教師に反抗しまくっていたら、担任がブチギレて首を絞められ殺されそうになったんだが

首

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/75294461@N00/143552974

photo by carloscappaticci

ども~ん! 好感度低いブロガーだいちゃん(∀)です。

中学生の時の話なのですが、私は教師の言うことを聞かず、タバコを吸ったり万引きをしたり、そういった犯罪的なことは一切しない人間だったのですが、かなり教師から問題児扱いされていました。

よくキレる(怒る的な意味で)ということでも有名だった為、よく教師や同級生と喧嘩をしていました。

殴り合いの喧嘩なんかも結構していましたね。(弱かったのにw)

私の担任の教師は、今でも伝説として語られるくらいに問題のある教師でした。

生徒のことを「コンニャク野郎!」と呼んだり、「口から生まれたベラ子」と、変なあだ名を付けて名前で呼ばず、保護者会などで度々問題にされていました。

すぐに生徒に暴力を振るうことでも有名でしたね。そういったことも問題にされていました。今だと体罰としてそれ相応の処分をくだされるところですが、昔は今ほど体罰に敏感ではなかったので、体罰とまでは認定されていませんでした。

私は問題のある性格でありながらも、中学二年生までは友人もいて、陸上も楽しんでいて、学校が楽しくてしかたがありませんでした。(毎日遅刻して学校に行っていたけどw)

しかし、中学3年次、片親である母の仕事がなくなり、母が病気になり、そして私はたまたまクラス内の何人かと喧嘩をしてしまい、クラス内で孤立したこともあり、不登校児になりました。

スポンサーリンク


担任の教師とつかみ合いの喧嘩になった

はちゃ

(こんな感じの見た目です。)

ある日、クラスメイトがその担任の教師にイチャモンをつけられていました。

掃除をしっかりとやっていない、ということを言われていたのですが、私はそのクラスメイトが掃除をしっかりとやっていたのを見ていたので、抗議しました。

私「そいつ、ちゃんと掃除をしていましたよ。俺、見ていましたもん。なんで見てもいないのに文句を言うんですか? あなたっていつも身勝手ですよね。だから髪の毛にも嫌われてそんなハゲちゃびんになってしまっているのですよ。そりゃ、あんたみたいな自分勝手・身勝手な人間は髪の毛から嫌われても仕方がないですね。まぁ、もっとも髪の毛だけでなく生徒からも嫌われていますけれど。もっと生徒のことを大切にしたらどうですか?」

すると、その教師は激昂して私にこのようなことを言ってきました。

教師「教師に反抗するとは何事じゃこのコンニャク野郎が!! 生徒が教師に歯向かわんでいいんじゃボケ!! 生徒は大人しく教師の言うことに従っておけばいいんじゃよ!! だいたい、”俺”と教師の前で言うとは何事じゃ!!(そこ突っ込むところ??) 教師に対して礼儀も知らんのかこのクズ生徒が!!」

しかし、私は冷静にこう返しました、

私「そもそも間違っている教師の言うことを聞かなければいけないなんていう法律は存在しませんよ。間違っている人間に間違っていると言えない。そんな世の中になってしまう方が危険な世の中であり、権力の暴走というものを抑制出来ないような世の中になってしまいます。そういったことは、民間のちょっとした今のような問題から政治的な問題にまで発展します。そこまで考えて教職というものをこなしていますか? 考えていませんよね。だから度々、保護者会などで問題にされているんですよ。あなた、教師辞めたら?

問題児でしたが、本をよく読んでいてませていたので、こういった頭の悪い大人くらいなら言い負かすことが出来るくらい弁が立つ子供でした私。

そういったところが可愛げがなく、火に油を注いだのでしょう。その教師はなんと、

私の首を力いっぱい締めてきました。

たぶん、そのままだったら本当に死んでいたかもしれません。でも、私はとっさの判断で、手をグーにして首の間に挟み込み、首が絞まることを防いでいました。

そのまま、私は2階の教室から1階の職員室まで首を締められたまま引き引きずり下ろされました。

すると、さすがに若手の教師がそれは問題になるから辞めてください、と止めに入ってくれて、私は首が締まらずに済んだのです。

そして、私とそのハゲ教師の間に若手の教師が入って、話し合いになりました。

さすがに若手の教師はベテランであるハゲ教師に文句を言うことは出来ないので、暴力はよくありませんでしたよね、という話になり、私の言葉遣いも悪かったよね、と無難に話を終わらせてくれました。

しかし私は納得がいっていなかったので、職員室からの去り際に、

私「そんなんだから奥さんに離婚されるんだよバーカ!!!」

と言ってその場を去りました。

そして、そういった事件も拍車をかけて、私はまた不登校児になりました。

最後に

私が不登校になっている時、一度も私の家にその教師は顔を出すことはありませんでした。

本当か嘘かは分かりませんが、風の噂で、なにか痴漢的な性犯罪を犯して警察に掴またという話を聞きました。それが本当なら(本当じゃなくても)教師のクズですね。

私はそれ以来、教師というものが嫌いになりました。

ちなみに私の通っていた中学校は地元で一番頭の良い中学校だったので、真面目な生徒の多い学校でした。そんな中に私のような半分DQNな生徒がいた為、私は目立ってしまったというところはあるでしょうね。

勿論、私の性格にも問題はあります。育ちが悪いので。すみませんね育ちが悪くて。

(でも、成績は悪くなかったんだよ。勉強好きだったし。)

まぁ、今言えることは当時、首が締まって死ななくてよかったよね、ということですね。

今日はこんな感じで締めたいと思います。

それでは、あでゅ~!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

uwasanoaitsu

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサーリンク

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • なかなか凶悪なクズ教師でしたねw^^;
    わしも結構な頻度でカス教師に会ってきたので気持ちはわかります。
    ホント最悪な教師は害悪以外の何者でもありませんσ^_^;

  • >>id:Doraneko1986さん
    今でも同級生の間で話題に出るくらい伝説の教師ですからね(悪い意味で 笑)ほんと、こういった教師は絶滅してほしいですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です