障害者は純粋で心が綺麗だというのは幻想 イジメも差別あるし、どうしようもないクズもいる

スポンサードリンク

http://www.flickr.com/photos/20561948@N00/14497925

photo by spike55151

「障害者は心が純粋で綺麗だ」
このようなイメージを持っている方も少なくないだろう。

確かに、とても純粋で心が綺麗で、自分が病気だから他人の病気を気遣ってあげられるような人もいます。しかし、割合的には障害の種類にもよりますが、障害を抱えているが故、世間から誤解されるなどして、だんだん成長過程で心がひねくれたり、中には人格障害のような人間も多いのが現状です。

誤解の無いように言っておきますが、養護学校などには純粋で心が綺麗な子が多いです。それはきっと先生たちの教育努力の賜物だと思います。

しかし、親が養護学校へ通わせるのをためらって普通学校に通わせ、そこで嫌な目にあったり、自分で出来ることまで周りの人間がやってくれるのが当たり前だと思って育ってきた人間は、やはり障害者として、というよりも人間として問題のある障害者として育ってしまいます。

テレビなどでは障害者と健常者の子供たちの美談、重度の障害者の子供を周りの子供たちがサポートして学校生活を楽しく過ごすことが出来た、みたいな話が多いですが、それはとても運のよいことで、そういった良い人たちに恵まれない障害者も多いです。

私などは健常者として20年くらいは過ごしてきたのと、プライベートで良い人たちに巡り会えてきたので根暗だけどw人間嫌いにならずにすんでいます。むしろ、性善説、人は基本的には良い人だと思っています。

スポンサードリンク

障害者同士のイジメも存在する

障害者の学校はみんな純粋で良い子だからイジメなどは健常者の学校のようには存在しない。
そんなこと全くありません!

障害者同士でも、他人の障害を理解することはなかなか難しいもの。特に、障害者は発達障害などを併発している例もあって、それが原因というわけではないですが(発達障害があっても人の気持ちを理解出来る子は沢山います。)他人の気持ちを理解出来ない子などもいて、勉強も一般の子よりも出来ないからそれがストレスの引き金になり、イジメなどが起きている障害者の学校もあります。

障害者差別はよくないけれど、批判はいいんじゃない

障害者に限らず、差別は良くないことだと思います。しかし、障害者だからといって批判をしなくていいなんて思わなくていいと思います。むしろ、ダメなことはダメだ! としっかりと健常者が言ってあげることも大切だと思います。

世の中では障害者に何か言うと、すぐに

「障害者差別だ!」

と騒ぎ出すヘンな団体や頭のおかしな障害者も多いので、正面切って言いにくい。だから陰口のような形になってしまう。

気にしなくていいと思いますよ。何度も言いますが、差別はダメだけれど障害者批判はどんどんしていいと思います。言われないと、本人達も自分のやっていることが間違いだと気が付かない。

昔は他人の子供でも近所のおじちゃんやおばちゃんが叱っていた。それと同じように障害者を健常者が叱ってあげるということはとても大切だと思います。

最近では、障害者の学校でも変な団体や保護者からのクレームにビクビクして、当たり障りの無いように障害者の子供達に接している教師も多い。しかし、そういった教師も元ではまともな大人に育たない。そんな教育環境だから、障害者の学校の中で健常者と同じようにイジメや差別などが起きている。

障害者で心の綺麗な子は、きっと健常者だったとしても心が綺麗に違いありません。まぁ、障害者が故に苦労してきて心が良い方向に発達する子もいますけれどね。もちろん、その逆もあります。

影で言うより正面切って言う勇気を!

障害者であろうと健常者であろうと、陰口は良い事ではありません。しかし、障害者に対して不満を持っている健常者の方もいるでしょう。職場などで障害者の相手をしているけれど、どうしていいか分からなかったり。実際、空気の読めないアスペルガー症候群やADHDのような人の相手は大変ですもの。

そういう時は、批判を恐れて影で言うより、本人にバシッ!っと言ってやったほうがいいと思います。それで、変な団体に駆け込んだり、労働基準監督所に駆け込むような
「モンスター障害者」
もいるから難しいところなのでしょうけれど。

例えば、客にそういったモンスター障害者がいたら、遠慮せずに追い返してもいいと思います。

障害者批判はどんどんしていい! でも、良いところもどんどん言ってあげて欲しい!
そのバランスを大切にしていただきたいものです。

モンスター障害者はマジで失せろ。

(ちなみに私の頭がおかしいのは障害のせいではなく、性格ですwww)

余談

例えば、障害者の女の子って、心が純粋で綺麗なイメージが強くないですか?

