学校の校則を守らない人間は、イジメ首謀者より酷い扱いを受けて当然だそうです

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/79968372@N00/2496946

photo by Nikita Kashner

先日書いた記事に対して、この記事のタイトルにあるような発言をフェイスブック上で行われたので記事を書こうと思った次第でございます。

学級崩壊したクラスで、イジメの対象になって高校中退した私の体験談

その人の意見によると、校則を守らない人間がいることで学級崩壊を招くそうですが、校則を守らない人間にも理由があるわけで、それでも別に人に迷惑をかけない校則の破り方なら別にいいんじゃないかというのが私の見解です。

私は髪の色が自毛で茶色だったにも関わらず、

「黒髪にしてこい!!」

と教師に言われたことから、反発して逆に茶髪にして学校に通っていたという過去があります。しかしながら、授業態度などはいたって真面目でした。

これって別に誰にも迷惑かけていないですよね? しいていえば、担任の教師が、頭の固い古臭い考えの上の役職の人間から色々言われるから、そういった意味では担任には迷惑をかけているのかもしれません。でも、それを含めて公務員という安定した状態で給料を貰っているわけだから、それを迷惑だと感じるのならば、どうにかして自分の言うことをきかせるように努力をすべきでしょう。

「何故、茶髪にしてはいけないのか?」

「何故、校則を守らないといけないのか?」

おそらく、茶髪にしてはいけない理由に関してちゃんと答えられる教師はいないでしょう。校則を守らないといけない理由も、

「それがルールだから。ルールを守らない人間が世の中に悪影響をもたらす。」

というようなことを言い出すでしょう。

しかしながら、世の中にイノベーションを起こしているような人達というのは、世の中の常識やルールというものを、法律に触れない範囲でやぶりながらも新しいことに挑戦している人達です。

髪型や服装だってそう。日本企業がそういったことをルールづけして守れる人間しか受け入れない、個性というものを認めない企業が多いからそういったルールを作りたがるのでしょう。だったら、新しいことをしたい、イノベーションを起こしたいという願望のある人間が学校ごときのしょうもない校則を破るのは当然の行為であり必然的にそういうことが起こるものです。

防衛大学の経営学部で学ぶこと

国家公務員(自衛隊)の幹部を輩出している日本の国立大学「防衛大学」の経営学部では、大人数の軍隊をコントロールする為の勉強を経営を絡めてするそうです。その逆、軍隊をコントロールすることに絡めて経営学を勉強します。

つまり、日本企業の企業経営というものは軍隊教育なのです。

戦争の起きていた時代に、天皇陛下バンザーイ!! と神風特攻隊として命を捨てていった人たちは、国というものに洗脳されていたから命を簡単に投げ出すことができていた。いや、厳密に言うと涙を流したり、天皇陛下バンザーイ!! とは言っていなかったという説がありますが、それはおいておきます。

日本の学校教育というものは、そういった日本で行われていた軍隊教育というが抜けていないのですよね。

スポンサーリンク


教育とは洗脳

厳密にいうと「洗脳を行っていた。」ではなく「行っている。」”かも”しれませんが、少なくとも日本が戦争をしていた時代は、日本の軍隊は強いだとか、お国を守る為にしなければいけないこと、のような日本に都合の良い教育を行っていたわけです。

アメリカの後ろ盾があった頃は確かに日本は戦争に強かったらしいですが、アメリカの後ろ盾がなくなってからは、カタカナ語は使うなだとか、アメリカを敵視する教育を行っていたのです。

つまり何が言いたいのかというと、学校での教育というものは一種の洗脳であり、日本国内で政府や企業にとって都合の悪い人間を作らないようにしているのです。

そんなことに神経質になるから、髪型や服装如きで文句を言う教師が未だにいなくならないのです。

その教師達は世間知らずだから知らないのかもしれません。日本のIT企業はTシャツにGパン、髪型自由で働ける企業が多いということを。

紙が眉毛にかかっているからなんですか? 髪の色が他の人と違うからなんですか? そういうわけの分からない校則を作って守らせようとして、それを守らない人間を異端児とするのは間違っている。だったら最初からそんな古臭い校則など作らなければいい。

校則や規則を守らせる以前に、そういったものが古臭くないか、新しい方法はないか、と模索することのほうが、少し他の人と違うことをする、校則を守らない人間を異端児扱いするよりもよっぽど必要なことです。

発達障害を抱えている子は違う行動を取りやすい

発達障害を抱えている子はこだわりが強い子も多い為、そういった子はルールに縛られるのが嫌で、校則を守らない、守れない子が多いです。

そういった理由から目立ち、イジメの対象になったりする子も多いです。

それでも、

「学校の校則を守らない人間はイジメ首謀者より酷い扱いを受けて当然」

と言い張りますか? 教師がそういった差別をするのですか? イジメを助長するような発言をするのですか?

そんな人間は死して詫びろ!!

この発言をした方は厳密に言うと、「教師にならなかった」そうですが、こんな人間が教師にならなくて良かったと思っています。いや、この人が教師にならなくても、教師という人間はこのような考えをしている方が多いというのはよく分かりました。

そりゃ、こんな考えの教師の元で勉強しようとは思わないし、そういう人間の言うことを守ろうとは思わないわなぁ。

学校や企業の校則や規則を本当に正しいと思って守っている人間がどれだけいるのか疑問です。取り敢えず、揉め事にまきこまれたくない、教師に目を付けられたくないから守っている。ルールに別に興味が無いから適当に合わせている、というのが現状だと思います。

最後に

こういった日本の古臭い風潮、そろそろ無くしませんか? こんな国からは新しいもの、考え方、イノベーションなどは絶対におこりません。

学校の教師の言うことをしっかりと聞いて、会社の上司の言うことを聞いて、世の中の常識を疑いもせずにそれに流されている人間にiPhoneのような革新的なものが作れると思いますか? スティーブジョブスのような人間になれると思いますか?

マークザッカーバーグは学校内でどの女が可愛いか比べるWEBサイトを作ったのですよ。そんな非常識な人間の作ったサービスを我々は使っているのです。

別にそういう人間になりたくない。平凡でいいのならそれでもいいのです。でも、皆が皆、平凡を望んでいるわけではない。

そういった人間に「平凡凡人理論」を押し付けないでいただきたいものです。古臭い考えの学校や企業を含めて。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

uwasanoaitsu

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です