ブログを書く人間が「ライター」を名乗ることはいけないことなのか? 取材をしないのはライターではないのか?

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/60873696@N00/2321772945

photo by Incessant Flux

よく、ブログを書いている人間がライターを名乗り出すと、

「ブロガーのライター宣言ってアイドルのアーティスト宣言と同じだよね。」

という皮肉を言われることがあります。

私などもWEB媒体などでも気分が乗ったときには執筆していますが、基本的にはブログ上での活動がメインです。なので、フリーライターという肩書きを使っていることで批判をされることが多々あります。

しかし、「ライター」というものは弁護士や医師などと違って資格がなくても名乗っていい肩書きなのです。それを、ブロガーは取材をしていないくせにどうたらこうたら、と批判し、ブロガーがライターを名乗ることに否定的な意見を述べる人がいます。

それって、紙媒体が流行していた時代の話でしょ? 時代遅れだよ!

今では誰もがライターを名乗っても良い時代。ある意味、「ライター」という職業の価値を昔よりは下げてしまっているかもしれませんが、それは時代の流れ。仕方の無いこと。それをウダウダと「ライター」という職業の価値を守る為に新しいライターの在り方を批判するのは、ただの老害でしか無いでしょう。

WEBが普及し、ブログがこれだけ一般化し、サイバーエージェントなどは一般人を集めてライターとして執筆の仕事を与えています。そういうカジュアルな職業、というより肩書きになってきているのではないでしょうか。

批判したくなる気持ちも分からなくはないです。しかし、批判したからといって時代の流れは変わるものではありません。

確かに、ライターという職業の価値は下がっています。それに伴ってギャラの額も下がっています。専業ライターで飯を食っている人たちからしたら死活問題です。批判の一つもしたくなる。ライターという職業の価値を上げたくなる。そういった気持ちが分からないとは言っていません。ただ、時代の流れが、ライターという職業をカジュアルなものにしてしまっている。

時代の流れに逆らうことは困難だ。

だったら、例えば紙媒体のライターもブログ上で文章を書いてマネタイズするような方法を取るなり、自分でWEBメディアを立ち上げたり、別の方法をとっていけばいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


ライターに取材は必要なのか?

よく、ライター界隈では、取材が必要か否かという議論がなされます。取材をしないライターはライターとはいえない、と。

本当にそうでしょうか?

ランサーズやクラウドワークスで副業的にやっている主婦だってライターだし、ブログだけしか書いていない人間も「書く人」という直訳をすればライターなのです。

取材はするにこしたことはないけれど、ことWEB媒体の業界に関して言えば、取材に金を使っている時点でかなりコストを圧迫することになる。それが有名でPV(テレビでいう視聴率)を稼ぐことの出来る売れっ子ライターなら取材にお金をかけても元がとれるでしょうけれど、一般的な物書きは取材費など払っていては文章を書くどころではなくなるほど財布がジリ貧な状態になってしまいます。

なので、私はライターに取材は絶対に必要なものではない。と考えています。

最後に

誰がライターと名乗ろうが別にその人の勝手ではないですか。何故、批判する必要があるのですか?

ライターとしての価値がそのくらいのことで下がるのであれば、ライターなんていう職業はその程度の職業だということですよ。

もっと時代の流れに乗っていきましょう。でないと、紙媒体のライターさんなんかは本当に仕事を失う可能性もある。

WEB媒体のライターさんは、もっと若者を育てていく義務がある。そのためには、多少文章が下手な人がライターと名乗ろうとも、暖かく見守る心の広さが大切なのではないでしょうか。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

uwasanoaitsu

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサーリンク

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です