熊本地震に関するメディアや政治家への批判は必要です

地震

スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/47446020@N00/4395863605

photo by /pitzyper!

トレーディングカードゲームをしすぎて帰宅すると目がグルグル回りだしました。何事もやりすぎ注意です。

どうも、だいちゃん(∀)です。

熊本地震など災害時には必ずといっていいほどマスコミや政治家への批判が起きます。

enter101.hatenablog.com

この方のように批判ばかりが拡散されて必要な情報が拡散されないから批判はしないほうがいい、という主張のようです。

この意見に関して私は共感出来る部分と、出来ない部分があったのでそういったことを書いていこうと思います。

スポンサードリンク

 熊本地震に関する批判

さて、熊本地震に関するマスコミや政治家への批判はしないほうがいいのか、と言われれば私はしたほうがいいという考えです。

何故かというと、そういった批判も権力の濫用を防ぐ役割を担っているからです。

言論の自由を封殺してしまっては、権力が暴走してしまう恐れがある。言わずもながら政治家もマスメディアも膨大な権力を持った組織・人間です。

そういった人たちの権力が暴走しないようにするのも国民の役目であり、それが例えただ単に八つ当たりやストレス発散の為に行われているようなものだとしても、それは必要悪だと私は思っています。

そんな私も先日、ミヤネ屋というニュース番組について批判記事を書いたばかりです。

報道番組「ミヤネ屋」で熊本県民テレビ局の上野聡行アナウンサーが、被災地の雨宿りしていた子供を追い出し!

こういう記事を書いたあとで今のような記事を書くと、

「自己正当化だ!!」

という批判を受けるわけですが、そういった批判を覚悟で続きを書いていきます。

そもそも批判をするな、というのは一種の言論統制にあたるわけで、それこそが権力を暴走させる原因になりうる。

ちゃんとした対応を行わなくても国民から何も批判が起きないと分かれば、マスコミは必要な情報を報道しなくなる可能性があるし、政治家の対応も雑になる可能性がある。

ただ一方で、「批判」というものは通常の情報よりも拡散力が凄すぎて、被災地に必要な情報を阻害してしまっているという可能性も否定出来ない。

人は善の情報よりも悪の情報、ヘイト発言のほうを拾ってしまいやすいという性質もあるのかは分かりませんが、批判的な情報のほうが拡散力が強いのは事実。

だったら、我々はどうすれば良いのでしょうか? そういったことを考えていきたいと思います。

批判と情報提供を均等に

私は、批判をする人間は批判ばかりをするのではなく、情報提供も均等に行う必要があると考えています。

「均等」というのは、批判一回に対して情報提供一回、というわけではありません。先ほどから書いてきたように、批判の力のほうが強いからです。

批判の力を仮に、情報提供の力の2倍だと考えましょう。

すると、「均等」という意味は一回の批判に対して情報提供二回というのが正しい「均等」という意味になります。

実際、私は批判記事二回に対して情報提供記事を四回、情報提供と批判が半々に混じった記事を一回書いています。

別に回数を意識したわけではないのですが、少なくとも批判ばかりを行うのは違うよね、と思っていて情報提供記事を優先した結果こうなりました。

一方で、最初は情報提供記事だけを書こうと思っていたのですが、やはり一般市民からの批判の声もメディアや政治家に対してすることが必要。幸いにもこのブログは月に10万人以上もの人達が読んでくれている一種のメディアです。

メディアであるからには批判も勿論受ける覚悟です。

批判も覚悟の上で、やはり他のメディアや政治家が何かおかしなことをすれば批判を行わなければいけない、という一種のジャーナリズムのようなものも持ってブログを運営しています。(いつも炎上狙いをしているわけじゃないのよ。笑)

以上の理由から、私は批判が悪だとは思いません。

しかし、批判をするからにはそれ以上の情報提供が必要だとも考えています。

・批判ばかりをしてボランティアも募金もしない、というのはなんか違うよね。

・災害時に必要以上の買い占めなどを行うのを「必要な備蓄です。」とか言ったりするような、自分の身を守ることだけを考えるようなのもなんか違うよね。

やっぱり、こういう時こそ助け合いが必要です。

ただ、批判というのも一見、害に見えるようですが権力の暴走を抑え、そういった「助け合い」をする為の手助けをしていると私は考えています。

なので、

・批判

・情報提供(助け合い)

のバランスが大切だと思っています。どちらかが欠けてもダメなのです。

最後に

こんな偉そうなことを書いている私ですが、熊本大学の女子大生が可愛いからという理由だけで熊本大学生が行っていた募金活動に対して募金をしたようなゲスな人間です。

きっと熊本大学の男子学生が募金を募っていても募金をしなかったでしょう。

そんなゲスな人間ですが、批判をするような人間ですが、意外と被災地について、震災について考えているものなのですよ。

という感じに今日は締めたいと思います。

それでは、あでゅ~!

だいちゃん(∀)

動物だって防災が必要だにゃん!

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です