【ネトウヨどもちょっと出てこいや!!】『夫婦別姓』についてネトウヨが騒いでいて午後の紅茶吹いたwwwwww

夫婦別姓

スポンサードリンク

夫婦別姓

選択的夫婦別姓について、左翼活動家が訴訟を起こしていました。具体的には民法750条(夫婦の氏)の内容が憲法第24条に反しているという内容のものでした。

民法750条 夫婦の氏

夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する。

憲法第24条

1.婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
2.配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

結局、憲法第24条は合憲、つまり「夫婦別姓は認められない」という判決が出たのですが、インターネットのネット右翼(ネトウヨ)が判決以前から騒いでいました。個人的にはどちらの主張も理解出来る(夫婦別姓には賛成派です)が、ネトウヨの騒ぎ方が頭が悪い感情論でしか無いのがおかしくて、つい紅茶を吹いてしまいましたwwwwww

スポンサードリンク

 ネトウヨが騒いでいた内容

・名前一つで何なんだ 姓の部分が変わったからなんだと言うんだ そんなに変わりたくなければ生涯独身を通して孤独死しろ

・結婚する前に夫に「私の姓にして」と言えば済む事じゃん。

・その国の制度には必ずその国の歴史と文化と社会が背景にある。 そういった固有の特徴が受け入れられないのなら、その国に来るべきじゃないし、出て行くべき。

・名前なんてどっちでもいい。 ぱくとかチョンとか以外なら。

・日本で夫婦別姓を推進してるのは中国人と朝鮮人だけだからな 金と国籍目当てで日本人と結婚した中韓人にとって、 日本人名を名乗るのは屈辱なのよ

 結局、在日差別したいだけかよ!!

夫婦別姓についての不利益とかについて議論するならまだ分かるのですが、基本的に在日朝鮮人差別をしたいだけ、というのがもうネトウヨ丸出しですね。こういう風に思想が偏っている乗って、なんだかなぁトホホ、という感じがします。

他にも、このような意見が交わされていました。

・男は既得権を手放したくない それだけでしょ

・↑男の名字を名乗らなければならない なんて決まりはございませんが? 日本の制度を知らない君は何国人?

・↑民法作った学者はズル賢いキチガイだと思う どうせ男だろ

・↑おまえは女はキチガイと印象操作したい男だろ

・↑どっちにしても基地外はお前w

今度は性別による差別かwww

なんでネトウヨってこんな風に思想が偏っているのでしょうか。

夫婦別姓に反対派の意見

夫婦別姓に反対派の意見としては、このネット上の情報はあまり宛になりません。

・姓を別々にすることにより、家族の絆が薄れる可能性がある

・日本は昔から夫婦は同姓にしてきたのだから、その伝統は守るべきだ

ということがメインになっているようです。そのくらいのことで絆が薄れるような家族ならさっさと離婚してしまえばいいと思うのですがね。

夫婦別姓に賛成派の意見

夫婦別姓賛成している人の意見としては、

・役所の手続きや名刺の名義変更に手間や費用がかかる

・夫の姓にすることで支配されているような気持ちになる(上記にも書かれていますが、別に男性が姓を変えてもいいのですが現実問題、女性が姓を変えることのほうが圧倒的に日本では多いですよね。)

・自分の生まれた時からの名前で死にたい(これ、どうなんだw)

というような意見があります。手間や費用に関しては意外と合理的な考え方だと思います。

女性裁判官は総じて違憲判決を出した

裁判官15人のうち、10人が合憲(夫婦別姓はダメだ)としたことで今回の判決が出たわけですが、残り5人は違憲(夫婦別姓は問題ない、実施すべきだ)としたわけです。そのうち3人は女性裁判官だったらしいです。

女性はやはり、夫婦別姓にしたい、と考えている方が多いのでしょうね。反対しているのはやはり男性が多いようです。どうしても、古い考えというものは男性のほうが持ちやすい。頭が固いのでしょうね。ネトウヨに男性が多いのもうなずけます。

