学校のカイダンを観た、部落に生まれ高学歴・低学歴の世界を全て体験した私が思ったこと

学校のカイダン

スポンサードリンク

学校のカイダン

http://www.ntv.co.jp/kaidan/

POPTEENモデルの広瀬すずちゃん主演の学園ドラマ、学校のカイダンがスタートしました。

学校は友達が居て楽しい。

強い者にとって学校は楽園。でも、弱い者にとってそこは地雷だらけの戦場だ。

熱血教師が助けてくれるわけでもなく、親に頼れるわけでもない。ただひたすら、地雷を踏まないように卒業の時を待つ。

そうだ、じっと息を潜めて動いてはいけない。もしわずかでも動いたら、標的になる。

まさに学校という世界はこういう世界だなと、家庭教師という仕事を通して現代の学校事情も知っていて、当時は不登校児だった自分の環境も思い出しながらこのドラマを見ていました。

私自身、部落という底辺環境で生まれ、両親が離婚して母親の元、片親に育てられました。

小学校・中学校は地元で一番頭の良い公立の学校。高校は地元では有名な私立高校に通っていましたが、中退しています。その後、通信制高校に入り直して高校を卒業しています。

こういったドラマで度々取り上げられる題材は、ほぼ有名私立に関する内容、そしてイジメ。

有名私立では一部の金持ちが実権を握っていて学校を牛耳っていて、そいつらがイジメの主犯格。こういった内容のものが多いように感じます。

私が通っていた有名私立高校も、やはりイジメの主犯格は(たまたまかもしれませんが)産婦人科医の息子、歯科医の息子、などでした。モンスターペアレンツも多く、教師には生徒に対して熱心な人は全くいませんでした。

スポンサードリンク

【有名私立時代】

髪が生まれつき茶色く、目立つ行動の多かった私はやはりイジメの対象者でした。典型的な、育ちの悪い人間が金持ちの人間にイジメられるというドラマで重宝されそうなパターンです。

母に入学祝いで買ってもらった腕時計を壊され、定期券を盗まれ、イジメの首謀者だとでっち上げられ、タバコを吸ったこともないのに喫煙を教師から疑われたり、様々なことがありました。

私の通っていた有名私立で、生徒保護者からの寄付金があったかどうかは定かではありませんが、こそっと学校の事務員のパソコン内部を覗き込んだことがあるのですが、その時に、様々な地元の有名企業からの寄付金のようなお金の流れが書き込まれていました。

入学時には無理やり学生保険なるものに加入させられ、仏教系の学校だったので数珠を買わされました。

数珠を持って毎日、へんてこりんな黄金の超巨大な大仏に向かって礼拝(仏教では、れいはい、ではなく、らいはい、と読みます。)させられ、数珠を忘れた日には、売店で購入させられていました。こういったお金が学校の資金源の一部になっていたことは間違いありません。

私が腕時計を壊された時にも、定期券を盗まれた時にも、学校はそれを揉み消しました。普通なら犯人探しをするところでしょうが、そういった素振りをほんの少し見せただけで、あとは知らんぷり。学校で実権を握っているイジメの首謀者の言いなりに、教師もなっていました。

そして、私は教師にも見放され、高校を退学しています。

【底辺高校時代】

その後、通信制の高校、いわゆる「底辺」の高校に通いだしました。学校周辺では未成年がタバコを吸っていたり、服装も髪型も自由なので、とっても地味な「いかにもイジメられっ子」なタイプか、とても派手な、DQN(育ちの悪いヤンキー系)と言われるようなタイプ、極端な生徒しかいなかった印象です。

それでも、私の知っている限りで、私の元々通っていた有名私立高校みたいなイジメは起きていませんでした。性的にだらしのない人間は多かったように思いますが。高校生で何人もの女性を妊娠させて堕胎させたり、または10代という若さで子供を産んで育てている生徒もいました。

親から捨てられ、働きながら高校卒業を目指している生徒など、様々な”何か”を抱えた生徒が多かったです。

じゃあ、教師は教育に熱心だったかといえば、やはり熱心な教師はいませんでした。辞めていく生徒のほうが多い通信制高校。教師の対応も事務的でした。

それでも学校内部は、特別に怖い教師もいなかったのに特に荒れた様子はありませんでした。オタクなタイプもDQNなタイプも共存して学校生活を楽しんでいました。服装も髪型も、基本的になんでも自由だったし、「クラス」というものも存在しなかったので変なストレスの貯まり方をしなかったのかもしれません。

