東日本大震災で起きたことを、東電を責めても死んだ人たちは帰ってこない

スポンサードリンク

f:id:uwasanoaitsu:20150312062716p:plain

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/folder/1511484.html?p=1

4年前の3月11日、東日本大震災は起きた。

私はその時何をしていたかというと、福島からは遠い福岡県で自宅で仕事をしていた。しかし、緊急速報としてNHKで東日本大震災のニュースが流れた時、小学生の時にニュースで見た阪神淡路大震災を思い出した。

小学生ながらに、人が沢山死んでいる。生きていても自分の住んでいた家屋が倒壊し、食べるものや飲むものにも困っている。そういったことを想像出来るくらいの小学生だったので、とにかくこんな悲惨なことはもう二度と起きて欲しくないと思っていた。

しかし、悲劇は繰り返された。

私は冷静ではいられなくなったけれど、何か遠方からでもこの人達に何か出来ないか、NHKの放送をインターネットでずっと流しながら考えていた。

今思うと全く役に立つはずが無いのだけれど、携帯サイトで震災に役立つ情報、Yahoo!などの会社が特設WEBサイトを作っていたので、そういった情報を見つけられる次第、片っ端から携帯サイトに乗せて、それをmixi上のコミュニティなどで拡散させた。怪しいWEBサイトで無いということを証明する為に、自分の家の住所や携帯の電話番号も載せて。

きっと携帯電話も使えないような状況だっただろうと思うので、私の行動は何の役にも立たなかったかもしれない。でも、何かしなくては気がすまなかった。

日本赤十字に寄付も行った。

そういった自分の活動をブログなどで書いていたからなのか、どこかの地方のフリーペーパーの編集者が、私のWEBサイトや活動を掲載していいか、という話まできたのを覚えている。結局、役にたっていないのだから、と掲載はお断りしたのだけれど。

こういう時に、自分は何も出来ない。なんで無力なのだろうと自責の念が私を襲った。3日間くらい、何か自分にも出来ることはないか、とほぼ徹夜状態でNHKの報道を流しながらインターネットで情報をかき集めていたので、精神的にもまいっていたのかもしれない。

東京電力を責めることよりもやるべきことがある

あれからもう4年がたった。にも関わらず、未だに東京電力を責めるようなことばかりを発言している人や、活動をしている人達がいる。

確かに、そういう人達も必要なのかもしれない。でも、そんなことよりももっとやるべきことがある。まだ被災地は復旧していない。寄付を集うだとか、ボランティアとして復旧活動を手伝いに行くだとか、そういった活発な活動の出来ない人はインターネット上で応援メッセージを発信するなんていう些細なことでもいいと思う。

そういった活動のほうが、被災地の役に立つ。

きっと東京電力を責めている人達は、そこで働いている従業員の人達を追い込むことになっているということに気がついていない。悪いのは国であって従業員の人達は身体を貼って仕事を頑張ったし、今でも頑張っている。

そういう人達を精神的に追い込むような真似をして楽しいか?

こういう活動や原発反対! と叫んでいる人達の大半は、ただ騒ぎ立てたいだけで、正義感なんて無いのではないだろうか。勿論、中には正義感から活動をしている人もいると思う。でも、殆どは学生運動と一緒で、喉元過ぎればきっとそんな活動も辞めてしまうし、その活動で何かを変えることなんて出来るか疑問だ。

学生運動だって、ただ騒ぎ立てていただけで、中で恋愛が盛んに行われていただけで、その活動によって何かが変わったわけではない。

最後に

人というものは、何か失敗した人を責めるのが大好きだ。でも、それは正義感のようで、ただ自分の普段抱えている別の不満をぶつけているに過ぎない。

東日本大震災で亡くなった人達は、東京電力を責めることを望んでいるだろうか。もう十分に責めたじゃないか。

その正義感。正義のようで、中で働いている従業員を精神的に追い込むイジメになっていることにお気づきだろうか? 従業員だけでなく、その家族をも追い込み、傷つけている。

それが本当に正義だろうか?

そんなことをしても死んだ人達は帰ってこないし、復興の何の役にも立たない。どうせなら、復興を早めるような活動に労力を注いだほうがいい。

未だに騒ぎ立てている人は、ただ騒ぐだけで復興のことなんて真剣に考えていないだろう。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.
だいちゃん(∀)

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールフォーム
ブログ運営についてや、私の恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
LINE@登録者限定のブログを読むことも出来ます!
友達追加

スポンサードリンク


だいちゃん(∀)の新しいYouTube動画です!




10万文字越えの超大作電子書籍!
1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入前にはこちらの注意点をまずご覧下さい。
『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!





おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク