家庭教師『「母子家庭」「家が賃貸のアパート」「発達障害児」は地雷確定』

家庭教師

スポンサーリンク

家庭教師

私はフリーの家庭教師を2年前くらいまでやっておりました。今までに何十組もの家庭をみてきました。様々な問題を抱えた家庭を。そういった立場から今回このツイートについて私なりの見解を答えていこうと思います。

家庭教師に馴染みのない方は、お金持ちが自分の子供につけるものだと思っている方もいるかもしれません。しかし、私が仕事をしていた時に多かったのはお金持ちよりも不登校児だったり、発達障害児だったり、何かしら抱えている子供の親御さんからの依頼でした。決して、お金持ちだけが家庭教師を頼むわけではありません。

そういう前置きをしておいて、「母子家庭」「家が賃貸のアパート」「発達障害持ち」について答えていきます。

スポンサーリンク


【1】母子家庭

母子家庭の子供は荒れる傾向にあるようで、普通の塾が続かなかったり、何かしらの問題行動のあるお子さんが多いのは事実です。(勿論、普通に勉強の出来る真面目な子供もいます。)そういった家庭がなけなしのお金をはたいて子供の為に家庭教師を頼みます。

まず、「地雷が多いか」という答えですが、私にとってはNOです。

母親だけだと「男」という抑止力が無い為、クレーマーなど多そうですが意外とそんなことはなく、むしろ他に頼る相手がいないから藁をもすがる思いで家庭教師を頼んでいます。なのでクレームを言われるどころか、低姿勢な親御さんが多かったです。

お金持ちの家などは高級なお菓子などを家庭教師に出そうとします。(基本的に私はそういったことはお断りしています。)母子家庭の親御さんもそういったことを知っているのか、イメージでそうなのか分かりませんがお菓子を出そうとします。しかし、高級なお菓子ではなく一般的なお菓子です。そういったところを失礼だと思うのか、

「大したものを出せなくて本当にすみません。」

と、とても低姿勢に謝罪してくるのです。

母子家庭は貧乏な家が多いので高級なお菓子など出せなくて当たり前。そんなことはこちらも当然、把握しています。そんなものを求めるのは学生などに多い「ダメ家庭教師」でしょう。

家庭教師といっても所詮は一般人ですから。特別な対応など求めていません。普通に対応してくれて、月謝をちゃんと払ってもらえれば文句ありませんから。

どうしても片親だと子供を独りにさせる時間が多くなります。勉強する環境も整えにくいです。そして、こういった家庭で塾ではなく家庭教師を選ぶ場合、子供が学校に馴染めていなかったり、何かしらの問題を抱えていて塾に通うことが出来ないのは事実です。

そういった子を、子供嫌いな方は地雷だと思うのかもしれませんね。

あとは、最近では携帯依存などは、どうしても母子家庭の子供は独りで過ごすことが多いので多かったです。それは、両親の揃っている家でも、両親が共働きだったりすると携帯依存は多くなります。パソコンでのインターネット依存も同じです。

ちなみに私が母子家庭で地雷だったと感じた例は、

「母親が恋人をコロコロ変えて、家に招き入れている家」

です。そういう家庭は当然、子供にとって悪影響です。家庭教師の頼む家庭の子供は大抵、中学生くらいが多いのですが、中学生といえばもう十分に自我が発達しています。そういった母親の姿を観たいはずがありません。

こういった家は子供が、というより母親が地雷です。実際、子供には好かれるけれど母親からのクレームは多かったです。

【2】賃貸のアパート

いやいや、貧乏人馬鹿にしてるのか(笑)って話ですが、これもまた貧乏な方が多い案件ですね。というより、賃貸のアパート住みな時点で貧乏なわけですが。

これ、1番の「母子家庭」と重複する部分があって、賃貸のアパート住みは圧倒的に母子家庭など、「片親」が多いです。

貧乏な家庭の子はどうしても勉強する環境を整えることが出来ません。勉強をする体制も整っていないので教える前の時点では成績の悪い子が多いのは事実です。しかし、「学習障害」という生まれつき物覚えの悪い障害を抱えていない限り、一般的な子なら教えれば成績は伸びます。意外と、出来なかった子供の成績が上位になりだしたりして、

「ああ、この子は(勉強に関して)原石だったか。」

という面白い発見もありました。

確かに、賃貸のアパート住みな方はイケイケなヤンキー気質な方も多かったのですが、私自身が育ちがあまり良くないのでそういう人達は平気でした。別にヤンキー気質だからといって家庭教師に何でもかんでも文句を言ってくるわけではありませんからね。両親が揃っていても親がモンスターペアレント(ペアレンツ)な場合も多いですから。

