『一度言われたことは二度と聞くな!!』とか言っちゃう上司がムカつく

スポンサードリンク

仕事

金魚ってデカくなったら食べることが出来そうだよね。骨多いみたいだけど。

どうも、だいちゃん(∀)です。

「一度言われたことは二度と聞くな!!」

「一回で覚えろ!!」

とか言っちゃいう上司っていますよね。

確かに出世しているし、この人は一度言われたら覚えちゃうような人なのかもしれません。でも、一般的な人は一度言われたくらいで覚えることは出来ません。

だったらメモを取れ!! ってことを言いたいのでしょうけれど、メモを取っていたって、

「あれ、これどういう意味だっけ?」

って自分のメモを見てなっちゃうこともあるわけですよ。だから、私は一度言われただけで覚えることが出来たりしてしまう人は何かしら脳に異状があるんじゃないの? と思っているわけです。本人が気が付いていないだけで。弁護士とか医者には多いって言われていますよね。そんな感じです。

スポンサードリンク

人は一度言われたくらいで覚えることは出来ない

普通の人は一度言われたくらいで覚えることは出来ません。メモをとっていてもそれは所詮メモ。仕事は実際にこなしてみないと、身体や頭を動かしてみないことには結果は分からないものです。

そうやって言われたことをやってみて試行錯誤して、それでも分からないことが出てきます。だから、

「こういうやり方で良かったですか?」

とか二度目のお伺いを立てるわけです。仕事を一生懸命にしようとしている証でもあるのです。でも、仕事の出来る頭の悪い上司は、

「一度言われたことは二度と聞くな!!」

「一回で覚えろ!!」

とか言っちゃうわけですよ。学生時代、勉強は復習が大切! って習わなかったんですかね。エビングハウスの忘却曲線ってのもあるように、人間、復習しないとその大半を忘れてしまう生き物なのです。

エビングハウスの忘却曲線

これ、勉強ならまだしも、仕事は同時並行で色々なことをしなければいけません。復習している余裕が無いこともあります。だから、一度言われたことでも再度の確認、勉強で言えば復習の為に上司に同じことを聞くことがあるのです。

でも、バカな上司は言っちゃうわけです。

「一度言われたことは二度と聞くな!!」

「一回で覚えろ!!」

こんなこと言われたら、そりゃ部下だってやる気を失くしますよ。お前はサバン症候群的な頭脳をしているのかもしれないけれど、こちとら頭脳は正常な、一般的な頭脳。一度言われたくらいで覚えられるなら学者にでもなってるわ!! その頭脳を活かしてね。こんな会社にはいねえわ!! って思っちゃう人が多いと思うのですよ。

いや、以外に自分も一回言われたくらいじゃ覚えられないくせにこういったことを言っているパターンも考えられます。自分が部下だった時代にこういう風に言われてきたから、自分も言っちゃう。というかただのストレスのはけ口、八つ当たりになっている可能性大です。こまった上司ですね全く。

「やる気が無いなら帰れ!!」

とか言う言葉にしてもそうですよね。なんかインターネット上でこの言葉が話題になってニュースにまでなっているようですが。

私ならこんなこと言われたら言ってやりますよ。

「はーい! あなたの一言でやる気が無くなったので帰りまーす!」

そして、そんな会社には二度と出社しませんね。

ワザとにキツイことを言うのは期待しているから?

「言われるうちが華」

なんて言葉があります。私の大嫌いな言葉です。期待しているからワザとにキツイことを言う? それでやる気を出して欲しいから? 時代錯誤なんだよダボ!!

最近の若者はちょっとキツイことを言われただけでやる気を無くす~、とか言う上司もいらっしゃるようですが、時代は常に移り変わっているのです。最近の若者は~、とかいう言葉を使う時点であなたは時代に取り残されているただの老害だということに気がついて下さい。

ただ、そんな風にキツイことを言われたってやる気を出すどころか、やる気を無くすのは昔からだったと思いますよ。こういうことを言う上司は感受性が低く鈍感だから、自分がキツイことを言ったことでやる気を出してくれた! と勘違いしちゃうわけです。勘違いすんなよクソが。

やる気を出しているのは、あなたの言葉のおかげではなく、本人が頑張ったから。自分自身の力で。別にあなたの言葉などきっかけにすらなっていない。本人は最初から頑張るつもりだったのです。それなのに、横からそうやってチャチャを入れられることでやる気を出す時間が逆に遅れてしまったのですよ。あなたが余計なことを言わなければ普通にやる気を出して仕事をしていたんですよ。

こういう、「期待しているから敢えてキツイことを言う」理論、本当に勘弁して欲しいものですね。

最後に

こういうことを言う上司は部下のことなどこれっぽっちも考えていないのです。ただ単に自分が仕事のストレスなどを抱えていて八つ当たりをしてしまっているに過ぎないのです。

「お前の為に敢えて言っているだ」

な~んて思っているのなら、余計なお世話なので何も言わないで下さい。黙っていて下さい。

あなたに言われなくても仕事をちゃんとする人間はちゃんとするし、やらない人間はやらない。叱るなら、仕事を真面目にやらない人間だけにして欲しいものです。仕事を真面目にやっているのに、二回同じことを聞いただけで、やる気が無いとか、気合が足りないとか言っちゃう上司について行きたくありません。

ワタミを見てくださいよ。時代錯誤な体育会系的なやり方(中身はブラックなだけ)を続けていたせいで業績は悪化し続けているではありませんか。

あなたの一言が部下のやる気を失くし、その結果、会社の経営状態を傾けます!

以上!!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク


【電子書籍】1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話


だいちゃん(∀)の処女作が電子書籍として出版されました!

専用無料アプリ(kindleアプリ)を入れればスマートフォンやPCで閲覧可能な書籍です!

amazonで購入可能! amazonプライム会員やkindle unlimited会員は無料で読むことも可能!

1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入にあたっての注意事項やサンプルはこちらから



おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です