もし日本で安楽死が導入され推奨されたらどうなるか

スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/46676910@N00/3176207975

photo by Zoriah

もし高齢者や障害者が安楽死を選ぶ権利が合法的に国主体で認められたとしよう。いや、推奨さえしているとしよう。

すると、大勢の安楽死希望者が殺到するだろう。こんなに生き辛い世の中なのだから。国も安楽死を合法的に認めてしまって、推奨している。

もしかしたら、税金負担の大きい高齢者は安楽死を推奨するように呼びかけるようなこともするかもしれない。それもまた国主体で。

そんな状況に洗脳されて大勢の安楽死者が出たとする。でも、そんな中でもそんな洗脳状態に侵されずに自分の意思で「生きたい」と思い、安楽死を選ばなかった人間がいたとする。

そんな安楽死を選ばなかった人間やその家族に対して、世間はこう言うだろう。

『延命を選んだのは自己責任だから、福祉制度に頼るな。』

と。

『国は安楽死を推奨しているのに、あなたが安楽死を自分の意思でしなかっただけでしょ? だったら福祉に頼る資格はないよね。』

と。

そうやって、福祉に頼ることも出来ない障害者や高齢者が世の中にはどんどん増えていき、きっと頑張って生きることを選んだ障害者や高齢者も死ななければいけないような状態になるはずだ。

そして、どんどん障害者や高齢者は命を落としていく。

その場合、日本経済的には税金的な問題で医療費にかかる税金は確実に抑えられるだろう。しかし、高齢者や障害者という働き手を失うことになる。

確かに、健常者や若者よりも労働力として使えない人間は高齢者や障害者には多いかもしれない。でも、排除していい理由にはならない。

経済効果抜きにしない場合、確かに障害者や年寄りは少ないほうが税金的な負担は減る。でも、高齢者に関しては今までこの国をささえて来てくれた人だ。簡単に死ななければいけないような状況を作ってはいけない。

障害者に関しては、一部の障害者を除いて世間様に税金面なども含めて迷惑をかけている。しかし、そのような人間だからといって死に追いやるようなシステムを作ってはいけない。それは経済効果うんぬんではなく、倫理の問題だ。

スポンサードリンク

アメリカの安楽死制度と自分の理屈の照らし合わせ

昔は、安楽死するかどうか本人が決めていい。実質、合法的に自殺してもいいとさえ思っていた。しかし、冒頭から書いたような理屈を考えてみると、それは日本にとってとても大変なことになる。障害者や高齢者がどんどん死んでいき、その家族もショックで命を落としていく。まさに、死の連鎖が始まる。

それに気がついたとき、私は安楽死というものに賛成出来なくなった。

でも、アメリカでは実際に尊厳死は認められている州がある。

アメリカ・カリフォルニア州で10月5日、安楽死・尊厳死を合法とする「死ぬ権利」法が成立した。同州のジェリー・ブラウン州知事がサインした。オレゴン、ワシントン、モンタナ、バーモントの4つの州に続き、安楽死・尊厳死を認める5番目の州となる。

法律は、末期患者が医師の処方で命を絶つ権利を法制化するもの。2人の医師から余命6カ月未満の宣告を受け、少なくとも15日後に要求書を作成するとともに患者自らが口頭で2回要請すること、そして自分で「死ぬ権利」の選択を決める能力があることが条件になる。
出典 安楽死・尊厳死を認める「死ぬ権利」法が成立 カトリックのカリフォルニア州知事はどう決断したのか

ここまで徹底して条件を作り、つまり余命があとわずかしかない人間に対してのみ尊厳死を認めるのなら、合法化してもいいんじゃないかと思うようになった。記事の冒頭に書いたのは私の想像上の推測に過ぎない。

余命があとわずかしかない。その間、病気によっては治療に効果はほとんどの可能性で現れないと分かっている。苦しさをモルヒネなどでごまかすことしか出来ない。
そういう人間を無理やり生きさせる世の中のほうが残酷ではないだろうか。
そういう人間にすら尊厳死を認めさせない日本。それは国柄、宗教的なものも介在しているだろう。実際、アメリカでもカトリック教会や障害者団体が反対しているらしい。
障害者団体などが反対する理由はなんとなく分かる。障害者でも長生き出来るのに安易に尊厳死を認めるわけにはいなかないだろう。でも、そもそも障害者というだけではアメリカの尊厳死の条件には当てはまらない。
当てはまるのは重度の障害者で障害が原因で寿命があとわずかとなってしまった障害者だろう。でも、そういった障害者でも本人が早く苦しさから逃れたくて死にたいと言っているのに、尊厳死は許さない!! と反対するほうが、その障害者本人を苦しめる結果になるのではないだろうか。
普通に生きることの出来る人間には、障害や病気の辛さ、高齢者の辛さなんて分からないんだ。だから、尊厳死はダメだ! と簡単に言える。でも、実際にはそんなに簡単に答えの出るものじゃないはずだ。

最後に

色々なことを考えた結果、尊厳死・安楽死は「場合によっては」日本でも認めるべき、というのが私の考えだ。死に方すら選べない、そんな国嫌だ。
だいちゃん(∀)
The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

3 件のコメント

  • こんばんは。その節は色々と失礼の段、何卒お許しください。
    尊厳死についての記事をアップしてくださってうれしいです。だいちゃんさまも頑張っておられるのに、こんなことを言うのは情けないのですが、正直、疲れました。ご理解いただけると思うのですが、疲れたなら、ゆっくり休みなさい、と、ベテランケースワーカーですらそう言うのですが、

  • すみません、また途中で切れてしまいました。
    …ご理解いただけると思うのですが、私の感じている疲れとは、通常言われているような休息で回復するような類いのものではありません。と申しますか、自分でもどう休めば良いのか、皆目見当がつかないのです。休んでいる、というなら、いったい何年に渡って就労していないのか、思い出せないくらいです。ですが、働いていない、という現実がまた自分を苦しめます。ちっとも休んでいることになっていないのです。と言って、では就労可能かといえば、主治医は一笑に付すだけです。つまりは私は、完全な廃人である、というのが現実なのです。その現実が、また自分を苦しめます。本当に度し難い人間です。こんな人間にこそ、尊厳死の法制化は必要なのだと思うのです。このまま生き続けていたら、症状が辛いだけでなく、自分は廃人なのだ、という現実が私から人間としてのプライドやアイデンティティ、すなわち人間としての尊厳を、全て奪いさってしまうからです。自分は病気に勝てなかったけれど、まだ人間らしさが残っていると、自他ともに認めることができるうちに最期を迎えたいのです。私の真意はそこにあるのだと信じていたいです。
    なんとも暗い暗い泣き言で、申し訳ありませんでした。

  • >障害や病気の辛さ、高齢者の辛さなんて分からないんだ。だから、尊厳死はダメだ! と簡単に言える
    そうですね。
    よく発せられる「人間みんな辛い思いしてるんだ、障害者だけ甘えるな」という類の言葉の的外れ感。
    辛いのはそうかもしれんが“障害を持つ辛さ”が解ってたまるか、と。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です