九州の誇る究極庶民的アイス『ブラックモンブラン』や竹下製菓のアイスについて熱く語る

ブラックモンブラン

スポンサードリンク

ブラックモンブラン

佐賀は九州の製菓メーカー「竹下製菓」が誇る究極の庶民的アイス「ブラックモンブラン」を皆様はご存知だろうか?

とある番組調べによれば、西は九州から広島くらいまでしか発売しておらず、少しだけ東京のコンビニなどに売っているけれど、ほとんど認知されていないそうだ。

何故ならば、このブラックモンブランにはもともと点数当たり制度があり、80点分たまるとアイス一本とお店で交換出来るというシステムがあった。勿論、いきなり80点当たり、160点当たりなども存在していた。しかし、そのようなアイスが貰えるような当たりシステムは関東、東京などでは浸透しておらずクレームになることが多かった。そのため、アイスの当たり制度を辞めたそうだ。

その代わりに、上記画像にもあるように、500円分の図書カードや1000円分のクオカードが当たる、というシステムに変更したらしい。

前置きが長くなってしまったが、このブラックモンブラン、正直に言うとめちゃくちゃ旨い。そんなブラックモンブランの魅力を今回は語っていきたい。

スポンサードリンク

 ブラックモンブランの魅力

バニラアイスクリームにチョコレートがコーティングされており、その周りにはサクサクのクランチクッキーの粒がまぶしてある。

一口頬張れば、チョコレートとバニラの甘さが口いっぱいに広がり、そしてこのサクサクのクランチがアクセントになって病みつきになるのである。それに甘すぎない、程よい甘さのアイスであり、甘いものが苦手な人でも食べることが出来るだろう。

九州ではコンビニを中心に出回っているこのアイス。あっと言う間に一本食べ終わってしまうので、ついついもう一本コンビニまで買いにいってしまう中毒性があるので注意が必要である。

値段も一本80円ととてもリーズなぶるで、当たりまでついている。図書カードやクオカードはなかなか当たらないのだが、たまに当たった時の喜びは値段以上の価値があるだろう。

ブラックモンブランの仲間

ブラックモンブランはほとんどがブラックモンブラン一種類しか出回っていないのだが、あたり付きアイスとして仲間が複数存在する。その(九州では)有名どころを紹介していこう。

ミルクック

一つは「ミルクック」という、ブラックモンブランのチョコレートがホワイトチョコレートになったものだ。

これもまた、ホワイトチョコレートの優しい甘さとクランチが、まるでラングドシャという高級クッキーのようなハーモニーを醸し出す。値段はブラックモンブランより若干高いがそれでも130円円だ。私はハーゲンダッツのようなアイスよりもこちらのアイスを推奨したい。

トラキチくん

こちらは、ブラックモンブランと製法は違うアイスになるのだが、竹下製菓が誇るあたり付きアイスだ。おそらく、東京のような東方面の地域には出回っていないだろう。

こちらはチョコバナナ味のアイスで、バナナの味がこれでもか! というほど口に入れるとバナナが主張してくるアイスである。バナナ好きにはたまらない一品だ。サーティーワンアイスなどもいいが、私はバナナ系アイスは確実にこちらを推奨する。

おゴリまっせ

こちらは練乳入りココア味のアイスである。当たり付きであることから、アイスをおごってくれる、それにイメージキャラクターのゴリラを掛け合わせて「おゴリまっせ」というネーミング…かどうかは謎なのだが、こちらのアイスもまた美味である。

おごりまっせ

出典 竹下製菓公式ホームページ

こちらのアイス、なんと60円というリーズナブルすぎるほどリーズナブル! それに加えて当たり付き!

アイスも、ココア味のアイスなんだな~、と食べていたら突如として中からトロ~リ練乳が現れ、ガツンと甘味を増す。ココアや練乳好き、ミルクココアが好きな人にはたまらない一品である。

こんなアイスしっとるケ

こちらは、ブラックモンブランの次くらいに筆者が推しているアイスである。こちらも当たり付きなのだが、なかなか他の竹下製菓のアイスにくらべて当たりにくいのか、筆者は頻繁に買っているにも関わらず、生まれてから1度しか当たりが出たことがない。しかしご安心あれ、これも60円ととてもリーズナブルな値段で食べることが出来るアイスなのだ。

しっとるけ

出典 竹下製菓公式ホームページ

柔らかめのヨーグルトアイスを固めのヨーグルトアイスキャンディーでコーディングしたアイスで、ヨーグルトヨーグルトしていない優しいヨーグルトの甘さのアイスであり、とても食べやすい一品である。ヨーグルト好きには勿論、ヨーグルトが苦手な人でもこれなら食べることが出来るだろう。

最後に

九州では当たり前に売っているこれらの当たり付きアイスが、広島より東側の地域では売っていない、それに当たり付きという文化が受け入れられていないのはとても寂しいものがある。

筆者達のような九州人は子供の頃からこれらの当たり付きアイスや駄菓子と共に育ってきたので、まさに九州のソウルフード的なアイスなのである。

しかしご安心あれ。アマゾンや楽天などでは、バラエティーパックとしてこれらの竹下製菓をアイスを注文することが出来る。当たりが出ても、ブラックモンブランのような図書カードやクオカードでない限り、交換できる店舗が無いのがネックであるが。

是非一度、これらの当たり付きアイスをご賞味いただきたい。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です