インターネットを使っての障害者支援を具体的に考えてみよう

インターネット

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/49842283@N04/9633423723

photo by Skley

ブラックのコーヒーとぶどうジュースを子供の頃に間違えて飲んで以来、コーヒーが飲めません。

どうも、だいちゃん(∀)です。

先日書いたこの記事、インターネットを使って障害者支援が出来ないものかについて、具体的に支援方法を箇条書きしてみようと思います。ただ、重度の知的障害者に関しては、インターネットを使うことすら困難なので、支援対象に含むことが出来ないのが残念です。

今回は、インターネットを最低限使える障害者に対する支援方法を考えてみます。

スポンサーリンク


 【1】html css ホームページを作る為の言語支援

まず、プログラミングをいきなり始めるのは敷居が高い。そして障害者支援の事業所はホームページ制作や名刺制作を行っている会社が多い。よって、ホームページを作る為のマークアップ言語であるhtml cssを障害者に取得してもらう為の支援などが必要だと私は思っています。

htmlはともかく、cssは結構難しいです。そして、奥が深いです。なので取得までには時間がかかりますが、覚えていると、必ずなにかしらの役にたちます。自分のホームページを制作したり、ブログを運営する上でカスタマイズなどにこういった言語を使うので、覚えることは必須だといっても過言ではないかと思います。

【2】プログラミング言語の支援

html cssなどのマークアップ言語が使えるようになったら、phpやjavascriptなどの
WEBと相性の良い言語を覚えてもらう為の支援を行うと良いと思っています。

確かに、急に覚えることのハードルが上がるのですが、使えるようになればホームページみたいに最近では儲からないものを作るだけではなく、WEBサービスを作って自分で運営したりアフィリエイト(広告収入)でお金を稼いで自分の食い扶持を作る、といったことも可能になるからです。

データベースなんかも使えると尚良いです。

ただ、どんなことにも言えることですが、支援まかせにしていては、一生覚えることは出来ないでしょう。「自分でも勉強する」といった姿勢が大切です。

【3】デザインソフトの使い方の支援

デザインソフトの2大巨塔にadobe社のフォトショップやイラストレーターというソフトがあります。これらのソフトが使えればホームページ関連のデザインも出来ますし、業務システムのデザインなんかも出来るようになります。勿論、(最近では儲からないけれど)名刺作りやポスター作りを行うことも出来ます。

ホームページを作るのに、コーディング(html cssを使ってデザインすること)は出来るけれど、デザインソフトを使うことは苦手。使えるけれどデザイン能力が無い、という人も結構多いです。

ある程度大きな会社になると、

・デザイナー

・コーダー

・プログラマー

など、役割分担で仕事の内容が分かれています。なので、デザインが出来るというだけでも仕事はあります。(昔よりだいぶ激減しているので、せめてhtml cssなどのWEB言語も使えることが必須になっていますが。)上記2つと合わせて使えるようになっておくと便利でしょう。

【4】SEO対策の支援

ホームページやWEBサービスを作ってもアクセスがないと話になりません。

そこで、アクセスを集める為に必要なのがSEO対策です。グーグルなどの検索エンジンからどれだけアクセスを集めることが出来るか、という手法になります。

SEO対策は常に変化しているので勉強もなかなか難しいです。最新の情報は書籍よりもネットの方が早い、という特徴もあります。でも、インターネットで飯を食いたい、生活の足しになるくらいのお金を稼ぎたい、と考えているのならば、このくらいの勉強は必要です。逆に、出来ないのであれば諦めたほうがいいです。

簡単にお金を稼げる方法なんて無いのですから。でも、だからこそ支援が必要だと私は考えています。

【5】ブログの運営方法

上記に書いてきた方法が苦手ならば、文章力を鍛えましょう。文章力さえあれば、ブログ運営が可能になります。ブログは簡単ではないにしろ、お金を稼ぐことが出来る新しいインターネット世界のテクノロジーだと私は思っています。

私のようなボンクラ低学歴がお金を稼ぐことが出来ているので、多少文章力がある方ならきっとやり方さえ間違えなければお金を稼ぐことは可能でしょう。

需要があれば、大したブログではありませんが、ブログの運営方法、アフィリエイトのやり方などブログの記事として今度、まとめてみようとい思います。正直、ブログでお金を稼ぐのが(最初はものすごく大変ですが)インターネットを使ってお金を稼ぐことの敷居が一番低いと考えています。

最後に

正直、健常者は自分でインターネットを使ってお金を稼ぐ方法を考えてください、と思っています。私は普通の仕事に就くことが出来ない障害者に、少しでもインターネットを使えばお金を稼ぐことが出来る。怪しいことをしなくても。

そういうことを伝えたいのです。

だから、変な有料セミナーなどを開かずに、ボランティアでそういった支援を行えないか考えているのです。でも、私が出来ることといえば、主にブログ運営の方法を伝えることですね。

その為には、もっともっと自分のブログのアクセス数も稼げるようにならないといけませんね。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

uwasanoaitsu

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサーリンク

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です