オムライスにグリーンピースはいるのか、いらないのか問題

グリーンピース

スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/14341815@N00/8349544093

photo by Sprogz

「ゴミ捨てておいて」と私が言うと、うちの母は私を捨てようとします。

どうも、だいちゃん(∀)です。

オムライスの中にグリーンピースが入っている時と、入っていない時があるじゃないですか。

私は正直に行ってグリーンピースが嫌いです。いや、大嫌いです。

あの口の中で皮がモサモサした感じがとても嫌でたまらないのですよ。なので、

「グリーンピースはオムライスにはいらない派」

です。

でも、ふと思ったのです。

グリーンピースが入っているオムライスが出てくることがあるということは、ある一定の需要があるから入っているのか? と。

スポンサードリンク

 何で赤に緑が必要なの?

あれって、ケチャップライスが赤いから、色合い的に緑色も必要だよね~! じゃあ、グリーンピースでも入れておこうか! みたいな感じで入っているんですよね? そうですよね?

だったら別に緑色の野菜であればグリーンピースでなくてもよくないですか?

おっと待った! ピーマンはよしておくれよお嬢さん。だいちゃんはピーマンも食べれないんですよ。(食事制限とかではなく、好き嫌い的に。)

ほうれん草とかどうよ? なんとなくトマトに合いそうじゃないですか?

と、そういうわけのわからない議論は置いておいて、なんで赤色には緑色が必要なんですかね? 色合いとかに疎い私。

別に赤色(ケチャップライス)と黄色(卵)だけでも十分な気がするのですよ。そこにわざわざ緑色を足す理由が分からない。

しかし、百歩譲って緑色は必要だとしよう。でも、その役がなんでグリーンピースなの? 謎は深まるばかりだ。

誰か教えてくれよ。この迷宮入りした事件の真犯人をよ!

最初にグリーンピースをオムライスの中に入れたのはどこのどいつだ!! 名を名乗れ!!

答えが無いオムライス・グリーンピース問題

元々はまかない料理の一種だったらしいオムライス。

「オムライス発祥の店」を自称する店は多数あるが、東京銀座の「煉瓦亭」もしくは大阪心斎橋の「北極星」が有名である。

「煉瓦亭のオムライス」は、1900年(明治33年)に溶き卵に白飯やピーマン、マッシュルームの具を混ぜて焼いた賄い料理として作られた。忙しい厨房でも片手で食べられるように考案されたものである[1][2]。時期は不明ではあるが、これを客が食べたいと所望したため、「ライスオムレツ」として供されるようになった。

出典 オムライス – Wikipedia

このような情報はインターネットで検索すれば出てくるけれど、何故グリーンピースがオムライスに入っているのか、という明確な答えはインターネット上にはどう探しても載っていない。

・彩(いろどり)的に

・食感的に

こんな答えばかりじゃないか。嫌になるぜ全く。

そもそも、食感はまだ理解出来ます。しかし、彩? 卵に包まれているのに彩とか関係あんの? 見えてないのに?

と私は思うのですよ。

そもそもグリーンピースは美味しくない。マズイ。

なのに、食感や彩といった体裁を見繕う為に入れる必要があるのか?

大事なのはそんなことよりもやはり、「味」じゃないのか?

味が一番大切なはずなのですよ。なのに、日本で生まれた料理だからでしょうか。日本人は体裁や世間体を大切にしますからね。

料理人の意地とかプライドとかそういったものが詰まったもの。それが「オムライス」であり「グリーンピース」なのではないでしょうか?

そもそも、イタリアンとかフレンチとか、対して美味しくないものも多いですよね。あれって目で見て楽しむ、的なことをよく言われますけれど、味はそこまで美味しくない。量が少ない。でも、見た目は綺麗。

同じようなことがオムライスの中のグリーンピースにも言えると思うのです。

そうだ、こうやって疑問を文章にしていくことで自分の中での答えがだんだんと見えてきたぞ。

酢豚の中のパイナップルしかり。

オムライスの中のグリーンピースしかり。

あれはただ単に、料理人の「意地」と「プライド」の結晶なのだ! 特に必要の無いものなのだ!

グリーンピースの栄養素

とりあえず、一通り自分の中で答えが見えてきたので、グリーンピースの栄養素でも調べてみようと思います。

成分としては、タンパク質、ビタミンA(α・βカロテン)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、亜鉛、モリブデン、食物繊維などを含みます。

グリーンピースは、タンパク質、糖質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含みます。糖質が多いのでカロリーはやや高めですが、ビタミンB1の含有量は野菜類の中ではトップクラスです。ビタミンB1は糖からエネルギーを得るために不可欠なビタミンなので、B1が不足すると神経や脳への影響(食欲不振、肩こり、めまい、動悸、下肢のしびれ、イライラ)や、疲れやすくなるなどの症状が現れます。グリーンピースの豊富なビタミンB1はこれらの症状の予防改善に役立ちます。また、ビタミンB1はアルコール分解の際に多く消費されるので、お酒のおつまみにもグリンピースは適しているといえます。さらに、ビタミンCも100gあたり19mgと比較的多く含まれています。

食物繊維の総量は7.7gと豊富で、そのうち不溶性食物繊維が約90%を占めます。不溶性食物繊維は大腸で水分を吸収して便のかさを増やし、腸壁を刺激して蠕動運動を促すので、便秘の予防改善につながります。また、便が腸内の有害物質を外へ追い出す働きが水溶性食物繊維より強いので、大腸がんの予防に有効です。

出典 グリーンピースの栄養と効果効能

え……? こうやって見てみると、なんかグリーンピースって実はめっちゃ凄い奴なんじゃない……?

めっちゃ栄養素も食物繊維も含んでいて、大腸がん予防にも有効……だと?

そうか、料理人達は自分達の「意地」や「プライド」だけでグリーンピースを入れていたわけではないのかもしれない。

栄養価がめちゃくちゃ高いのにあまり好かれないこのグリーンピースとかいう野菜に、どうにか活躍の場を与えて活躍させ、影で私たちの大腸ガンを予防してくれていた。

そういうことだったのだ!

すげえぜ昔の料理人!

すげえぜグリーンピース!

http://www.flickr.com/photos/41711515@N00/3700545278

photo by Redfishingboat (Mick O)

最後に

でもやっぱりグリーンピースが嫌い。

だってマズイもん。

ほうれん草だって十分に栄養価高いし、ほうれん草でよくね?

ポパイだってほうれん草で強くなるんだし。

誰か、オムライスにグリーンピースは絶対に必要!! って思っている人がいたら教えて下さい。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です