人工透析患者の自分が会社員を出来ない理由

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/60262015@N00/3085999649

photo by EricMagnuson

私は好きでフリーランスになったわけではない。

難病を抱えている為、ふつうの会社員としてフルタイムで働くことが困難だからだ。それでも、うちは母子家庭で貧乏だ。だからお金は家にしっかりと入れないといけない。だから障害者年金は全て家に入れるようにしている。

それでも、自分の生活もある。私は欲があまり無い人間なのですが、たまには美味しいものを食べたいと思うこともあるし、飲み会にだって参加したい。たまには良いものを買いたい時もある。だから、お金は会社員が出来なくても稼がなくてはいけないのだ。

それでも、アトピーのような皮膚病、不眠、睡眠時無呼吸症候群からの集中力の低下、体力が極端に無い、など様々な合併症の他に、週に3日、1日5時間の延命治療、そのほかにも皮膚科や呼吸器内科、心療内科などにいかなければならないので、土日を除いてほぼ毎日病院に通っているような状態だ。

心療内科には強迫性障害(潔癖症)の酷いのにかかっているので、風呂掃除やトイレ掃除が出来ない。こんな人間だ。一人暮らしが出来るはずがない。もし、母親が死んだら生きていけるのか不安でたまらない。

本当にこんな状態で生きていけるのだろうか。本当に将来が不安になる。幸い、貧乏ながらも文章でお金を稼ぐことが出来ているけれど、それも微々たるもの。それすら出来ない人が世の中にいることを考えると胸が痛くなる。

こんな状態で、会社員として雇って貰えるはずがない。もし雇ってくれるなら本当に良い企業だと思う。

一応、ワードやエクセルの2級の資格、日商簿記2級、日商販売士検定2級など、他にも色々な資格も持っている。努力をしてこなかったわけではない。

タイピングだって、10分で1000文字以上は余裕で打てるくらいの実力はある。それでも病気が邪魔をして一般企業では働けない状況だ。

それでも、安いギャラながらも執筆収入、ブログアフィリエイトなどでなんとか生計を立てている。それをしないと自分が生きていけないだけではなく、家族も野垂れ死んでしまうからね。

本当なら、今からでも大学に通いたいけれど家庭の事情から現実的には無理なんだ。だから私は高校中退、留年付きのアウトローなキャラとして高学歴の人の書くブログとは違う視点でブログを書いている。本当は勉強だって出来るし、根は真面目な性格なんだけどね。

スポンサーリンク


最後に

自分は24歳の頃、パワハラにあって会社を退職しなければいけなくなった。その頃に、パワハラをした奴ら(ソフトバンクBBのエリート)を見返す為に、一生懸命勉学に励んだ。上記に書いた資格から、司法書士試験、宅建、色々な資格を受けた。そのノウハウを使って家庭教師もしていた。

そんな勉強詰めの生活を送っていたからだろうか、最近では頭が働かない。一種の欝状態だ。身体も頭も働かない人間に価値なんてあろうだろうか。

だから、私は一般の会社員は出来ないだろう。こんな人間でも雇ってもいいという会社があれば是非、面接を受けてみたいものだ。

幸い、サイバーエージェント(アメーバ)が業務委託としてライターの仕事を回してくれている。それだけでもだいぶ助かっている。

こういう風に、決まった時間に会社に出社しなくても、業務さえしっかりこなせばいい、自宅でできる仕事あがもっと日本に増えていけば、障害者も生活しやすくなるし、日本経済の発展にも役立つはずだ。

でも、今の日本は障害者うぃ法律の括りがあるから仕方なく採用している面が強い。障害者を人材として活用するという考えの企業はまだまだ少ない。

もっとこれから、障害者が働きやすい仕事の環境が整って欲しいものです。

だいちゃん

The following two tabs change content below.

uwasanoaitsu

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

6 件のコメント

  • だいちゃん、はじめまして。
    だいちゃんの記事、いろいろと読ませていただきました。
    わたしも(?)MS(多発性硬化症)という難病持ちです。19歳のときに発症して目が見えなくなったり、歩けなくなったりして人生を悲観したときもありましたが、自己治癒力で運良く今は目も見え歩けるので会社員できています。
    私も文章を書くことが好きなので、だいちゃんがされている執筆のお仕事にも興味があります。
    これからも魅力的なブログ楽しみにしてますね!

  • はじめまして^^
    自己治癒力で回復って凄いですね!
    執筆業での収入はまだまだ全然足りないので、日々精進です! これからも頑張ってブログを書いていきます(∀)

  • 基礎年金受給と短時間のパートをすればよいのでは?
    フルタイムは無理でもパートならどうにかなるでしょう。
    年金と合わせて月収13〜16万ほどでも、医療費補助もあり非課税世帯だと十分暮らして行けます。
    カッコ悪いことではないですよ。若い男性たくさんいますから。

  • こんにちは。
    だいちゃんの文章を見るのを毎度楽しみにしています。自分の心の叫びを代弁してくれているように思えます。
    自分もフルタイムではないのですが人工透析をしながら仕事していますが正直しんどいです。医療系なので自分の体調のために休む訳にはいかず、毎日フラフラな状態で通勤し、場合によっては酸素吸入しながら仕事しています。
    以前障害者の仕事支援のHPに、「時間の制約以外は健常者と同じです!」と堂々と書いてあるのをみて愕然としたのを覚えています。周りもそう思っている人も多いのでしょうか。
    辞めれば身体的には楽になるかもしれませんが社会との関わりや収入面での不安でまた鬱病がひどくなりそうで、今日もなんとか頑張ってます(笑)

  • >>ryplanetさん
    はじめまして^^
    人工透析をしながらの仕事、フルタイムでなくてもキツイですよね><私は体調がかなり悪いのでパートタイムすら困難です。なので、文章を書いて、なんとかその日暮らしをしています(笑)
    透析の時間拘束さえ除けば、健常者と同じ。そんなことは全くなく、様々な合併症が人工透析患者を苦しめていますよね。これは、実際に経験したことのある人にしか分からないのかもしれません。
    私も常に、収入面で不安があります。でも頑張って文書を書いています。それしか、収入を得る方法が無いので。でも、欝も持っているのでスランプ状態です(笑)
    お互い大変でしょうけど、ゆっくり生きていきましょう(∀)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です