ランサーズはライターを幸せにはしなかった

ランサーズ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/38856921@N03/5916700555

photo by Gadgetmac // Nest Photo

身体の歪みは心の歪みだとよくインターネット上で叩かれます。

どうも、だいちゃん(∀)です!

インターネット上で仕事を探して仕事を受注出来る「クラウドソーシング」というシステムがあります。

有名な二大トップとして「クラウドワークス」と「ランサーズ」というサービスがあります。

この片方のクラウドワークスが現在、インターネット上では叩かれています。が、しかしランサーズだって相当酷いよ? なんで叩かれないの?

特に、ライティングの記事なんて「素人歓迎!」とか書いてめちゃくちゃ安く買い叩かれているの。もう、内職とかいうレベル未満。

そんなランサーズのライティングの仕事を紹介していきます!

スポンサーリンク


 ランサーズのライター記事の仕事の酷さ

クラウドソーシング

ランサーズに掲載されているライティングの記事の仕事を少し抜粋して画像にてご紹介します。

一番上の仕事を1文字あたりの値段を計算してみたら、約0.25円。人を舐めるのもいい加減にしろ!! って話ですよ。

こういうことを書くと、

・能力が無いからこのくらいの値段の仕事しか出来ないんでしょ?

とか言っちゃう人が出てきたり、実際にクラウドワークスのほうを養護している人間はそういったことを書いていましたね。

まぁ、能力のあるライターなら当然、こんな仕事なんて請け負わないですよ。でも、だからといってライター志望の人なんかが実績を作る為に仕方なくこういった仕事を請け負わなければいけない、という現実もあるわけですよ。

新人だから買い叩いてもいい、なんていう理論が通じる世の中っておかしくないですか?

そんなことをしていたら新人は育たないですよ。

そもそも、こういった仕事を頼む人間はライターを育てる気なんて更々無いのは100も承知。適当に安い値段で記事を買い叩いてアフィリエイト記事に使っているだけ。

そのくせ、

「簡単な記事作成のお仕事です!」

とか書いちゃっているくせに、

・大見出しと小見出しを付けろ

・見出しの文字は何文字にしろ

・画像をインターネット上から引っ張ってこい(著作権無視かよ!)

とか散々注文をつけてくるわけですよ。

たった100円の仕事をするのに2時間とかかかっちゃうわけ。それ以上の時間がかかることもある。だって、インターネットで調べながら書かないといけないですからね。

そのくせ、誰が書いても同じような文章になるような記事の仕事を依頼しておいて、

「コピペチェッカー」

みたいなツールを使って、何パーセント以上が引っかかったらその記事をボツにします、とか言って本当にボツにしちゃいます。

時給100円とかいうレベルじゃなくなります。時給0円です。労力を考えたら労力分マイナスです。

下手をすると専門的な知識が無いと書けないような仕事ですら激安な値段で募集をかけています。

クラウドソーシング

この真ん中の看護師さんについての記事なんかそうですね。実際に医療現場にいないと看護師さんについてなんてなかなか書けません。(奥さんや彼女が看護師、とかならまぁ書けなくはないですが。)

で、これさっきも書いたけれど、せっかく労力を使って書いてもボツにされちゃうんですよ。でも、絶対(証拠はないけれど)ボツにした記事をリライトして使ったりしてるよねって思います。

キャ~! もうなんなのこれ? なんでクラウドワークスばかり叩かれてランサーズは叩かれないの? ランサーズだってそうとう酷い仕事をいっぱい掲載しているのに!

クラウドソーシング

債務整理、自己破産、借金に関する記事とか、これはもう貧困者で仕方なくこういった仕事でもして小銭を稼がないとリアルに生活出来ないような人を買い叩いているよね。経験者じゃないと書けないからね。

ふざけんなランサーズ! ふざけんなランサーズ!!

地方ライターは安くても受けざるを得ない

地方にはロクな出版社がありません。ライティングの仕事もまともなものがありません。というかライティングの仕事自体が無い地方だってあります。私の住んでいる地域はそうですね。(逆に、あなたの宣伝になるのだから金払え! って言われたことがありますよ……。)

だからランサーズとかクラウドワークスなどは地方ライターにとっては、東京などの都心部のライターと同じ土俵で戦える場所が出来た! と、出来た当初は喜んでいたわけです。

しかし、ランサーズなどのクラウドソーシングはライターを幸せにはしなかった。

それでも、地方ライターはいつか東京に出て仕事を得る為に、今はこういった安い仕事でも実績を作っておかなければいけない、と苦汁を飲みながら仕事を受けたりしているわけです。(私は受けませんけどね。)

幸いにも、私は時々ですがインターネットを通じて東京のメディアから仕事の依頼が来たりします。でも、ほとんどの地方ライターはそんなことは起きないんですよね。

それに、やっぱり地方に住んでいて顔も見たことない人間にはなかなか東京のメディア関係者や出版社も仕事を依頼しにくい。よって、ライターとしての仕事は安定しないんですよね。なので私は副業ライターをずっと続けているわけです。

もっとさ、地方に住んでいても在宅でもちゃんと収入を得られる、せめて月に5万円くらいは定期的に収入を得られる(時給換算しても、最低賃金くらいは稼げる)仕組みを作らないとダメでしょ!!

やっぱブログ最強

結局、こういう風に安く買い叩かれた記事はブログアフィリエイトなどの運営に使われるんですよ。だったら自分で運営したほうが早いですよね。

ブログなんて今は無料ブログが簡単に作れます。別にhtmlやcssの知識がなくても作れちゃいます。(あったほうが便利ですし、マネタイズもしやすいですけど。)

こんな安く買い叩かれるなら、その記事をちょっとずつストックしていってグーグルアドセンスなんかのインターネット広告を貼ったほうがお金になります。間違いないです。

ちなみに余談ですが、私の知っている仕事(実際に請け負った人を知っている)で、条件が、

・2000文字以上

・月に100記事がノルマ

・ギャラは1記事900円

というものがありました。さっき画像で掲載したものよりはギャラはいいのですが、月に100記事がノルマって、鬼か!!

そこまで長文の文章を大量に書く事が出来るのなら絶対に自分でブログを開設したほうがお金になります。間違いない!!

最後に

なんかクラウドワークスばかり叩かれているけれど、ランサーズだってこんなに酷い状態なんだよということが伝えたかったのです。

そして、やっぱりライターはクラウドソーシングに期待するべきではなかった。本気の人は東京に出て、出版社やメディア関係者に地道に営業をかけたほうが専業ライターにはなれるでしょう。

昔から在宅ライターって買い叩かれすぎなんですよ。

文章って無限に書けると思っている人多いですよね? 文章は無限には湧き出てきません。本を読んだりして、普段からインプットを怠らないようにしないとネタ切れを起こします。そして、欝になります。(文章に行き詰まって本当に欝になったことのある人間がここにいます。)

・安く買い叩きマース

・こき使いマース

・そして殺しマース

お前はペリーか!!

ペリー

ライターという職業の人間にちゃんと仕事を割り振る為に、適正な値段で仕事を割り振るために開国しないといけないのはお前らのほうだ!!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

uwasanoaitsu

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサーリンク

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です