学校は月に4日程度しか通わなくてよくて、あとは自宅でプリントみたいなもの(レポートと呼んでいました。)をするだけでよかったのです。

その月に4日しかない登校日を「スクーリング」と呼んでいたのですが、スクーリングの帰りには20人単位くらいの人数で公園に集まり、コンビニでお酒やつまみを購入して盛大に酒盛りをやるのが楽しみでした。勿論、殆どの人間が未成年です。

私はこちらの学校は留年などしましたが、無事に卒業することが出来ました。

★★★

例えば、底辺高校で有名私立時代の話をすると、

「そんなのドラマの観過ぎだろ~!」

とよく言われたものです。

逆に、高学歴の人達に底辺高校時代の話をすると、やはり

「そんなのドラマの観過ぎだろ~!」

と半信半疑で聞かれたものです。

私は、身体障害者になってから仕事が無く(低学歴で手に職もなかったからというのも理由ですが。)一時期パチスロで生計を立てていた、まぁDQNよりの人間です。まだ健常者と変わらない状態で若い頃にはクラブ遊びもしていました。

周りはヤクザの幹部の人や、無職だけどヤクザと変わらないような人、様々な人がいましたが、どういうわけか、私はそういった世界のほうが居心地よく感じていました。それでも、そういった世界にいたツケは後に回ってきて、私は勉強に目覚めたのですが。はやり、勉強って何をするにしても大切だな、と。

私は根は真面目なタイプなので、DQNな人たちからは可愛がられました。高校時代にイジメを受けていた自分は人間としての自信を無くしていました。そんな自分を受け入れてくれる世界があったことが嬉しかったのです。まぁ、こういった考えが、裏社会へすすむきかっけになってしまったりするので、オススメはしませんが(笑)

金持ちの世界の経験

そういった生活から一変。ひょんなきっかけ、インターネットで鉄腕ダッシュのダッシュ村について調べていると、地元でにたようなことをしている人たちを見つけることが出来ました。

偽ダッシュ村といういかにも(笑)な名前なのですが、やっていることは本格的で、今では家も露天風呂をあります。

そこの村長が地元でおそらく一番大きな美容整形外科の開業医の方でいわゆる「金持ち」の世界の人間でした。でも、今まで私が金持ちに対して感じていた違和感のようなものをこの方から感じず、むしろ金持ちであることを鼻にかけない、親しみやすい方だと感じていました。

何がきっかけなのか分かりませんが、この村長から気に入られたのか、たまに飲みに連れて行ってもらったり、自宅に呼んでもらったり、自殺未遂をしたときには私の友達の分のお金も払って高級イタリアンをご馳走してくれたりしました。

この村長のついていって、私には場違いな高級ホテルで開かれたパーティーなどに参加させてもらったこともあります。(たまたま、元のバイト先だったので、私の顔を覚えているマネージャーなどがびっくりしていました。)幸い、スーツはバーバリーのスーツなどを持っていたので、その場で浮くことはありませんでした。むしろ、こんな一般人に色々な企業のお偉いさんが、村長(美容整形外科の開業医)の知り合いというだけで頭を下げられ、名刺を交換していただけたり、なんだか申し訳ない気持ちになりさえしました。

でも、高級ワインを飲んでも味が分からなかったり、高級イタリアンは好きだけれど、高級フレンチは私の貧乏舌には合いませんでした(笑)

でもDQNな世界も楽しかったのですが、やはり私は自分が底辺育ちであることにコンプレックスを抱いています。今でもそうです。それに追随して身体障害までかかえ、合併症に苦しんでいます。

それでも、村長を含め、親が金持ちなだけのボンボンと違い、自分の力で勝ち取った本物の金持ちはやっぱり、かっこいいいな、と思い、憧れました。そして、私もそういった人間にいつかなりたい、と思うようになりました。

最後に

長くなりましたが、日本という国は、というかどの国もそうなのかもしれませんが、レールから外れた人間が「普通」の生活を送るのは困難です。だから、芸能界などで一発当てたいと考えるのかもしれません。でも現実問題、芸能界で成功している人の多くはやはり高学歴だという現実もあります。

それでも、私は、

今の学校が合わない、イジメにあっているならさっさと辞めてしまえ。高校卒業資格なんて安いお金で取る方法はいくらでもある。人生だって、何歳から学校に通ったってやり直せる。確かに、普通にレールを進んできた人よりは茨の道だけれども。」

