっている。だから君を私は採用しない。」

キャバクラの店長さんがこういってくれたおかげで、私は水商売に足を突っ込まずにすみました。

私をホストクラブに流そうとした人(おそらくヤクザ)は、人をお店に紹介することでお金が入るので、私の件に関しては失敗。お金が入らないのでご立腹だったようです。

それ以後も連絡があり、食事に行こうだとか誘いがありましたが、私は着信拒否をしました。

余談ですが、ああいう人達って、キャバクラとかホストクラブに人を流す為に、高校の卒業アルバムをほしがるんですよね。私も、知り合いに三萩野女子という女子高の卒業アルバムを持っている人がいないか。手にいれることが出来ないか、ということをさんざん聞かれました。

卒業アルバムは個人情報の塊ですからね。絶対に簡単に手放さないようにしてください。

お金持ちはカッコいい

話は少し戻りますが、それでも私は真面目すぎて校則の厳しい学校よりも、そういった裏社会的な環境のほうが肌に合っているんですよね。友人にも、育ちが悪い人間が多くいます。

しかし、それとは別に、高学歴、お金持ちという人たちにとても憧れを抱いている部分もあります。

ふとしたきっかけで、インターネット経由で知り合った人に北九州でもとても有名な美容整形外科の先生がいます。

今まで自殺未遂をした時など、様々な面でお世話になってきた人です。

私はその人に出会うまでお金持ちというものが大嫌いでした。私をイジメていたのが、産婦人科医の息子だったからです。

でも、その美容整形の先生はお金持ちだけれど、お金持ちというところをひけらかさずに、どこかヘタレなところがあって、いわゆる「愛されキャラ」なんですよね。

普段はお金のことをひけらかしたりしないのですが、私が自殺未遂をして帰ってきた後などは、私の友人の分まで一人あたり1万円以上はするであろうイタリアンを人数分、すべておごってくれました。

こういったお金の使い方をポンッと出来るのもお金持ちならではですよね。

やっぱり、お金持ちってかっこいいな。

貧すれば鈍する。

お金に余裕が無いと心にも余裕を持つことが出来ませんからね。

私は貧乏人ですが、成人式の時に兄に買ってもらったバーバリーのスーツを着て、お金持ちのパーティーに侵入して、お金持ちのしぐさ、行動などを観察しています。

そういった人達と話しが出来るように、マナー本も沢山買い込んで、最低限のマナーも勉強しました。そういった教育とは無縁の世界で生きてきたので、自分で勉強するしかないですからね。

そういった努力が実ったからなのか、私を貧乏人として差別するのではなく、平等に先生の友人の皆さんは私に対して接してくれます。私が障害者だから同情している部分もあるのかもしれませんが。

でも、私はやっぱり育ちの悪い世界のほうがずっと居心地が良いと思って生きてきましたが、先生に出会って、やっぱりお金持ちの世界に身を置くほうが心地いいな、と感じるようになりました。

それが今、私が重度障害者でありながら経済的自立を頑張っている原動力になっています。

最後に

・昔は育ちの悪い連中の中にいたほうが居心地がよかった

・今は育ちの良い人たちの中にいるほうが居心地が良い

・でも、どんなヤンキーでも高学歴でも、友達なことには変わりない

・私は様々な人種と交流を深めたい

このような考えをもって私は生活をしています。

きっと私はスラム街のような地域で育っていたら確実にグレていたでしょう。母子家庭で家庭環境も荒れていましたしね。

でも、人との出会いが私を良い方向に導いてくれています。

そういった面では、障害者にならないと出会わなかった人たちも多いので、障害に感謝しなければいけませんね。

したくねえけどな!!(笑)

人は育つ環境によって、良い方向にも悪い方向にも進みます。

今、子育てを頑張っている皆さん。

子供に勉強をさせることも大切ですが、生活しやすい環境というものを整えてあげてください。勉強ばかり厳しくさせていると、私を裏切った友人のように、育ちは良いのにヤクザになるような人間も現れるので。

人間の人格は、「全て出逢いによって決まる」。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です