ところがどっこい!
「男なんて利用するだけすればいいのよ。」
と言って、男に貢がせたり、足に使ったり、挙げ句の果てに色々な男にそういった行動を繰り替えす、キャバ嬢もビックリな障害者女性も結構います。

男の障害者でも、健常者でも精神ゆがんでいるような奴の相手はめんどくせえ。

負け犬は障害者だろうが健常者だろうが魅力無いしカッコ悪い。

だいちゃん(∀)

The following two tabs change content below.

だいちゃん(∀)

フリーライター・ハイパーメディアブロガー 1級身体障害者 年間500冊ほどの本を読む読書マニア。勉強好きの資格マニア。簿記や法律に強い。 暗い記事も書くけど、なんだかんだで自分の事をスーパー障害者だと思ってる変な人。お笑い好き。 元炎上芸人。インターネット上の嫌われ者www
詳しいプロフィールはこちら
質問や相談はLINE@から!
メールマガジンについてはコチラをお読み下さい。
メールフォーム
ブログ運営についてや、恋愛に関すること、障害者の生き方など何か質問があれば、LINE@でお答えします!
友達追加

スポンサードリンク


【電子書籍】1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話


だいちゃん(∀)の処女作が電子書籍として出版されました!

専用無料アプリ(kindleアプリ)を入れればスマートフォンやPCで閲覧可能な書籍です!

amazonで購入可能! amazonプライム会員やkindle unlimited会員は無料で読むことも可能!

1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話

フリーアナウンサー「長谷川豊」氏の炎上騒動に巻き込まれた、ブログ「だいちゃん.com」を運営する1級身体障害者(人工透析患者)でフリーライターのだいちゃん(∀)の生い立ちや生きてきた人生、自殺をする為に全国を車で旅したほぼノンフィクションストーリー。

慢性腎臓病を抱えながらの入院生活や、マラソン大会、受験勉強、イジメ、自殺未遂、精神疾患などを乗り越えて生きる様を描いた壮大な物語。

文字数10万字超えの超大作!

これ一冊に著者だいちゃん(∀)の人生が全て詰まっているといっても過言ではない一冊。

生まれから現在までの、障害者としての人生、人工透析患者としての苦労などを描いた作品。

この作品を泣かずに読むことなど出来ない。そんな作品になっています!

購入にあたっての注意事項やサンプルはこちらから



おすすめ記事セレクション

『1級身体障害者が「自殺」をする為に全国を旅した話』 出版しました!
SNSで大人気の現役障害者モデル「あかね」ちゃんに突撃インタビュー!
無料メールマガジン始めました!
女子高生「りんな」ネタ
【期間限定、特典付き!】だいちゃん(∀)LINE@始めました!
『日商簿記2級』 独学でド素人が3ヶ月で3級を受けずに2級に合格する方法
元家庭教師が「英文法」を中学〜高校レベルまで完璧に出来る参考書・問題集を教える!
【無料体験あり!】WEBプログラミングまだ独学なの!? WEB上で学べるのに……。
Information

このブログを気に入ったら「いいね!」をお願いします! 最新記事の情報をお届けします!


スポンサードリンク

1 個のコメント

  • 同じ聴覚障害者でもイジメはあります。
    世界が狭い?視野が狭い?のかSNSで悪口なんて当たり前だしコミュニケーションが取れる取れないは関係なくイジメは何処でもあるんだと思いました。
    成人した今も変わりません。
    健常者に差別や偏見を受けたり理解しにくい所など障害者同士ならではの理解があるのだからイジメなんてしてる場合じゃないですよね。
    健常者と比べて障害の種類は沢山あるものの障害者は少ないのに、障害者は健常者に支えられている部分だって沢山あるのに悲しいものです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です