インターネットはオタクと高学歴野郎が幅を利かせ過ぎだ

スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/10506540@N07/4498817330

photo by stevendepolo

インターネットというのは、その性質上、高学歴の人間が、特にFacebookを筆頭とするSNSなどは幅を利かせることが多いように感じる。どうしても、コンピューターというものは頭が良くないと使えない。低学歴はどうしても、グーグルでちょっと検索することやYoutubeを見るくらいにしかインターネットは使わないからだ。

それどころか、今ではiPhoneなどのスマートフォンでインターネットが使える為、パソコンすら持たない、という人も、特に低学歴では見られる傾向にある。

そもそも、低学歴の人間は、スマートフォンとiPhoneは別物だと思っていたり、スマートフォンで検索エンジンを使うことは、インターネットを使っていることだ、ということを理解していない人も多い。

twitterがインターネットのサービスで、世界中に情報を発信している、と理解していないからアルバイトの不祥事などがtwitterなどで発覚する。

こんなことを書いている私自身、高校中退1回、留年1回していて高校を20歳の時に卒業しているような”低学歴”な人間だ。

前置きが長くなってしまったが、有名ブロガーなどやツイッタラーなど、そしてfacebookを頻繁に使用していて目立っている人間には高学歴の人間が多い。私のような人間がブロガーをやっているなんていう例は稀ではないだろうか。

なんだかんだで学歴なんて関係ない、みたいなことを本で書いているちきりん女史も超高学歴だ。

ブログというものに絞って考えると、どうしても文章というものは頭が良くないと書けない。正直、低学歴だと本を読む習慣の無い人、もしくは本は読むけれど大学などに行かなければ、論文など文章を書く機会が殆ど無い為、ブログで文章を書くことが出来ないということも要因なのかもしれない。

だから、インターネット上には高学歴の世界の人間の考えが世論のように渦巻く。私のような低学歴の人間から見るとモヤモヤするような意見が多い。

確かに、私は低学歴の世界の人間だが高学歴の世界の人間と接する機会が多いので、高学歴の世界の人の理論も理解出来る。例えば、学歴はあったほうが生涯収入も多くなる可能性は高い(大企業に就職しやすくなるから)。学歴はあるに越したことはない。大企業にだって就職出来て損は無い。

じゃあ、低学歴の世界の人間がみんな貧乏なのか、といえば全くそんなことはなくて、大企業どころか一般企業にすら就職出来ない(逮捕歴等があって)人間が生きる為になんとか自営業でのし上がって、そこそこの金持ち、もしくは高い車を乗り回せるくらいの金持ちになっているような人間は沢山いる。

東京なんかでは会社の社長をするような人間は高学歴な人が多いかもしれないが、私の住んでいる修羅の街、北九州では会社を起こすような人間の多くは低学歴だ。まぁ、どうしても金貸しや土建業が多いのは否めないが。

スポンサードリンク

高学歴・オタク目線の情報には飽き飽き

ITベンチャーなどはやっぱり性質上、頭が良くないと起こせないと思う。プログラミングって私自身も経験しているけれど、鬼のように難しいし。ただ、ブログは書こうと思えば低学歴の人間にだって書くことは出来る。

インターネット上のブロガーは高学歴の目線で高学歴な考え、世界観でしか文章を書いていない。だから正直、似たり寄ったりで全然面白く無い。

文章を読む人間というのは、文章を通して非日常を味わいたいと思っている。だから、カリスマホストブロガーとか、キャバ嬢ブロガー、ヤクザブロガーとか元犯罪者ブロガーなんかが有名ブロガーとして現れて欲しいと思っている。でも、インターネット上であまり露呈することは無い。

オタクをバカにするわけではないが、どうしてもインターネット上はオタク気質な文章のものが多いようにも思う。というか、そういうものがどうしてもウケるので、そういった文章を書かざるを得ないのかもしれない。でも正直、そういった情報はお腹いっぱい。もういらない。

夜の世界や裏社会なんかの非日常の世界の情報、確かに低学歴の世界でいわゆるDQNな世界の情報で、インターネット上では忌み嫌われがちだが、こういった自分で体験することの無い非日常の情報ほど面白いものは無いんだよ。

ただ、高学歴の人間ばかりを責めても仕方がない。というより、低学歴の人間がもっと積極的にインターネットの世界に進出してこないのも、こういったブロガーが現れない元凶になっていると思う。(ちなみに、ITヤクザなど、闇の世界ではITに詳しい低学歴の人間は影を潜めているが存在しています。ヤクザの世界も今は頭の良さが求められるらしいです。)

最後に

低学歴の人間は、せめて文章力くらいは鍛えて、高学歴の人間に負けないようにもっとインターネットの世界、ブログなんかで活躍して低学歴カリスマブロガーとして登場して欲しいと思っています。というか、私自身が低学歴なので私が目指そうと思っている次第であります。

高学歴の人間は低学歴の人間を見下すのではなく、もっと低学歴の世界にも面白いものが、非日常だけれど興味深い情報があるということを知ってほしいです。

低学歴と高学歴が互いに歩み寄ることで、何かしらの化学反応が起こり、また新しい何かが作り出せるのではないでしょうか。

だいちゃん(∀)

 

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

7 件のコメント

  •  コメントの内容を見ただけで相手の学歴を把握できる能力をお持ちのようですが、それは置いておいて。
     確かに今の学校教育は、書く能力より読む能力を鍛えます。それは作家よりも読者が多いからです。だからより余裕のある人でないと書く能力は身につかないかもしれません。あるいは、その書く能力はなくても生きて行けるということなのかもしれません。
     ちなみに学歴ってのは単なる名札で勉強が出来る=頭がいいのとは話が違うって言うのが自論。偏差値73の高校に通ったけれど8割くらい本をほぼ読まない人ばっかり。今の勉強は歌詞みたいに覚えるっていう努力さえすれば点数が取れるから。

  • そもそも大前提がおかしい。
    ネット上には(ここでいう)低学歴向けの記事は沢山あるわけで、なぜそれがこの筆者しかり他大勢の目に留まらないか、つまり有名にならないかが問題。簡単に考えうる原因は、ただ宣伝が足りてない、もしくは読者側がそもそもそういう話題に興味がないという点だが、
    前者である場合は文章力どうこうより宣伝を考えるべきだし、後者であれば、あたかも自分と同じ意見の者が沢山いるかのような考察を展開してる筆者の原因を特定する能力が欠けてるだけで、大半の人間が興味を持たない記事なんかは文章云々の前に有名になるなどとは程遠い物だったというだけの話。誰も興味がない話を書いて「なんでみんな読んでくれないの!?」この発言をおかしいと思う人はもちろん、おかしいと思わない人でも読まないでしょ。
    どちらにせよ高学歴には文章力があるから売れるなんて考え方は高低学歴に関わらず、単に頭の悪い人間の考え方である。

  • 見たくなる文章を作る能力は学歴は関係ないように思いますが。
    現に、こちらの文章は引き寄せられるように見てしまう程魅力がありますが、高学歴の方が書く文章でも見れるのは僅かことが多いですし。
    見下し系になるのは共通しているので、そうなったらそっと閉じますけど。
    私自身、文章が上手く書ける人が羨ましいので、なぜこんなに分かりやすく書けるのだろうと色々考えてはいるのですが、やはり最後は才能なのではないかと結論が出ました。
    理路整然と書くことと、人を轢き付ける文章を書くこととの差は想像以上に大きいと思います。最も前者もなかなか書けないんですけど。私のような低学歴の人間には。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です