そういったヤンキー気質な人間が苦手な育ちの良いお坊ちゃんお嬢ちゃんにとっては地雷と感じるかもしれませんね。

まぁ、家庭教師を頼む時点でどんな家でも、その家の子供は、学校に上手く馴染めないだとか、人間関係が苦手だとか何かしら抱えていると思ってください。何もなければ普通は塾に通いますから。

【3】発達障害持ち

私はアスペルガーもADHDも学習障害もディスレクシア(読字障害)も軽い知的障害も一通り発達障害を抱えた子供をみてきました。

ここで少し、今までの話をまとめると、家庭教師を頼む家はその時点で子供が、

・不登校児

・学校に馴染めていない

・人間関係が苦手

・発達障害など障害持ち

です。ほぼ間違いなくそうです。それ以外の例だと、塾にも通っていて、それでも親が納得の出来ないレベルしか成績が上がっていないからプラスして家庭教師を頼む、という場合です。(そういう子はそこそこ勉強が出来るのに、親が完璧主義者すぎて勉強を詰め込まれているケースが多いです。それ以外だと、親が子供の発達障害に気がついていない、など外的要因も何かしらあります。)

発達障害児はとても勉強をみることが大変です。学習障害や軽い知的障害を抱えていた場合には、勉強をさせること自体が虐待なのではないか? と自問自答することが多かったです。

発達障害を抱えていそう、もしくは明らかに抱えていると家庭教師側が察知してもなかなか親御さんに言い出すことは出来ません。

そういったものを受け入れろ、というほうが酷だとは思いますが、そういった疑いがあると家庭教師に言われた場合は、素直に心療内科などでそういった検査が出来る病院を見つけ、しっかりと検査をしたほうが本人の為にも親御さんの為にも良いでしょう。

どうしても、発達障害を抱えていると成果が出にくいので、家庭教師は文句を言われることが多いです。健常児だったらクレームを入れてこないような親御さんでも、クレーマー化するケースがあります。

そういった意味では地雷です。

最後に

私にとって地雷か地雷じゃないかという判断は、子供がどうとか、というより親御さんがどうか、という判断基準になります。子供が好きなので、どんな問題児でも可愛いものですよ。

子供嫌いな方や心の狭い方にとっては全てが地雷でしょうね。

ただ、どんな家庭にも共通して言えることがあります。ドタキャンをする家庭は100%地雷です!!

どんな理由があろうと、家庭教師だって生活がかかっています。子供の体調のこともあるでしょうが、せめて前日までに連絡をしていただきたいものです。ただ、あまりにも休むことが多いのであれば、それは家庭教師などつけている場合ではなく、病院にかかることが先決です。

家庭教師は基本的に時給制です。休まれれば休まれるほど給料が減ることになります。でも、そういった良く休む子供を生徒としてみている以上、その部分の枠を開けておかなければいけません。休まれるとその空けている部分が無駄な時間になるのですよ。

他にも、遠方だとガソリン代も車の維持費もかかります。生徒の為にプリントだって家で作っています。そういった全てのことを無駄にすることになるのです。

そういった家庭は間違いなく地雷ですよ、地雷。なるべくなら受けたくないものです。

余談ですが、冒頭で貼ったツイート主さんはコンサータと書いているので、ADHD持ちですね多分。(コンサータはADHDを緩和する薬です。)。

親が発達障害というケース、面倒っちゃ面倒ですね。これも地雷臭がしますね。でも基本的に親が発達障害を持っていようが子供が発達障害児だろうが、貧乏だろうが母子家庭だろうが、

・月謝をちゃんと支払う

・家庭教師にあまりクレームを入れない

・ドタキャンしない

という3点を守って頂ければ、地雷とは判断しません。

逆を言えば、授業中は携帯ばかり扱っている、居眠りをしているなど、子供の勉強をちゃんと見てくれなかったり、そもそも子供嫌いなのにお金の為に仕方なく家庭教師をやっているという、家庭教師側が地雷なケースもありますからね。

ただ、生活がかかっていたり、何かしらの義務感のようなものを持っている家庭教師はお客様を選べないし選びません。私に関してはどんな地雷であろうと立ち向かっていきましたね。その結果、私のような家庭教師を断るのか、受け入れるのかはその家庭次第です。

どんな仕事でも嫌なことはあるものです。地雷が嫌なら家庭教師をしなければいいだけの話でしょう。

「両親が揃っていて」「持ち家で」「健常児で」「金持ち」でも、親がモンスターなことも多いです。これらの条件が揃っていても地雷なものは地雷ですよ。この発言主は、家庭教師歴短いペーペーなのは確実です。このような家庭教師には仕事を頼まないようにしましょう。

私からは以上です。

おわりっ!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

uwasanoaitsu

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です