夫婦別姓を勝手に実施している夫婦

「ヨッセンス」というブログを運営しているブロガーのヨスさんは夫婦別姓を実施しています。勿論、戸籍上は出来ないので自分達で勝手にやっているという形ですが。

そのヨスさんが夫婦別姓を実施している理由はこのように書かれています。

法律上は「夫婦はどっちの苗字にしてもええよ」ってなっているのに、「女性」というだけで、 オートマティックに苗字を変えさせたがる社会の圧力が気持ち悪く 感じられるんです。

もっと言うと、現在は子どもの教育のために「夫婦別姓」をやっていると言ってもよいです。現実には男女平等な社会ではないですが、本当は男女平等なんだよと、教えたいんです。

つまり、子どもたちには 自分の性別だけが理由で、自分のやりたいことを押し殺したり、思考停止の状態で将来を決めてほしくない という思いが強烈にあります。

出典 夫婦別姓を実行してます! 家族がバラバラになるどころか…… | ヨッセンス

ネトウヨ達は男性が姓を変えればいいと発言していますが、今の日本は男女平等とうたっていてもまだまだ男性優位な社会です。どうしても、結婚すると男性の姓にせざるをえない圧力のようなものがあります。

そうではなく、本当の男女平等、というものをヨスさんは実現したいのでしょう。私もこの意見には賛成で、どうしても男性優位社会になっている現状に疑問を抱いでいます。だから、本当の意味で男女平等ならば、夫婦別姓がどうしても無理なのであれば男性側が姓を変える、という風習をもっと広げていくべきだと思っています。

余談ですが、私の姓は「山本」です。下の名前も大輔です。変えられるものなら両方変えたい……。ありきたりなんですもん……。このような名前になったのは、荒木大輔のせいだ!!

すみません、どうでもいいですね。

夫婦別姓は認められなかったが

今まで、女性は離婚してから180日(半年)は再婚出来ないと法律で規定されていたのですが(民法733条)、それに関しては違憲判決が出ました。100日あれば十分とのことで、これから離婚後100日で再婚出来るように法整備が整えられていくことでしょう。

民法733条 再婚禁止期間

1.女は、前婚の解消又は取消しの日から六箇月を経過した後でなければ、再婚をすることができない。
2.女が前婚の解消又は取消の前から懐胎していた場合には、その出産の日から、前項の規定を適用しない。

私が担当させていただいている女性の再婚禁止期間違憲訴訟につき,12月16日に最高裁判所大法廷の判決が出されました。

判決は,民法733条が女性にのみ6カ月間(180日)の再婚禁止期間を定めた規定は,100日を超える部分について,法の下の平等や婚姻に関する男女平等を定めた憲法に違反する,という判断を行いました。

出典 女性の再婚禁止期間違憲訴訟につき最高裁判所大法廷で違憲判決が出されました|弁護士作花知志のブログ

夫婦別姓は違憲判決となってしまいましたが、この判決により男女平等社会に向けて、一歩進んだと言えるでしょう。

最後に

男女平等社会とうたわれていても、実際には男女平等になっていないのが現状です。この夫婦別姓問題にしても、男性が氏を変えるように言えばいい、という意見がありますがそうはなかなかいかない。世の中や姑(男性側の家族)からの強い圧力もあるでしょう。

しかし、今の日本に欠けているのは多様な考え方です。今までの伝統がどうとか、昔の考えを引きずりすぎなのですよ。それは、昔で言う魔女狩りや、今でも外国のどこかの民族がよそ者を受け入れなかったり、体中にカッターで傷を入れてワニの模様を怪我で作ったり、占いによって政治を行ったりということと同じだといえます。

古いしきたりこそ、悪であるという現実もあるのです。

古いしきたりがあるから、世の中にイノベーションを起こすことが出来ない。出来る人材が駆逐されていく。

自分の国がそのような国であってほしくはありません。

ただ、難しいことも色々書きましたが、私が言いたいことはただ一つ。

ネトウヨはウザイからちょっとおとなしくしろ!!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です