誰もお前の意見とか期待してないから俺の話を聞け!!

スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/18844496@N00/302930614

photo by ItzaFineDay

アイスもなかはチョコが入っている奴より入っていない方が好きです。どうでもいいですね!

どうも、だいちゃん(∀)です。

例えば、自分の友人が自殺してしまったとします。

私は決して自殺肯定派ではないのですが、自分自身が自殺未遂の経験があるので思うのですが、

「死ぬ勇気があれば何でも出来るから、自殺は良くない」

とか言われると、自分の友人を否定されたような気持ちになるんですよね。私自身、このような言葉をかけられたら自分を否定されたような気持ちになります。

自分の友人が自殺してしまった場合、そんな精神状態の時に一般論は聞きたく無いんですよね。自分も友人を失って傷ついているから、かまってちゃんと思われるかもしれないけれど、自分の心の心配をして欲しいと思うものなのです。

そこで、

「やっぱり自殺は良くないよ。」

と言われると、お前に死んだあいつの気持ちの何が分かるんだ!! という気持ちになるわけですよ。でも、所詮は他人ごとだから、共通の友人の話ならまだしも、相談相手が自殺した人間のことを知らない場合、こういった”他人事”の意見を言ってしまうんですよね。

 そもそも、あんたの意見なんか期待していない

友人が自殺をした、などの自分の精神状態が落ち込んでいる時に、人の意見など聞いている余裕は無いのですよ。ただ、自分の話を聞いて欲しいだけ。うんうん、と(聞き流しではなく)相槌を打って共感して欲しいだけ。にも関わらず、世の中には「相手のため」と思って説教をしてしまう人が結構な割合でいる。

こういう人達も悪気があるわけではないのは分かります。しかし、これは知識の問題ですよね。そういったカウンセリング的な知識が無い為に、相手の意見を否定してしまったり、相手の話ではなく自分の話にいつの間にかすり替わっている。説教のようなものに変わってしまっている。

それだと、話を聞いて欲しいという人の心は軽くならないですよ。

こういう人達っていわゆる、「聞き下手」なんですよね。

確かに、人間は完璧ではありません。世の中には聞き下手な人も聞き上手な人もいるでしょう。しかし、自分が話を聞いてもらいたい時の立場に立って相手のことを一度考えてもらいたいのです。すると、おのずとどういう対応をとるべきなのか答えが見つかると思うのですよ。

実際、私の友人でこのような状況になり、しかし相手が説教のようなものをしてきた為、相談したにも関わらずダメージが何倍にもなって返ってきた、という経験をした子がいます。

私自身も人に相談をした時に、相談相手を間違ってしまったが為に、心のダメージが何倍にもなって帰ってきて、

「相談しなければよかった」

となったことが人生の中で何度もあります。

何度も言いますが、別にあんたの意見なんか求めて無いんですよ。期待していないんですよ。人の意見は所詮人の意見。自分に当てはまることはまずないですからね。答えは自分で見つけなければいけないと思っています。ただ、ひと時の心の安らぎが欲しくて、愚痴を聞いて貰いたくて相談をしているのです。

「相談」というものは意見を求めているわけではありません。ただ、話を聞いて貰いたいだけなのです。

それを勘違いして、説教をしてしまう人が、役に立たない意見を言ってしまう人がなんと多いことか。

あなたと私では同じような状況に見えるかもしれないけれど、細かいバックボーンが必ず違うもの。人間一人一人、バックボーンが違うから、人の意見というものは役に立たないのです。だから逆にいえば、人に意見を求める人も、参考にする分にはいいけれど、相手に答えを求めてはいけない、ということにもなります。

人の苦労を例に出すな!! お前が苦労したわけじゃねえだろ!!

例えば、自分の知り合いのなになにさんは重い病気を抱えていて、それでも頑張って生きている、だから自殺は良くない、という意見を、友人が自殺してしまった人間が聞いた場合どう思うでしょうか?

私なら、お前がその当事者じゃねえだろ!!

他人の例を出して、あたかも自分のことのように話すな!! その人は苦労を乗り越えていて確かに凄いかもしれないけれど、人間誰しもが同じように苦労した状況を乗り越えることが出来るわけじゃないんだよ!!

障害者が誰もが乙武洋匡には慣れないんだよ!!

なのに、頑張っている人の例を出したりする人がいる。でも今必要なのはそういうことじゃない。自分の話を聞いてもらいたいだけ。ただそれだけなのです。

人というものは解決策など提示されなくても、話を聞いてもらえるだけで心が楽になるもの。解決策だって自分で見つけることが意外と出来るもの。

それを、偉そうに意見するのは間違っていると断言出来るでしょう。

最後に

私の友人は自分の仲のよかった友人が自殺した時に、

「自殺は良くない」

と言われて、その自殺した友人を否定されて嫌な気持ちになったそうです。

確かに、一般論的には自殺は良いとは言えませんよね。しかし、今考えなければいけないことは自殺が良いとか良くないとかいう意見ではなく、とにかく目の前の困っている、悩んでいる人の話を聞いてあげることです。

この辺はカウンセリングの知識などが軽くでもいいので必要になってきますよね。

ただ、人間誰もがそういう知識を持ち合わせているわけではない。

だから、相談する相手というのは、よく選んで相談する必要があると思います。それは私が若い頃に誰にも構わず相談してきて痛い目にあってきた経験からも言えることです。

相談相手はしっかりと見定めて、「この人になら相談出来る」という相手にだけしか相談しないようにしたほうがいいでしょうね。

私からは以上です。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク