【乙武洋匡ちょっと出てこいや!!】妊娠初期に障害児が生まれるかどうか分かると便利です

炎上

スポンサードリンク

f:id:uwasanoaitsu:20150205185308j:plain

今年4月に教育委員に就任した、長谷川智恵子おばあちゃん(71)が

「意識改革しないと。技術で(障害の有無が)わかれば一番いい。生まれてきてからじゃ本当に大変」「茨城県では減らしていける方向になったらいい」

出典 障害児の出産「茨城では減らせる方向に」 教育委員発言:朝日新聞デジタル

と発言したことでtwitterを中心にネット上で炎上しているようで、著書「五体不満足」

で有名な乙武洋匡氏も長谷川氏に対してこのような発言をtwitter上で行っています。

この人は本当に燃料投下が上手いのでその挑発に乗るのもしゃくなのですが、私はこのような発言を乙武氏に対しました。

しかし、乙武氏のフォロワー数が多すぎるのもあって本人の目に入っていないのか、はたまた私が小物過ぎて無視されているのかは分からないのですが、お返事をいただけないようなので関連した記事を書こうと思った次第でございます。

スポンサードリンク

乙武洋匡氏へ

あたなの親がもし事前の検査であなたのような五体不満足の障害者が生まれると分かっていて、それでも産みたいと思ったかどうかはあなたの親御さん本人にしか分かりません。今でこそ成功してらっしゃるから産んでよかったと思っているとは思いますが、産まれる前というのは不安がとても大きいもの。「本当に自分が育てることが出来るのか?」「この子が生まれて幸せになれるのか?」「いっそのこと生まないほうがいいのか?」色々なことが頭の中を巡るはずです。

もし、事前の検査などで分かった状態で、あなたの親御さんが堕胎を希望した場合、それは許容されるべきでしょう。

よく、胎児にだって人権はある!! という批判をこういう記事を書くと色々な方面からされるのですが、今生きている人の人権だってあります。だから、事前に障害があると検査で分かる、ということは、今生きている人の人権を守るという意味でも便利なのです。だって、

「障害があるけど、この子を産む!」

「障害児だから、この子を産みたくない!」

という選択肢が与えられることになるからです。

子供が生まれてからネグレクトに走るような親がいるような世の中です。そんな世の中だからこそ、こういった選択肢は与えるべきなのです。

「最初から子供を産むなら、障害児であっても育てる覚悟があってから妊娠しろ。そうじゃないならしっかりと避妊しろ。」

こういう意見を持っている方もいると思います。しかし、現実問題、そんな理想論ばかり通りません。

子供を作る時には、健常児が生まれてきて当たり前だと思いながら妊娠する人だって多いはずです。まさか、自分が産む子供に障害があるはずはない、と。だからこそ、生まれてきても自分の子供が障害者だと認めたくないばかりに、発達障害といった「目に見えない障害」を抱えた人達が苦労して、生き辛さを感じて生きているという側面もあります。

ちゃんと育ててくれる親の元で勢いで生まれてくる分には問題ないですが、そうじゃない場合も多い。だからこそ、事前に障害児が生まれるかどうか検査で分かれば、その子供を産む人に選択肢を与え、結果として障害児を育てられないから施設に入れる(結果として子供を捨てている。)といった不幸な事態を事前に防ぐことが出来ます。

それに、障害児が少ないことに越したことはありません。障害児(障害者)はそれだけ周りの人に迷惑をかけている。実際、養護学校の教員への負担、そこに充てられる人員の数は健常児の学校よりもかなり多くの人数が割り振られています。

私自身、身体障害者1級なので障害者当事者としては、障害者を事前検査で減らそう、と言われると正直、自分を否定された気持ちになる部分もありますが、現実的に考えると長谷川氏の発言は尤もなんですよ。

例え、障害児教育に携わる立場であり私人でなかったとしても、いえ、逆に障害児教育にも携わる立場だからこそ現実的にこういった発言を出来たのではないでしょうか。

 理想論を述べる頭ん中お花畑お姫様BBA共

乙武氏へのメッセージはこのくらいにしておいて、この発言に対して批判している人達ってそもそも健常者で、特に頭の中がお花畑状態で尚且つお姫様育ちのおばちゃん方がとても多いのですよね。

障害者当事者は、(少なくとも私の周りでは)この発言に対して、当然だと思っていたり、肯定的に捉えています。

それは、障害者当事者がどれだけ周りに迷惑をかけて生きているのか分かっているし、どれだけ生きていくのかが大変なのか自分の身をもってわかっているから。そして、自分の子供が障害児だった時に育てる自信が無い。だって自分が生きることで精一杯なのに自分の子供の障害まで抱えて生きていくことが困難だと「現実的に考えて」理解しているからです。

胎児は自分が生まれてくるかどうか選ぶことが出来ません。でも、その胎児(子供)を育てるのは親です。親が産むも堕胎も選ぶことはどちらも親のエゴです。

障害者だけど生まれてきて良かったと思って生きている人もいれば、生まれてこなければよかったと思って生きている人もいる。また、自殺する人もいる。

この世に産んでしまおうが、産む前に命を断とうが、どのみち親のエゴでしょう。

そういった現実をお花畑お嬢ババア共を中心とした、この長谷川氏を炎上させている人は分かっているのでしょうか?

妊娠初期に障害児が生まれるかどうか分かる検査があるのならば、その結果を踏まえて産む産まないを決める権利は、親にあって当然です。何度も言いますが、育てるのは親であるし、障害児(障害者)として生きていくのはそれだけ困難なことだからです。

狩猟時代は狩りの出来ない人間は死んでいました。今は障害者でも生きていけるだけでありがたい世の中です。弱者でも生きていける良い時代です。でも、それだけ周りに迷惑をかけ、税金を使っているということも忘れてはならないのです。

だからこそ、もっと選択肢を増やすためにも、親や子供双方の為にも、妊娠初期に障害児が生まれるかどうか分かると便利なのです。

産む、産まないは、あとは倫理の問題です。

それに、そういった医療技術が発展すれば、障害児でも産みたいという親御さんが事前に色々な準備をすることが出来ます。心の準備も物理的な準備も何もかも含めて。

だから、このおばあちゃんの発言を不適切だとは私は全く思いません。

でも、どうでもいいけど長谷川のおばあちゃんは発言をいちいち取り消すなや!!

色々な意見があると思います。皆様のご意見、お待ちしております。

だいちゃん(∀)

ネット上で名著だと有名な書籍です。オススメです!

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

21 件のコメント

  • はじめまして、こんにちは。
    ブログ拝読させていただきました。ありがとうございました。
    実は私は、精神障害1級認定されております。うつ病等罹患いたしまして25年たちました。
    さて、この度の茨城県における件に関しまして、私は最初ヤフーニュースで知り、配信社の朝日新聞社にすぐ事実確認いたしました次第です。結果、私が
    個人的に感じましたのは、行政府によって、貴様は死ね!と宣告されたな、という思いでした。確かに、生きていたくて生きているわけではございませんが、自分の命は自分のものであり、生き死にを決定するのは自分で権利であります。行政にとやかく言われる覚えはない、という悔しさが満ち溢れたものでした。
    ですが私自身、日々殺すなら殺せという思いです。
    何故、我が国は尊厳死を認めないのか、理解に苦しみ続ける毎日であります。
    しかし、例え尊厳死であっても、それも私自身が決めるべきだと愚考いたしており、それが自分の命に責任を持つことだと確信いたしています。また、民主主義の原則かとも思います。もし、行政が決めるなら、それは国家全体主義以外の何物でもございません。

  • 申し訳ございません、途中で切れてしまいました。
    故に私は茨城県知事閣下と刺し違える覚悟までいたしましたが、ご賢明にも撤回なさったことを喜んでおります。
    今後も私の命は、私と私自身の生命力に決定権を委ねるつもりでおります。不当な介入とは断固闘う覚悟です。
    私自身の人生のためにであります。失礼いたしました。

  • >>id:Dylankunさん
    初めまして^^ コメントありがとうございます。
    尊厳死の話になるとまた別の話になるので(そのことを題材に別の機会にブログを書くのも面白いかな。)今回は置いておきますが、今回のニュースは、事前に障害児が生まれるかどうか分かると選択肢が増えるよね、という「生まれる前の命」についての話だと認識しております。なので、あなたに死ねと言っているとは思わないで欲しい、と個人的には思います。
    障害児を減らせ、については私も思うところがありますが。

  • 親の選択以前に、医師の判断で堕胎される筈だった者です。
    それも堕胎期限ぎりぎりに。
    結局は母の体力が足りない為、出産まで母は入院したまま。
    出産時に医師から「胎児の生死・五体満足の保証は一切出来ません」と言われて産まれてきました。
    と、障害者にもなれず、生活に影響がある虚弱人間が誕生。
    件の女史の発言はお察しですが、乙武さんの問いは至極当然。
    親が選択・判断出来るのは恵まれている方ですよ。
    私の場合は母体優性保護法で、有無を言わさず堕胎されかけたのですから。あの時、母に少しでも体力があったら今の私はいません。
    そして、その虚弱は気管支と言う弱点を伴いつつずっと私と共存しています。
    貴方は障害一級でも、こうやってブログを書ける。
    友人の息子君は双子で産まれたものの、一方はすぐに亡くなり、命を繋いだ方の子は身体・知的ともに一級で、自分で殻だを動かす事も出来ず、話す事も出来ません。
    友人は「もう、毎日大変(笑)」と言いながら、いつまで生きられるか分からない息子君を大切に育てています。本当の心の内は判りませんが。
    世間には色々なパターンがあるのです。一方的に乙武さんを煽る貴方の言動は、成人としては恥ずかしい行為ではありませんか?

  • 「茨城県では減らしていける方向になったらいい」という行政を県が実行する権利があると主張しますか?

  • 医学の向上って何も病気を治すことだけではなく、病気の予防や防止も含まれますよね。
    それと同じでまだ選択肢のある早い段階で障害を持つ子供の生まれてくる可能性を知ることが出来るのはありがたいことなのでは?妊娠した以上は障害を持つ子供であっても産み育てよ、とでも言うのですか?この発言を叩いてる人は。それこそ言論封殺だ。
    今現在この世に生まれている障害者やその親に対する発言でもないのにお門違いな批判が多いのもどうかと思いますね。乙武氏も含め。

  • >障害者でも生きていけるだけでありがたい世の中です。弱者でも生きていける良い時代です。でも、それだけ周りに迷惑をかけ、税金を使っているということも忘れてはならない
    この時点で貴方は既に障害のある方々を人として見ていない気がしますね。
    「生きていけるだけでありがたい世の中」って、当然じゃないですか。
    生きる権利は誰しもあって当然であり認められている権利なのですから。
    「ありがたい」って何ですか?
    上から目線にもほどがありますよ。
    さらに言わせて頂けるならば、周囲に迷惑をかけて税金で生活していると言っているようなものですよね。
    障害のある方々だって、働かなければ生活していかれません。
    賃金は極めて低く、それだけで生活して行かれないのが現状です。
    迷惑をかけているのではなく、政府がきちんとこう言う方々に目を向けていないがために税金である程度賄われているのです。
    言葉って使い方によっては誤解を生みます。
    私自身も今回の長谷川さんの発言はいただけないと憤りを感じております。
    障害を持って生まれてくることもあるかもしれないと分かっていても産みたいと願う人も居ます。
    漸く授かった命だから、年齢的にも限界だから・・・。
    理由は様々ですが、産む当事者は家族にとって「産まなければならない」と言う理由もあるんです。
    従妹は不妊治療で授かった子が染色体異常で障害を持って生まれると予め知らされましたが、不妊治療で授かったので下ろす選択肢はほぼ出来ないに等しかったので・・・。
    それでも我が子は可愛いと、両親働きながら育ててます。
    二人で働かないと食べて行かれないそうですので。

  • 長谷川氏は、「障害児を減らす」と突っ込んで言わずに「生まれる前に、障害を持っているかどうか分かるようにしたい」くらいの表現に留めておいたほうが良かった。
    障害を持っている方は、政府がどんなに手厚くしていたとしても社会的弱者であることには変わりないのだから、健常者より苦労するのは仕方がない。障害の程度によっては子どものために仕事を辞めなければいけないかもしれない。(生きていれば健常者も障害者になる可能性もある。)
    生まれる前に予め知ることが出来れば、保護者は早めに覚悟ができる。状況によっては産むか産まないか選べない人もいるが、選ぶことができる人も出てくることは良いことだと考える。

  • 個人がそれを思うのは業であると思います。
    行政がそれを言い、賛否を巻き起こせば、こんな悲劇に繋がるかもしれません。

  • あなたの主張の趣旨には概ね賛同します。
    しかし、障害者が「税金を使っていることを忘れてはならない」というのは、少し御門違いです。
    税金は、健常者もみな使っています。
    社会保障・社会福祉・障害者福祉は、国家のシステムの一部です。当該国家が、そのシステムを必要・有用だと考えて作ったものです。そのシステムを利活用することに、何ら責めを覚える必要はありません。

  • 障害者権利条約第10条 生命の権利
    存在しなくていい命はない。
    優生学とついているが、障害児の産み分けは禁止。
    障害者を排除していく考えは優生学につながる。
    条約は日本も批准。既に効力は出ている。

  • 子供の命の与奪権が親にあるというのが根本的な間違いですね。子供は親の所有物ではないし、もし親が育てきれないなら地域や行政がヘルプする方向で考えるべきで、間引く方向は単なる人殺しですね。
    で、こう書くとお花畑ってレッテル貼って論破したつもりの人がコメント欄に湧いてくるのかなぁ?

  • 今後生まれてくる障害者を減らしたい、という発言で
    自分の存在が否定されたと捉える気持ちは分かります。
    しかし暴論でもあると思います。
    今後要介護になる人を減らしたいと言って、
    今要介護の人が怒るような事です。
    今後生まれる人と今いる人の話は別問題なのです。

  • はじめまして。
    「障害者は社会に迷惑をかけている」という考えに違和感を覚えます。障害の有無に関係なく、社会に迷惑?をかけていない人などいませんよ。みんな税金や色々な人にお世話になっているでしょう。迷惑をかける、という発想はもうやめるべきだと思います。

  • 長谷川氏は”予算削減”を理由に障がい児を事前に間引けないかと発言しているから問題があるのだと思います。そこに倫理観はありませんから。
    それに出生前診断が可能になったことで堕胎数は実際増えてますよ。
    『新出生前診断 染色体異常、確定者の97%が中絶 』日経新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2703S_X20C14A6CC1000/
    あと、本記事のタイトルは非常に乱暴ですね。著名人を相手にしているからと言って何様なのかと… アクセス数は伸びるんでしょうけど。

  • >お花畑は大嫌い
    >Chika inoue氏が障害児に恵まれますようお祈りしております。
    出生前診断で、
    こういう言葉を平気で他人に言えるような人間も減らせられるなら、命の選別もして良いんじゃないですか。
    他人に負担(迷惑)をかけるのは、障害者だけではありません。
    障害者だけを選別する意味が分からない。
    ブログ主は母親になったことが無いから、いとも簡単に意見が言えると思うな。父親にも分からんのだよ。母親の気持ちは。

  • 教育委員会は、障害者として生まれてきたことに対するハードルを下げるのが仕事では?というのが今回の件への感想です。
    「臭い物に蓋」じゃなくて、障害というものを理解し支援できる人を教育課程で増やしてくれよ、と。
    理想論なのは分ってますけどね。

  • ブログ拝見しました。
    あなたの中にあるのは、強い自己否定感です。
    あなたは、ご自分の両親に対して「なぜ私を生んだのだ。生まれなければよかった。堕胎してくれればよかったのに」と言っていることになるのです。
    健常者として生まれても、ある日突然交通事故に遭って身体障害者になってしまうことだってあるのです。
    そう考えたら健常者も障害者もない。
    他の動物ではなく、人間として生まれたことに意味がある。
    私はそう思っています。

  • この人は自己否定感が強いー、とかそういうのは誰にだって言えるんですよね。別に両親に対して産んでほしくなかったって思うのも、それは本人が感じてる本当の気持ちなわけで。
    私はだいちゃんに同意です。
    障害者は誰にも迷惑をかけてない。コメントにあったその意見、すごくあたたかい意見だなって思うんですけど、それって他人だから言えるんだと思う。私も障害者に迷惑かけられたことはないです確かに。
    でも、母親は実害あるんですよね健常者と比べたら。
    子供が障害者だと、そのぶん母親のストレス労力はよけいにかかる。間違いなく実害あります。
    で、実害あるのは間違いない。でもその害を、手間がかかって嫌だと思うのか、自分の子供だから気にならないと思うのか、それは母親が自分で決めたり感じたりすることだと思うんですよ。
    でも、障害者だとはじめからわかっていれば、手間がかかって嫌だと思う人はおろすっていう前向きな選択ができる。子供に障害者として生まれてきてごめんなさいって思わせることが少しでも減るんじゃないかなって思います。
    産んだならきちんと育てきるのが当たり前。
    でも、親としての覚悟って人それぞれで、障害者じゃ自分の手にはおえないって思う母親、たくさんいると思います。そういう人と、生まれてきた子供が幸せになるためにも、選択肢は与えるべきだと思う。

  • 知人にあえて子どもをつくらない夫婦がいるのですが、その理由を聞くと、「身近に障害児のいる家庭があって、苦労を見てきた。自分たちに同じことが起こると育てる自信がないから」とのこと。
    これは言い換えれば、「健常児だと分かっていれば産む」ことを意味しています。
    あらかじめ障害の有無が分かることにより、「生まれてこなくなる子ども」がいることは事実でしょうが、「生まれてくる子ども」が現れるのもまた事実ということ。
    胎児の人権を語るなら、このことも含めて議論するべきだと思いますね。
    ただ、選択肢があるべきと語ることと、障害児を減らすべきと語ることは別問題。行政に関わる人としてよりも、まともな大人として恥ずかしい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です