頑張りたくないんで健康な身体ください

スポンサードリンク

「障害者は頑張って生きている。」

よく世間で言われている言葉です。障害に負けずに頑張って色々なことにチャレンジすることを忘れていない。そういった人も確かにいます。でも、大半の障害者は「障害」に負けて、心まで障害者になっている人が多いように思います。

私自身も比較的軽度ですが鬱病などの精神疾患を抱えています。これはまぁ、病気に負けたというよりは、私の患っている病気の方はなりやすい病気、ということなだけなのですが。

でも、私は思うのです。別に障害者は頑張りたくないんですよ。少なくとも私はそうです。普通でいいから、普通の生活が送りたいだけ。でも、普通の人より頑張らないと、というより頑張らないと仕事もさせてもらえない、イコール飯を食うことが出来ない。みんな飯を食うために、生きる為に頑張っているのです。

そんなの健常者だって一緒だって?

そうなんです。だから、障害者が特別に頑張っているわけではないのかもしれません。ただ、同じ距離を走るにしても、健常者は普通に走って、障害者は重りのようなものを抱えて走っている。そのくらいの違いなのかもしれません。でも、この違いはかなり大きいと思います。

「頑張っているね~!」

嬉しいですよ。こんな風に声をかけてもらえることは。でも、正直、私に関しては頑張りたくないので、健康な身体が欲しいです。

スポンサードリンク

多くの障害者は賞賛を求めている

でも、こういった考えは私がひねくれているだけで、多くの障害者は賞賛を求めています。

私の知り合いには耳の全く聞こえない聴覚障害者の男の子がいるのですが、とあることで彼と共同作業をすることがありました。

あまりの手際のよさに、スマートフォン片手に文字で、

「君がいてくれて助かったよ。ありがとう!」

と話かけました。すると、普段は一人で行動している彼ですが、とても嬉しそうにしていました。

そんな姿をみて、なんだか私も嬉しくなりましたね。

★★★

障害者の中には、施設の中で一生を過ごす人もいます。働かなくていいから羨ましいと思う人もいるかもしれません。でも、彼らのほとんどは社会に出て働きたがっています。働かなくても生きていけるのに、です。

何故かといえば、やはり「賞賛」を求めている。人の役に立ち、社会の役に立ち、そして人に褒められる。健常者にとって当たり前のことが、障害者にとっては贅沢なことなのです。

だから、障害者は不器用な人が多いですが、働く気力の高い人は本当にずば抜けて高いです。

でも、私は頑張りたくないので健康な身体を下さい。そしたら頑張ります。

障害者は同情なんて求めていない

私はインターネット上などでよく喧嘩を売られるので、

「障害者だからって同情してもらえると思ってんの?あぁ!?」

みたいな絡まれ方をすることが多々あります。でもね、障害者はもともと普段からも同情なんてほとんどされないんですよ。だから、別にそんなもの求めていません。

あと、こういう言葉を平気で使う人もいます。

「可哀想」

この言葉には人を見下す気持ちがこもっています。無意識のうちにね。だから、そういう人よりは、同情なんてしてもらえると思うなよ! と言う人のほうが正直者なのかもしれません。

でも、同情はいらないけれど、手伝って欲しいことや理解して欲しいことは沢山あります。全部は無理でしょう。自分も、ほかの障害者のことを全部理解出来ているかといえば、全く理解出来ない障害の人もいます。それでも、私は私なりに「理解しようと努力」はしています。

理解は、出来る出来ないじゃなくて、しようとするか、全くしないか、だと思うのですよ。「しようとする」ことが大切なのではないでしょうか。

でも、私は辛いので同情してください。というか健康な身体をください。

最後に

何度も書いたかもしれませんが、障害者は別に頑張りたくないし、頑張っているね~なんて言葉よりも健康な身体が欲しいんですよ。それは当然のことですよね。

でも、飯を食うために、生きていく為に仕方なしに、足に重りを付けたまま健常者と同じコースを走っているのです。人生というね。

ほんと、頑張りたくないし、頑張っているね~!なんて言葉いらないので健康な身体をください!!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

6 件のコメント

  • 初めまして。
    40代ですが、私も人工透析をしています。
    たまたまこのHPを見つけ拝見していたのですが、同感することがとても多く、出会えてよかったと思っております。
    この病気は想像以上に辛いことが多いと思うのですが、見た目が普通なので、普通以上に頑張らないとというのは、まさにその通りだと思います。
    私は医療系の仕事をしているのですが、体力的にも精神的にもキツイ内容の上に、時間・食事・水分の制限だけでなく身体のダルさ、全身のかゆみなども加わり毎日こなすだけで精一杯です。それでも周りからは週5働いてないのにとかサボってるとか、医療系の環境でも理解はされません。ほんと、健康な身体をください〜‼︎と叫びたいですね。
    ちなみに、自分は10代の時に透析経験後に移植をしています。退院した時の身体の軽さ、白飯の美味しさ、何もかもが違ったのを覚えてます。

  • 健康な身体、欲しいですね。腫れ物みたいに扱われるより、普通に働いて、普通に暮らしたいですね。
    私も、そんな気持ちです。

  • >>id:ryplanetさん
    その身体で医療系の仕事をこなすなんて、並大抵の努力や気力で出来ることじゃないですよ~。本当に尊敬します^^
    医療関係者は患者には優しいけれど、身内には冷たい印象があります。良い看護師、悪い看護師の差が激しすぎる。
    身体のかゆみ、私の一番の悩みです。ご飯の味も違うのですね。早く、そういった生活を送れるようになりたいです(∀)

  • >>ほーさん
    普通でいいんですよね。普通に生活できて、健康でいられるならなんでも出来る。
    そういう生活に本当に憧れています私も(∀)

  • はじめまして。
    たまたま記事を見付けたので、コメントさせていただきます。
    私は、軽度鬱やパニックはあるものの、障害という障害はないのですが、心身共に健康が一番ですよね。
    今は、仕事をしたいですがうまくいかず週3勤務でやっと…
    鍼灸の仕事なので、視力障害のスタッフもいるのですが、「障害者としてでなく普通に接してほしい」とよく言っておりました。
    医療の知識ある人間でも、患者さんには寛容だけどもスタッフにはというのは多々ありますね。
    どの職場でも、それがイジメに発展し鬱がひどくなったり…
    「理解しようとする気持ち」
    とても大事に思えます。
    100%の理解は出来ずとも、理解できないと壁を作るより数100倍も良いと思います。
    うまく表現出来ませんが、社会が変わると良いですよね。

  • >>yuk@さん
    鍼灸師さんは目の不自由な方多いですよね^^
    理解出来るなんて思うのはおこがましいですが、理解しようとする気持ちが大切なんだと普段から意識して行動しています。
    本当に、社会がもっと障害者に対して寛容になってほしいものです(∀)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です