『夢』は見るものじゃない。現実を直視して、行動に移してプロセスをしっかり踏んで叶えるもの

スポンサードリンク

私は若い頃は(今でもそれなりに若いですけれど 笑)ずっと「夢」を追いかけていました。

音楽、演劇、タレント、モデル、色々なことに挑戦してきたけれどすべて失敗に終わり、その中でも比較的結果が出ているほうであるライターとしてもそんなに売れていないというのが現状です。

そんな人生を1級身体障害者の癖に歩んできたからというのもあり、家も母子家庭でもともと貧乏生活を送っていたということもあり、決して裕福とは言えない生活を送っています。

そんな時にこのような記事を見つけました。

kentaroupeace.hatenablog.com

私はその人生の歩み方から、私の周りには夢追い人が多かったのですが、ああこいつら絶対に成功しないだろうな、と思っていた人達の特徴をしっかり捉えていて共感の持てる記事でした。

だって、夢追い人って夢ばかり見て、語って、好きなことを好きなようにやっているだけで、夢を叶えるプロセスが曖昧な人が多いんですもの。夢を叶えることの出来なかった自分が言うのもなんですがね。

スポンサードリンク

「俺は(私は)いつかビッグになる!」って具体的にいつだよ

私はこのような言葉を使う人間のことを、

「夢夢詐欺師」

と呼んでいます。まず「いつか」という言葉を使っている時点で夢を叶える気は無いんじゃないかと思ってしまいます。

夢を叶えるにも具体的な案。いつまでに、どのようにして、時々プランを見直しながら、行動に移す。こういった過程が大切です。私は常にこのことを意識して夢を追いかけていました。

まず、夢を追いかける為には東京に行く必要がある。今でこそインターネットが発達して地方からでも自己表現をしてインターネット上で芸能人のような活動をすることが可能になってきましたが、それでも大手広告代理店やテレビ局が集中しているのは東京です。やはり、今でも東京に出ないと夢はを叶えるのは限りなく難しいです。私が夢を叶えることを挫折した点がここです。この身体で、精神状態で東京で一人暮らしをすることが難しいからです。(あと、地方のほうが腎臓移植出来る可能性が高いから地方にいたいというのもあります。)

なので、若者ならともかく、30歳を過ぎてフリーターをやりつつ今でも地方に残って

「いつかビッグになる!」

的なことを言っている人は夢を叶えることは出来ないでしょう。勇気を出して東京に進出している人ですら夢を叶えるということは難しいのですから。

夢を追いかけていると後に引けなくなる

夢を追いかけるリスクとして一番大きいのはここです。夢は若いうちに持って叶えるように行動に移したほうがいい理由が、若いうちなら失敗してもやり直しがきくから。私がモデル事務所にいたときの演技の先生は40代後半くらいの年齢だったと思いますが、そんな年齢までフリーターをやりながら芸能の世界にいたから、他に出来る仕事が無いのです。だから、その年齢でも深夜のコンビニでアルバイトをしながら結婚も出来ずに独身のまま、時々ドラマの端役などをやっていました。

高齢になっても夢を追いかけている人には耳の痛い話になるかもしれませんが、そんな姿を見て私は、

「こういう生活は送りたくないな。」

と思ったものです。

今でも私の知り合いには、良い年齢で夢を追いかけている知り合いはいます。でも、大多数は現実を見て、普通に仕事をするようになってしまいました。

そういう夢を良い年齢でも追いかけている人を見ても私は全くカッコイイとは思いません。なんだか好きなことをただやりたいだけで、夢を叶える気は無いんじゃないか? というようなやり方だからです。

それでも若者には夢を持って欲しい

ここまで辛辣なことを書いていてなんですが、それでも若者には夢を持って欲しいのです。

夢があると生きる希望になるし、何をするにもやる気が満ち溢れてくるからです。失敗する人が少しでも減って欲しいからこそ、夢に敗れてきた私、夢に敗れていることにも気がつかずにいつまでも夢を見続けている人の失敗談を知ってほしいからこの記事を書いています。

大切なことは、

・夢を叶える為の具体的なプランを立てる

・夢を叶える為に動き出す

・時々、プランの見直しをする

・そして、夢を叶える為に具体的な行動に移す

こういったことを意識して夢を追いかけて欲しいのです。そして、夢は引き際を誤ると悲惨な人生が待っています。なので、この記事に紹介した記事にも書いていますが、いつまでに夢が叶わなかったら諦める、という引き際もしっかりと決めて欲しいのです。

確かに、高齢になって、40代、50代になって夢が叶う人もいる。普通に生きていても楽しく無いから夢を追いかけている。そういう人もいます。

自分が楽しい人生を送ることが出来ているのならそれでもいいと思います。でも、大多数の高齢の夢追い人が人生を悲観していて、時には自殺にまで追いやられたり、自暴自棄になってAV(アダルトビデオ)だとかそういった裏社会的なところに足を踏み入れているのが現状です。

最後に

夢を追いかけるにしても、ただ夢を見るだけではダメ。そんなただのドリーマーにならずに、叶えられるように具体的な計画を立て、行動して欲しいのです。

ただでさえ景気も悪く、夢を追いかけるのが難しい時代。でも、こんな世の中だから、普通に生きていくくらいなら死んだほうがマシ。それだったら無謀でも夢を追いかけ続けるという人もいるでしょう。

「夢」を叶える為には、「現実」しっかりと見なくてはいけません。現実から目を背けてはいけません。

これが、夢に敗れ続け、今でも「本を出版したい」という夢を持ったまま生きている1級身体障害者からのアドバイスです。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です