最低賃金1500円まで上げろ! とかいうデモを起こしている人達がトホホを通り過ぎて頭悪い件

デモ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/8886835@N05/3636293150

photo by urbanartcore.eu

20代~30代の非正規雇用の若者を中心としたグループが、最低賃金を1500円まであげろ!! とデモを起こしていることがインターネット上のニュースなどで話題になっています。

府が掲げる最低賃金1000円(時給)への引き上げでは生活苦は解消されないとして、最低賃金1500円の実現を求めるデモが13日、東京都内で行われた。主催者発表で約500人が参加した。

デモは大学生や20〜30代の非正規労働者などでつくるグループ「AEQUITAS」(エキタス=ラテン語で公正の意味)が企画。参加者は東京都新宿区の柏木公園を出発し、「最低賃金今すぐ上げろ!」「中小企業に税金回せ!」などと訴えながら、約1時間半かけてJR新宿駅周辺などを練り歩いた。

最低賃金 | 「1500円に」引き上げ求め若者がデモ 東京 – 毎日新聞

デモ行進自体迷惑だと普段から思っている私ですが(単純に近所迷惑なので)このデモに関しては的外れもいいとこだと思います。

そもそも、ただでさえ日本企業は金銭的な体力が無いのに最低賃金を1500円という、今の約2倍まであげてしまっては、企業自体が持たないでしょう。この人達はそうやって企業が潰れた場合、今よりも生活が困窮することを理解しているのでしょうか?

それに、仮に企業が最低賃金を1500円まであげたとする。当然、今までの商品の値段ではやっていけないので商品の値段をあげますよね。結局最低賃金である1500円でも生活が豊かにはならないのですよ。物価自体が上がってしまうのですから。

ただ目先の賃金をあげたからといって、生活が豊かになるわけではない。そういったことをこの人達は理解しているのでしょうか?

私も重度障害者であり、生活に困窮しているわけですが、少なくともこのデモを行っている人達が的外れなことをしているということは簡単に理解出来ます。

スポンサーリンク


デモをする暇があるならもっと他にすることがある

例えば、資格をとって自分の価値をあげる、という方法もあるわけです。資格があるからといって就職出来たり賃金が直接あがったりするわけではないですが、少なくとも意味のなさないデモに時間を費やすよりは、確実に賃金アップを図ることが出来ます。

他にも、プログラムを覚えてお金の稼げるWEBサイトを作ったり、ブログでアフィリエイトをしたり、賃金を稼ぐ方法は昔に比べて選択肢が大幅に広がっています。

確かに、なんらかの障害を抱えていて、そういったことすら困難な人もいます。でもだからといって最低賃金を1500円にあげろ、というのは現実的に考えて無茶です。というより無理です。企業が潰れてしまいます。働く場所がなくなってしまいます。障害者などは特に働く場所が無いのに、これ以上自分の首を絞めるような(働く場所を減らすような)運動を自ら行ってどうするのでしょうか? 障害者に限らず、こういったデモを行っている人全員に言えることです。

こういった人達って、結局最低賃金をあげても、最低賃金で働くことになるんですよね。自分の価値を高めようとしてなくて、無駄なデモに時間を割いているわけですから。単純に勉強が嫌いなのかもしれません。デモをやることで、ストレス発散をしているだけかもしれません。なんにせよ、このデモに意味を見いだせていないのですよね。

結局最低賃金が1500円に仮になったとしても、このままでは生活がなりたたない! とまた最低賃金をあげろ! とデモを起こし出すでしょう。いたちごっこですよ。

無駄な運動をしていることに気がつかないくらいアンポンタンなの?

最後に

最低賃金を現実ばなれした金額で要求するくらいなら、自分の価値を高めることに時間を費やしましょう。今、あなた達のやっている運動は無駄でしかない。馬鹿らしい行為です。今すぐ辞めましょう。

せめてデモ行為をするなら、少しづつ最低賃金をあげるように働きかけ、同時に資格をとったり勉強したり、自分の価値を高めるようなことに時間を費やしましょう。

こちらからは以上です。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

uwasanoaitsu

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • 毎日デモをしているわけではないので、資格の取得等とは分けて考えた方がいいんじゃないでしょうか。
    デモをしたことはないですが、何かしら社会的なアクションを起こさないと、過去の日本はいざ知らず、現在の日本では恐らく賃金が下がることはあっても上がることは厳しそうですから。
    時給のことですが、30代にもなると事実上まともな正社員への道が閉ざされますので、もう老後まで不安定な非正規の可能性が高く、当然正社員以上に老後の蓄えが必要なので、多くを求めるのは当然かと。さらにその状態で結婚し家庭を持ちたいと思うなら時給1000円前後じゃさすがに無理でしょうから。
    私は貧乏人は子供を持ったり結婚なんぞするべきではないという考えですが、これを他人に押し付けたり、さも当然のように語られる世の中はさすがに恐ろしいです。
    企業側にも都合もあるんでしょうが、労働者側にそこまで企業の事情を考慮しろというのも酷かと。
    私事ですが、20年前に時給1700円の肉体労働をしていましたが、現在では同じ仕事が1200円になってました。企業側も生き残りに必死なら労働者側も生活するのに必死なんでしょう。
    賃上げは社会的には企業と労働者がWINWINの関係になりますが、一企業対一労働者の関係だと綱引きになりがちなので難しい問題ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です