と言いたい。

楽しくも無い学校じゃ勉強だって身に入らない、そんな学校に高い金払って通うくらいならアルバイトでもしながら定時制や通信制の高校に通ったり、高卒認定(旧大検)を受け、専門学校に入る方法だってある。

障害者なら、障害者用のお金を貰いながら通える職業訓練校に通うことだって出来る。

ブログの記事によっては、10歳~18歳くらいまでにどれだけ勉強したかによってその後の人生が決まる、なんて書いてあるブログもあるけれど、それはその人の頑張り次第じゃないかな。確かに学歴はあったほうがいい。でも。イジメに耐えて精神ボロボロになるまで無理して、その後、勉強出来なくなるまで精神疲弊するよりは中退したほうがよっぽどいい。

時には逃げる勇気も大切だよ。

私は高校を辞めてよかったと思っている。まさかその後に障害者になるとは思っていなかったけれど、障害者にならなければフリーライターなんてやっていなかったし、インターネットもしていなかったかもしれない。

今まで出逢うことのなかった人種の人たちに出逢うことが出来た。

病気は確かにマイナス要素のほうが多いけれど、私にはプラスなことも沢山さずけてくれた。

あとはこの身体のかゆみ(アトピー)さえ治ればなぁ・・・・・・。

・どうか、世の中の皆さんには、学歴だけで人を判断してきただきたくないです。

・あと、学歴はあったほうがいいけれど、なくても本人の頑張り次第で人生楽しめるよ。

そういうわけだ。

じゃ~の!!

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www

スポンサードリンク


おすすめ記事セレクション

『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【期間限定、無料!】ブログなどネットでお金を稼ぎたいなら”絶対に”この本を読め!
【期間限定無料】まだWEBマーケティングで消耗してるの? この本”超”お勧めだから読んどけ!
【無料動画あり】ブログ運営に行き詰っている方必見!WEB上で「WEBマーケティング」が学べる学校があるって知ってる?


Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!



その他

ブログ以外の落書き的な記事はこちらで書いています!
>>だいちゃんの落書き帳
>>だいちゃんのLINEブログ

スポンサードリンク

4 件のコメント

  • 初めまして。
    アメーバの記事から来ました。
    生まれてごめんなさい。。からです。
    そしていくつかブログ読ませて貰いました。
    みんな同じじゃないけど、みんな同じ人間だから
    理不尽な世の中で負けそうになっても
    ちょっとの光りを見つけて行けたらいいですね。

  • >>ゆうさん
    初めまして^^コメントありがとうございます!
    常日頃から負けそうになっていますが(笑)負けずに、のんびりと生きていきたいですね(∀)

  • はじめまして、ブログ読まさせていただきました!
    読んでいるあたりから私のことを書いている…!?と思うような内容だったので、驚きました…(笑)
    私自身、看護高校を1年で中退し2年生から通信制高校に通っている高校三年生なのです。
    (看護高校を辞めた理由は段々と看護の勉強をしていくにあたり看護師になりたいという気持ちが無くなってきてしまったことと、1年の終わりごろに精神を崩してしまったからです(^^;))
    来年の春、なんとかみんなと同じタイミングに卒業出来るのですがやっぱり通信制高校に行ったということが少し恥ずかしくて……
    でも、この記事を読んで元気が出ました。同じような人がいて頑張ろうって思えたんです。
    学歴で人を差別する人はいるけれど、そんな人相手にしないことがこれからの人生で大切だと思います。
    素敵な記事をありがとうございました^^
    PS、私もアトピーを持っています。とてつもなく辛いですよね。。
    治療にはお金と忍耐力が必要ですが頑張って根気よく治しましょう!

    • はるさん、こんなに昔の記事なのに読んでくれてありがとね^^
      看護高校に通っていたんだね。看護高校はとても授業も実習もあってキツイと聞いています。

      自分に向いていない、看護師になる気がなくなった、特に精神をやられてしまっていたのであれば、通信制高校に編入して正解だったと思うよ!
      精神的な病気って大人になってから発症すると取り返しのつかないことになったりするからね。

      今が楽しいかどうか。学校を選ぶ基準はそのくらいの気持ちでいい、と俺は思ってる^^

      アトピーはとても辛いね>< お互い辛い思いをしているんだね……。早く治るといいよね! 俺も頑張って早く治すから!(∀)

      だいちゃん(∀)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です